Daniel R. Hesse

Sprint Corporation の元社長兼 CEO

Daniel R. Hesse が 2016 年 8 月に Akamai の取締役に就任しました。電気通信分野およびインターネット分野の経験豊富なエグゼクティブとして、2007 年 12 月から 2014 年 8 月までの期間、Sprint Corporation の社長兼 CEO を務めています。

それ以前は、60 億ドル規模の電気通信サービス企業である Embarq Corporation の会長兼 CEO、無線通信テクノロジー企業である Terabeam Corporation の会長、社長、CEO も歴任しています。Hesse は、AT&T 社に 20 年以上所属し、AT&T 社のオンライン・サービス・グループのリーダーとして同社初のインターネットサービス「WorldNet」の立ち上げに貢献し、当時、米国最大の無線通信事業者であった AT&T Wireless Services の社長兼 CEO を務めました。

また、Corporate Responsibility マガジンの Lifetime Achievement Award を受賞し、LAPTOP マガジンでは「Most Influential Person in Mobile Technology」、RCR マガジンでは無線通信業界の「Person of the Year」、Wireless Business and Technology マガジンでは「Executive of the Year」、National Eagle Leadership Institute では「CEO of the Year」、Fierce Wireless では 5 人の「Best Turnaround CEO’s of All Time」のうちの 1 人、Entrepreneur では「10 Inspirational Leaders who Turned Around Their Companies」の 1 人に選出され、Wireless Week マガジンの Leadership Award を 2 度受賞しています。Glassdoor では、2014 年における従業員から最も評価が高かった CEO の 1 人に選出されています。電気通信業者、ケーブル通信業者、無線通信業者の CEO からは唯一の選出です。Sprint 社で CEO を務めた最後の 2 年間は、同社の株主総利回り(再投資されると推測される配当金)が全 S&P 500 社の中で第 1 位を記録しています。

現在は、全米ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブの理事会、PNC と Adknowledge の取締役会の一員でもあります。

Hesse 氏は、ノートルダム大学で BA、コーネル大学で MBA、マサチューセッツ工科大学で MS を取得し、サチューセッツ工科大学では Brooks Thesis Prize も受賞しています。