アカマイ、複雑な標的型攻撃に対応するエンタープライズ向け セキュリティソリューション発表

アカマイ の Cloud Security Intelligence を活用した Enterprise Threat Protector 、 マルウェア、ランサムウェア、DNS データ窃盗などに対してクラウドベースの保護を提供

Cambridge, MA |

※ 2017年6月27日に米国 Akamai Technologies, Inc. より発表されたプレスリリースの抄訳です

世界最大、かつ最も信頼性の高いクラウド・デリバリー・プラットフォームを有するアカマイ・テクノロジーズ・インク(NASDAQ:AKAM、以下アカマイ)は本日、Enterprise Threat Protector. を発表しました。本ソリューションは、マルウェア、ランサムウェア、フィッシング、DNS ベースのデータ窃盗など、今日の複雑な標的型脅威に対して、導入と管理が容易なクラウドベースの保護を提供します。

Ponemon Institute によると、サイバー攻撃に対処する為の企業の平均コストは 950 万ドルです。攻撃を阻止するために多種多様なセキュリティソリューションが使用されているにもかかわらず、攻撃者は弱点や盲点を悪用し、企業にさまざまな被害をもたらしています。特にリカーシブ DNS は、組織のインフラストラクチャの中で重要であるものの、見落とされやすい部分のため、セキュリティ上の盲点となる可能性があります。ソフトウェアとクライアントの大部分が DNS に依存して相互にコミュニケーションを行っているにもかかわらず、DNS には、ユーザーがリクエストしているドメインが安全かどうかを判断するためのインテリジェンスが組み込まれていないからです。

アカマイの Enterprise Threat Protector は、DNS インフラストラクチャにあるこの「インテリジェンスの盲点」に着目し、対応するように設計されています。Enterprise Threat Protector はアカマイの Cloud Security Intelligence 機能が収集した脅威に関するデータを使用して、企業のリカーシブ DNS リクエストに重要なインテリジェンスを適用し、ユーザーが悪意のあるドメインにアクセスするのを防ぎ、あらゆる規模のビジネスでのリスクを低減します。Enterprise Threat Protector ソリューションの特長の1つは、従業員からの DNS リクエストの「意図」をより正確に判断する機能にあります。たとえば、悪意のあるメールがセキュリティをすり抜けてネットワークに侵入し、従業員がそのメールに含まれるリンクを誤ってクリックしてしまった場合、Enterprise Threat Protector はそのリンク先のドメインが既知の悪意あるアクティビティに関連している、またはその疑いがあると認識し、アクセスをブロックします。

クルーズ旅行業界のイノベーターである Norwegian Cruise Line は、Enterprise Threat Protectorを採用したことで既に成果が出ています。同社の Director of Enterprise Architecture and Performance の Fidel Perez 氏は、次のように述べています。 「お客様に対する当社の重要なコミットメントの 1 つとして、お客様の個人情報保護を実現するために必要な対策を、すべて自社機能で行っています。Enterprise Threat Protector によって、当社の沿岸オフィスとクルーズ船のすべてにインテリジェントセキュリティの強力なレイヤーが追加され、会社や従業員、お客様を複雑な標的型攻撃から守ることができています」。

Enterprise Threat Protector は、マルウェアやランサムウェアの配信に使用されたり、フィッシング攻撃に関連することが知られているサイトのホストドメインへのアクセスを認識およびブロックする機能に加えて、企業内でマルウェアに感染しているデバイスと攻撃者の C2(コマンド・アンド・コントロール)サーバーのコミュニケーションを阻止することもできます。C2 は一般的なインターネットベースのメカニズムで、システムに感染したマルウェアをコントロールします。さらに、このソリューションは、機密データを企業外に送信する手段として DNS プロトコルを利用する DNS データ窃盗の攻撃を特定できます。DNS は企業のセキュリティチームにとって制御と実行の非常に効果的なポイントであるため、Enterprise Threat Protector を使用して、企業の利用規定から外れるウェブコンテンツへのアクセスを防ぐこともできます。

