Mani Sundaram

グローバルサービス & サポート担当シニア・バイス・プレジデント

Mani Sundaram は Akamai のグローバルサービスおよびサポート組織を率いるシニア・バイス・プレジデントです。プロフェッショナルサービス、サービスプロダクト管理およびマーケティング、セキュリティサービス(セキュリティ・オペレーション・センターを含む)、アカウント管理、カスタマーサポートを率いています。

Sundaram は 2007 年、プロフェッショナルサービスのアーキテクトとして Akamai に入社し、大規模メディアビジネスのコンサルタンディング業務に携わり、Akamai のお客様が世界最大級のオンラインイベントを管理するために利用する、新しいサービスおよびサポートパラダイムの構築に尽力しました。

また、世界中に散らばる Akamai のサービスチームを 1 つのグローバル組織に統合する責任も担ってきました。たとえば、Prolexic セキュリティサービスを Akamai のグローバルサービス組織に統合する際には、Akamai がセキュリティのリーディングベンダーとしての地位を確立するサポートをしました。

Akamai に入社する前は、Virtify Inc. と Stratus Technologies において、エンジニアリング、マーケティング、クライアントサービスの分野でさまざまな役割を担ってきました。ノースイースタン大学でコンピュータサイエンス修士号を、インドの BITS Pilani で情報システム学士号を取得しています。また、ハーバード大学公開講座で経営管理の CSS プログラムも完了しています。