サステナブルなオフィスのための取り組み

Akamai は、サステナブルなオフィスビルの取り組みを通じて、オフィスの効率改善と消費削減に取り組んでいます。

Akamai Sustainability Commitment Building Practices LEED

環境負荷を最低限に抑える継続的な Akamai の取り組みは、オフィスの効率改善や消費削減にも及んでいます。

効率的な社内 IT

Akamai の社内 IT 組織はサーバーとデスクトップ PC の仮想化に取り組み、同じマシンで複数のアプリケーションを実行できるようにすることで、必要なマシンの数を大幅に削減しています。これまでに廃棄や購入回避により 1000 台以上のサーバーやデスクトップパソコンを削減してきました。これにより、年間のエネルギーコストを 10 万ドル以上、サーバーやデスクトップパソコンに関連したコストを 100 万ドル以上節約しています。また、従業員に供給されるノート PC、Mac、モニターを Energy Star マーク付きの省エネ製品にすることで、オフィスの電力負荷が大幅に低減されています。2016 年には、ビデオ会議とコピーの機器を消費エネルギーが低いだけでなく音も静かな製品に交換するプロジェクトを開始しました。

オフィスから出る廃棄物の最小化

不動産管理会社が対応している場合は、Akamai の賃貸オフィスに廃棄物リサイクルプログラムを適用しています。標準のリサイクルだけでなく、多くのオフィスで、電池、小型電子機器、インクトナーカートリッジの回収とリサイクル、生ごみのコンポスト、紙コップからマグやコップへの移行、両面印刷にも取り組んでいます。

グリーンビルディングおよびリースに関する実施計画

Akamai は、賃貸オフィスのリノベーションに着手する際には必ず以下に示す持続可能なビルに関する実施計画を採用しています。2019 年末に、Akamai はマサチューセッツ州ケンブリッジに建設中の 19 階建て 45150 平方メートルの新本社ビルに移転する計画ですが、この新社屋は LEED ゴールドの認証を取得します。

また、従業員の健康と福利をサポートすることも最優先事項です。この新本社ビルは、WELL Building Standard に従って設計され、エルゴノミクス、空気、水、照明に関する特定の要件を満たしています。また、その他の設備も従業員がより快適に過ごせるような設計となっています。

Akamai は賃貸オフィス空間について、Sustainable Tenants’ Leasing PrinciplesSustainability Roundtable のイニシアティブ)の原則を採用する企業として署名し、サステナビリティ(エネルギー効率、健康的な職場、カーボンディスクロージャ、データの収集と共有、インセンティブアライメント、政策提言)が重要な優先事項であることを貸主やサービスプロバイダーに示しました。