IDC Security Services のプログラム担当ディレクター、Christina Richmond 氏は次のように述べています。「高度な脅威の変化のスピードを考えると、新しいセキュリティレイヤーの導入や運用拡大には多大な時間が必要ですが、企業にその余裕はありません。一方で、シンプルで迅速な方法で効果的なセキュリティ管理を追加することが求められています。アカマイの Enterprise Threat Protector のようなグローバル、かつクラウドベースの DNS を使用すれば、マルウェアや DNS 脅威に対する効果的な保護が可能になると同時にセキュリティが簡素化され、自社で統合して、グローバル規模で運用することができます」。

アカマイ のEnterprise Threat Protector の特長:

  • セキュリティ防御を大幅に改善して、DNS セキュリティの盲点を埋める:独自、かつ最新の脅威情報に基づいて、マルウェアの感染サイトやランサムウェアのサイト、マルウェアのコマンド・アンド・コントロール・サイト、DNS データ窃盗とフィッシングのドメインへの DNS リクエストを事前にブロックします。
  • 専用ハードウェアなしで簡単かつ即座に保護を強化:短時間で設定、導入でき(ユーザーへのサービス中断なし)、100% クラウドベースのソリューションを活用できます。
  • セキュリティを向上させながら、管理時間を短縮:どこからでもセキュリティを管理でき、ポリシーの展開を短時間で行って、すべての拠点を保護できます。
  • 利用規定の施行とコンプライアンスの向上を容易に実現できるように支援:問題がある、または不適切なドメインへのアクセスをブロックします。
  • DNS の耐障害性を向上:アカマイ のキャリアグレードのグローバルなインテリジェントプラットフォームを使用して実現します。

アカマイのエンタープライズ製品担当 Vice President and General Manager の John Summers は次のように説明しています。 「当社のお客様のセキュリティチームが直面している敵は、攻撃方法とベクトルを常に変えています。具体的には、防御の盲点を探しだし、企業のセキュリティ体制にある弱点を執拗に見つけようとします。企業はセキュリティ戦略の一環として、このような独自の問題に対処できる、導入と管理が容易なクラウドベースのソリューションを必要としています。アカマイ は、Enterprise Threat Protector によって、標的型攻撃を検出し、事前に阻止できる強力でインテリジェントなソリューションをお客様に提供します」。

Akamai について

Akamai は世界で最も信頼された世界最大のクラウド配信プラットフォームを提供しています。使用するデバイス、時間、場所を問わず、お客様が安全性に優れた最高のデジタル体験を提供できるようにサポートします。Akamai の大規模な分散型プラットフォームは、世界 130 か国に 20 万台を超えるサーバーを擁する比類のない規模を誇り、お客様に優れたパフォーマンスと脅威からの保護を提供しています。Akamai のポートフォリオに含まれる、ウェブおよびモバイルパフォーマンス、クラウドセキュリティ、エンタープライズアクセス、動画配信の各ソリューションは、卓越した顧客サービスと 24 時間体制の監視によりサポートされています。大手金融機関、EC リーダー企業をはじめ、メディアおよびエンターテイメントプロバイダー、政府機関が Akamai を信頼する理由について、www.akamai.com/jp/ja/ または blogs.akamai.com/jp/ および Twitter@Akamai_JP で詳細をご紹介しています。

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです

### 

私募証券訴訟改革法に基づく記述
このプレスリリースには、1995 年私募証券訴訟改革法に基づくセーフハーバー条項の将来の見通しに関する記述として構成される、Akamai の経営の将来的な予測、計画、見通しに関する情報が含まれます。Enterprise Threat Protector が予測通りに動作しない、市場のニーズに応えられない、Akamai のネットワークインフラストラクチャの故障、および Akamai の年次報告書 Form 10-K、四半期報告書 Form 10-Q、その他の SEC に関する定期文書に記載されているその他の要因を含むが、これらに限定されない様々な重要な要因により、これらの将来の見通しに関する記述によって示された情報と Akamai の実際の結果が大幅に異なる可能性があります。