Akamai dots background

Otto グループ

Otto グループは Akamai の DNS セキュリティソリューションを使用して DNS サーバーを保護し毎分数千ユーロの収益喪失を回避

「Akamai が提供する広大な帯域幅と世界規模のインフラストラクチャにより、DNS 攻撃を緩和するための優れた手段を獲得できました」

Ralf Kleinfeld 氏 , Information Security Officer , Otto グループ

状況

1949 年設立の Otto グループは、B2C ビジネスにおける世界第 2 位のオンライン小売企業です。同社は、ヨーロッパ、北米、南米、アジアの 20 か国以上で 100 を超えるオンライン小売サイトを運営しています。2012 年にはオンラインアパレル小売企業として第 1 位にランクされています。世界のオンラインアパレル/アクセサリ市場で 5.8% のシェアを占め、Internet Retailer が発行する「European Mobile 500 merchants」リストでは第 13 位に位置しています。

e コマースは Otto グループの最も成長率の高い販売チャネルであり、マルチチャネル小売企業である同社にとって不可欠の推進要因となっています。Otto グループ企業の中には、収益の大部分をウェブ経由で上げている企業や、収益のすべてをオンラインチャネル経由で上げている企業もあります。特に、e コマースは同社の総収益の 60% を占めています。そのため、ウェブサイトの可用性やパフォーマンスを最高レベルに保つことは非常に重要です。

課題

2013 年、Otto グループはドメイン・ネーム・サーバーを過負荷状態に陥らせることを目的とした大量の DNS リクエストを受信しました。侵入防止システム(IPS)によって悪意のあるトラフィックの多くはブロックできたものの、一部のオンラインショップでは DNS 解決で一時的な障害が発生しました。

その結果、Otto グループで最も収益性の高い複数のサイトに多くの買い物客がアクセスできませんでした。同社の IT 部門が社内システムを調整して攻撃に対処しようとしたものの、より効率的かつ長期的なクラウド・セキュリティ・ソリューションが必要であることは明白だったと、Otto グループ IT 部門 Information Security Officer の Ralf Kleinfeld 氏は述べています。

目標

Otto グループは、目標を達成するために以下の 3 つの重要な要件を満たす必要がありました。

  • DNS 攻撃からの防御: 同社はウェブセキュリティ攻撃発生時にもサイトを常時使用可能にする必要がありました。
  • 迅速な稼働: Otto は、多額の収益喪失を回避するために迅速に実装できるウェブサイト高速化ソリューションを必要としていました。
  • 社内リソースの解放: 同社は社内のウェブ・セキュリティエキスパートがビジネスに役立つ革新的なプロジェクトに集中することを望んでいました。

Akamai を選んだ理由

優れた DNS 緩和ソリューション

Otto GmbH & Co KG のソフトウェア開発担当責任者は、以前勤めていた会社で Akamai のウェブサイトソリューションを使用していました。そのソリューションに満足していたため、Akamai のクラウドサービスを評価することを Otto グループに推奨しました。実は、Otto グループは Akamai の高速化サービスを使用してドイツにおけるサイトパフォーマンスを改善したいと考えており、すでに Akamai と話し合いを進めていました。Otto グループは Akamai Fast DNS サービスをテストし、その 2 日後には本稼働を決定しました。「Akamai が提供する広大な帯域幅と世界規模のインフラストラクチャにより、DNS 攻撃を緩和するための優れた手段を獲得できました」と Kleinfeld 氏は述べています。現地の Akamai エンジニアの協力のもと、Otto グループの IT チームは Akamai のサービスに登録してから数時間以内に自社の DNS サーバーを保護することに成功しました。

メリットは DNS の保護にとどまらない

現在では、DNS への攻撃トラフィックを Akamai Fast DNS サービスによって完全にブロックすることによって、Otto グループで最も収益性の高いドメインネームで 100% のアップタイムを実現できるようになりました。以前は攻撃時の可用性が 70~80% だったのに対して、現在では買い物客がこれらのサイトを完全に使用できるようになりました。「また、DNS の平均応答時間も改善しました」と Kleinfeld 氏は述べています。

Akamai の実績ある DNS セキュリティサービスを使用することで、Otto グループはその他のメリットも獲得しています。「当社のセキュリティエキスパートが、DNS 攻撃への対処やインフラストラクチャの常時稼働のための対応から解放され、新規プロジェクトやグループ内企業の支援に集中できるようになりました」と Kleinfeld 氏は語ります。

Akamai ソリューションの導入により、Otto グループは、便利で画期的なウェブ購入体験を求める顧客のニーズに集中して取り組むことが可能になりました。「Akamai の信頼できるソリューションにより、最も高速かつ可用性の高い e コマースサイトを提供できるようになりました」と Kleinfeld 氏は述べています。

Otto グループについて

Otto グループは 1949 年にドイツで設立されたグローバルな小売/サービスグループであり、約 53,800 名の従業員を抱えています(2013 年 2 月時点)。同グループには 123 の主要企業があり、ヨーロッパ、北米、南米、アジアの 20 か国以上で事業を展開しています。同グループの事業分野は、マルチチャネル小売、金融サービス、サービスの 3 つのセグメントから構成されています。Otto グループの 2012/13 会計年度(年度末は 2 月 28 日)の売上高は 118 億ユーロでした。同グループはヨーロッパ最大のファッション/ライフスタイルに関するオンライン小売企業であり、世界第 2 位の B2C オンライン小売企業です。e コマース、カタログ販売、店頭小売が Otto グループのマルチチャネル小売戦略の 3 本柱となっています。世界規模の企業活動や幅広い戦略的パートナーシップ/合弁事業が、ノウハウの伝達や相乗効果の活用のための絶好の機会となっています。グループ内の企業の多くは独立的に運営されており、各国市場において優れた柔軟性、顧客との緊密な関係性、対象顧客層への最適な訴求力を実現しています。