Forward Rewrite Cloudlet

Akamai Intelligent Platform の Edge でクリーンな URL またはセマンティック URL を書き換えます

人間が読むことができ、検索エンジンで使いやすいクリーンな URL またはセマンティック URL の作成と管理を簡単にして、SEO とユーザー体験を向上させます。Forward Rewrite Cloudlet は、訪問者のアドレスバーに表示される URL は変更しないまま、複数の条件ルールに基づいて異なるアセットまたはコンテンツを返すために、Edge で要求された URL を書き換えます。

Akamai Cloudlet Forward Rewrite
???Watch the Video???

組織がウェブアプリケーションを設計する際、URL の構造やコンテンツが検索エンジンのランキングやユーザー体験に及ぼす影響はよく見過ごされがちです。 「=」や「&」など、SEO ガイドで除外するよう推奨されている文字が URL に含まれている場合、SEO に悪影響を及ぼすことがあります。 また、ユーザーに対して意味をなさない数字列や文字列を URL として使用すると、ページの主旨やコンテンツをビジターに伝える URL を表示する機会だけでなく、関連する検索を行なった際にヒットするよう検索エンジンがページをインデックス化するのに役立つ重要なキーワードを含める機会をも逃すことになります。 ブランディングや利便性の目的で、識別しやすい、または覚えやすい URL にするためお客様に対して表示される URL をカスタマイズすることもできます。

Forward Rewrite Cloudlet では、このような書き換えを管理し、Akamai Platform の Edge で実行するための、使いやすいツールを利用できます。 これにより、遠くにあるデータセンターへ要求を返す必要がなくなり、またウェブサーバーやアプリケーションサーバーにおいて URL 書き換えに関連するヒットの負荷を軽減することができます。

Akamai Cloudlet Diagram Forward Rewrite

ウェブパフォーマンスに悪影響を及ぼさずに動的に生成された URL の SEO を向上させたいウェブサイト所有者様向けに、Forward Rewrite Cloudlet は Akamai Intelligent Platform のエッジでのリクエスト書き換えを提供します。これにより、クライアントのアドレスバーの URL のカスタマイズ内容を維持したまま、またはその URL を変更することなく、別のコンテンツを返すことができるようになります。 DIY アプローチやオリジンデータセンターに導入されているソリューションとは異なり、カスタム開発を必要としない Forward Rewrite Cloudlet は、迅速なプロビジョニングを実行し、Akamai Intelligent Platform のパフォーマンスと拡張性を活用します。

ユーザーインターフェイス

Luna Property Manager と Cloudlets Policy Manager を使用して、Cloudlet をセルフサービスでプロビジョニングし設定することが可能です。 また、付属の API を使用して Cloudlet の機能を管理することもできます。

Akamai Forward Rewrite User Interface