Akamai dots background

HTTP ライブストリーミング

HTTP ライブストリーミングは、Akamai Media Delivery Solutions スイートによってサポートされる普及したビデオ・ストリーミング・テクノロジーです。 メディア企業や、オンラインビデオを通じてオーディエンスの注意を引くその他の企業に対して、クラウドベースの Media Delivery Solutions スイートは、HTTP ライブストリーミングをシンプルで拡張性が高く安全なものにする一方、デバイス、時間、場所を問わずできる限り最高の視聴体験を実現します。

HTTP ライブストリーミングの仕組み

HTTP ライブストリーミングは、特殊なメディア・ストリーミング・サーバーではなく通常の HTTP ウェブサーバーから iPhone や iPad などの iOS デバイスにビデオまたは音声のオンラインストリーミングを行うために Apple が開発したプロトコルです。 当初は Apple デバイスでのみ使用されていましたが、このプロトコルは現在 Android ベースのスマートフォンなどのほかのデバイスでもサポートされています。

HTTP ライブストリーミングは、単一の大きな MPEG-4 ビデオファイルを複数の MPEG-2 転送ストリームに変換することで動作します。各ストリームは一連の非常に小さなビデオファイルに分割されます(各ファイルは約 10 秒のビデオで構成されます)。 小さなファイルのストリームはそれぞれ異なるビットレートでエンコードされるため、ビデオ全体は複数のビットレートで使用可能になります。 各ストリームに対して、各ファイルの URL など、ビデオファイルに関するメタデータをストリーム内に含むマニフェストまたは「再生リスト」が作成されます。 複数のストリームに関するメタデータを含むマスターマニフェストも作成されます。

HTTP ライブストリーミングの再生デバイスは、メタデータファイルを使用して、HTTP 全体でダウンロードする小さなビデオファイルとダウンロードの順序を決定します。 再生デバイスは、ネットワーク帯域幅に応じて再生するストリーム(ビットレート)を決定でき、再生中に帯域幅条件が変化した場合にストリームを切り替えることができます。

このテクノロジーは、ライブ・ビデオ・ストリーミングと Video On Demand(ビデオオンデマンド、VOD)をサポートします。 ライブ・ビデオ・ブロードキャストの場合、ストリーム・セグメント・ファイルが絶えず作成され、マニフェストが定期的にリフレッシュされます。

Akamai Media Delivery Solutions:HTTP ライブストリーミングを使用

メディアコンテンツのプロバイダーにとって、HTTP ライブストリーミングは数百万人の Apple デバイスユーザーの注意を引くために不可欠なテクノロジーです。 Akamai Media Delivery Solutions は、HTTP ライブストリーミングのパッケージングや配信などをサポートします。

  • 世界 100 ヵ国以上に配置された 175,000 台以上のサーバーを包含するアカマイのグローバルコンテンツ配信ネットワークを活用して、オーディエンスに近い場所から HTTP ライブストリーミングやその他のメディアを配信する。その結果、パフォーマンス、信頼性、拡張性が向上します。
  • 単一のビデオ・ソース・ファイルをアカマイのクラウドベースのビデオトランスコーディングおよびストリーム・パッケージング・サービスに提供して、ファイルを HTTP ライブストリーミングや HTTP ダイナミックストリーミングなどの複数のストリーミングフォーマットにリアルタイムで自動的に変換し、複数のデバイスタイプをサポートする。
  • クラウドベースの認証および承認サービスでビデオコンテンツを保護する。
  • オーディエンスレベルおよび個々の視聴者レベルでの高度なビデオ分析を利用して、コンテンツの戦略を最適化し、収益を増やす。

Akamai Media Delivery Solutions を使用したメディアの準備の詳細をご覧ください