Akamai dots background
Akamai Executive Tom Leighton

最高経営責任者

1998 年に Akamai Technologies を共同設立し、Akamai のチーフサイエンティストを 14 年間務めた後に最高経営責任者に就任。 Akamai のテクノロジーに関する将来のビジョンを持つ先見者であり、Akamai の戦略方針の決定においてシニア・マネージメント・チームを率いながら、世界各国のお客様やパートナーと直接交流しています。 また、取締役会にも参加しています。

ネットワークへのアルゴリズムの応用において世界でも有数の権威であり、Akamai 設立の背景には、Web の混雑を解消する方法を応用数学とアルゴリズムの観点から開発することができるという彼の発見がありました。 Akamai はこれを実証するため、110 か国以上の 200,000 台以上のサーバー、世界中の 1,400 台以上のサーバーから成るネットワーク上でコンテンツおよびアプリケーションを動的にルーティングする、世界最大の分散コンピューティングプラットフォームを構築しました。 Leighton 博士は、Akamai での技術的功績により、U.S. News & World Report で技術革新者トップ 10 に選出されました。

Akamai の CEO に就任する前は、マサチューセッツ工科大学で応用数学教授を務め、同大学のコンピュータ科学人工知能研究所(CSAIL)のメンバーでもありました。

コンテンツデリバリー、インターネットプロトコル、ネットワーク用アルゴリズム、暗号文、Digital Rights Management などに関する数多くの特許を保有。 これまでの実務経験のなかで、政府、産業、学術関連のさまざまな審査委員会、プログラム委員会、編集委員会等の委員を務めてきました。 2,000 名の会員からなる Association of Computing Machinery Special Interest Group on Algorithms and Complexity Theory の前会長として、2 期の任務を終了。また、Journal of the ACM の前編集長としても 2 期にわたって任務を担当しました。 2003 年から 2005 年まで President's Information Technology Advisory Committee(PITAC)の委員を務め、その間、サイバーセキュリティに関する分科委員会の議長を務めました。 Leighton 博士は米国芸術科学アカデミー、全米技術アカデミーおよび全米科学アカデミーの会員です。

100 件を超える研究論文を発表しており、並列アルゴリズムおよびアーキテクチャに関する主要な論文は数カ国語に翻訳されています。 プリンストン大学にて工学の理学士号を取得し、最優秀の成績で卒業。 マサチューセッツ工科大学で数学の博士号を取得。