Akamai dots background

株式会社ブリヂストン

ブリヂストングローバルサイトへの海外アクセスの高速化とアクセス地域に応じたメニュー表示を同時に実現

「多くのエッジサーバーを世界中のさまざまな場所に配置している Akamai なら、最高品質のサービスを提供できると感じました。その品質は、競合他社のネットワークと比較しても遥かに優れています」

Nobuhiro Tarumi 氏 , PR Department Section 3 , Bridgestone Corporation

状況

日本に本社を置く 1931 年創業の Bridgestone Corporation は、自動車およびトラック部品を製造する多国籍企業であるとともに、タイヤおよびゴム製品の世界最大のメーカーです。グループ全体で 14 万 5,000 名の従業員を擁し、世界 150 か国以上で事業を運営しています。2015 年の収益は 38 億円以上です。タイヤやゴルフなど製品分野ごとに分かれた製品情報の Web サイトにより、グループ全体の投資家情報やニュースを提供するグローバル Web サイト(http://www.bridgestone.com)を補完しています。

課題

Bridgestone は Web サイトのパフォーマンス改善のため、2014 年 12 月にグローバル Web サイトの徹底的な見直しを行いました。Bridgestone Corporation の Manager of PR Department Section 3 である Daisuke Baba 氏によると、Bridgestone のグローバル Web サイトのトラフィックの 95% 以上が日本国外からのものであり、各リージョンのトラフィック量は同程度です。しかし、企業の Web サーバーはアジアを拠点としているため、海外から Web サイトにアクセスすると、ページの表示に時間がかかっていました。加えて Bridgestone は、レスポンシブ・ウェブ・デザインの導入を予定していました。これにより、それぞれの閲覧者がどのようなデバイスを使用していても表示を最適化できるようになりますが、ファイルサイズが大容量になります。さらに、視覚的な訴求効果を高めるため、新しい Web サイトには多数の画像を表示することになっていました。このような変更を加えると、Web サイトのパフォーマンスがさらに悪化することが予想されます。

目標

Bridgestone が目標を達成するためには、以下に示す 3 つの要件を満たす必要がありました。

  • すべての閲覧者のために Web サイトのパフォーマンスを最適化する。Bridgestone は、世界中の Web サイト閲覧者に最適なパフォーマンスを提供したいと考えていました。
  • 応答性に優れ、視覚的にリッチなデザインを提供する。Bridgestone は新しい Web サイトのパフォーマンスをさらに低下させるようなデザインは望んでいませんでした。
  • 適切なサイト・ナビゲーション・メニューを動的に表示する。各地域の Bridgestone 部門が提供する製品情報を閲覧者が簡単に見つけられるようにする必要がありました。

Akamai を選ぶ理由

幅広い地理的領域をカバー
Web サイトのパフォーマンス改善のため、Bridgestone はコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)の活用を決定しました。Akamai を選択した理由は、グローバルネットワークと Aqua Ion solution の地理的カバレッジです。「多くのエッジサーバーを世界中のさまざまな場所に配置している Akamai なら、最高品質のサービスを提供できると感じました。その品質は、競合他社のネットワークと比較しても遥かに優れています」と Bridgestone Corporation、PR Department Section 3 の Nobuhiro Tarumi 氏は話ります。

サイトパフォーマンスの向上
Aqua Ion の実装後、Bridgestone の Web サイトのパフォーマンスは、日本国外からの Web サイト閲覧者で平均して約 30% 改善しました。改善にあたってはさまざまな要素が貢献していますが、Bridgestone は Akamai のネットワークとソリューションが大きな役割を果たしたと感じています。「新たに立ち上げた Web サイトのファイルサイズは見直し以前の 3 倍ですが、Akamai による試験ではダウンロード速度が遥かに向上しています」と Tarumi 氏は言います。

IP アドレスに基づくコンテンツ配信
Bridgestone のグローバル Web サイトには製品の概要情報が掲載されていますが、世界中の Bridgestone グループ企業でも独自の製品情報 Web サイトを運用し、より詳細な情報を提供しています。Bridgestone は、Web サイト閲覧者をグローバル Web サイトから関連するグループ企業の Web サイトへと移動させるのではなく、閲覧者の地理的場所に基づいて最適な情報を動的に表示させることにしました。これを実現したのが、IP アドレスに基づきコンテンツを提供する Akamai の機能です。Bridgestone は、Web サイト訪問者が欲しい情報をより短時間で見つけられるようになったことを確認しました。社内で新たな機能を開発することなく目的を達成できたのです。

モバイルユーザーへの対応
新規 Web サイトの立ち上げ後、Bridgestone は Akamai サービスをさらに利用することを決めました。Web サイト閲覧者のモバイルネットワークのアクセス速度やデバイスの種類に応じて適切なサイズに画像を動的に圧縮する、Adaptive Image Compression です。このソリューションの導入後に実施した Akamai のテストによれば、iPhone 向けの画像サイズが平均約 65% 縮小されていました。また、画像の表示時間は約 10% 改善しています。

パートナーシップの拡大
Bridgestone は「真のグローバル企業」という目標を追求しており、ニーズに対応するために、Akamai とこれからも連携していく予定です。「Akamai に相談して、将来的に Web サイトの運用をさらに向上したいと考えています。Web サイトセキュリティなど、Akamai のサービスを活用して私たちのニーズを解決していく方法について考えていきます」と Tarumi 氏は締めくくりました。

Bridgestone Corporation について

Bridgestone Corporation は、東京に本社を置く世界最大のタイヤとゴムのメーカーです。さまざまな用途で活用されるタイヤに加え、工業ゴムや化学製品、運動具など多様な製品を製造しています。同社の製品は世界 150 の国と地域で販売されています。

Akamai について

Akamai は世界中の企業に安全で快適なデジタル体験を提供しています。Akamai のインテリジェントなエッジプラットフォームは、企業のデータセンターからクラウドプロバイダーのデータセンターまで広範に網羅し、企業とそのビジネスを高速、スマート、そしてセキュアなものにします。マルチクラウドアーキテクチャの力を拡大させる、俊敏性に優れたソリューションを活用して競争優位を確立するため、世界中のトップブランドが Akamai を利用しています。Akamai は、意思決定、アプリケーション、体験を、ユーザーの最も近くで提供すると同時に、攻撃や脅威は遠ざけます。また、エッジセキュリティ、ウェブ/モバイルパフォーマンス、エンタープライズアクセス、ビデオデリバリーによって構成される Akamai のソリューションポートフォリオは、比類のないカスタマーサービスと分析、365 日/24 時間体制のモニタリングによって支えられています。世界中のトップブランドが Akamai を信頼する理由について、www.akamai.comblogs.akamai.com および Twitter の @Akamai でご紹介しています。全事業所の連絡先情報は、www.akamai.com/locations をご覧ください。