アカマイがピークトラフィックの新記録を樹立:複数の大規模イベントのライブ配信で 60 Tbps 超を記録

オンラインイベントのライブ配信がますます重要に

Tokyo, Japan |

世界最大、かつ最も信頼性の高いクラウド・デリバリー・プラットフォームを有するアカマイ・テクノロジーズ・インク(NASDAQ: AKAM、以下アカマイ)は、2017 年 9 月 12 日(火)に、同社ネットワークで配信されたピークトラフィックの新記録を樹立したことを発表しました。今回、ピーク時のトラフィックは 60 Tbps を超え、2017 年 8 月 29 日(火)に記録した 47 Tbps を上回りました。この新記録達成は、アカマイ が配信する日常的なトラフィックに加え、同時期に開催された複数の大規模イベントによるものです。

アカマイの Media Products & Operations 担当 Vice President、Michael Fay は次のように述べています。「アカマイのクラウド配信プラットフォームは、このような高いレベルにまで拡張できる比類ない性能を備えており、お客様やエンドユーザーが日常業務を中断することなく、並行して複数の大規模イベントを同時配信することが可能です。当社では、毎年ネットワークのトラフィック量と顧客利用率の新記録を更新し続けています。1ヶ月間にわたり毎日数試合を行うトーナメントやピーク時のトラフィックが大幅に上昇する単一の大規模イベントにおいても、アカマイは、金融機関、e コマース、メディアおよびエンターテインメント、政府機関といった各分野の世界最大手の企業や組織から常に信頼を得ています」。

2017 年初頭に、アカマイは、創立以来最大の単独ニュースイベントとなる米国大統領就任式をライブ配信しました。このときの動画ストリーミングのピークトラフィックは 8.7 Tbps を記録しました。また、2016 年夏の世界的なスポーツ・イベントでは 2014 年の ワールドカップを超える動画データを配信し、アカマイが配信した最大のライブ・スポーツ・イベントとなりました。さらに、2016 年 7 月に開催されたサッカーのヨーロッパ選手権では、ポルトガル対フランスの決勝戦中に配信したピーク時のストリーミング・トラフィックが、ライブ・スポーツ・イベント史上、新記録となる 7.3 Tbps を達成しました。

Akamai について

Akamai は世界で最も信頼された世界最大のクラウド配信プラットフォームを提供しています。使用するデバイス、時間、場所を問わず、お客様が安全性に優れた最高のデジタル体験を提供できるようにサポートします。Akamai の大規模な分散型プラットフォームは、世界 130 か国に 20 万台を超えるサーバーを擁する比類のない規模を誇り、お客様に優れたパフォーマンスと脅威からの保護を提供しています。Akamai のポートフォリオに含まれる、ウェブおよびモバイルパフォーマンス、クラウドセキュリティ、エンタープライズアクセス、動画配信の各ソリューションは、卓越した顧客サービスと 24 時間体制の監視によりサポートされています。大手金融機関、EC リーダー企業をはじめ、メディアおよびエンターテイメントプロバイダー、政府機関が Akamai を信頼する理由について、www.akamai.com/jp/ja/ または blogs.akamai.com/jp/ および Twitter@Akamai_JP で詳細をご紹介しています。

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです