Akamai Executive Noam Freedman

ネットワーク担当シニア・バイス・プレジデント兼チーフ・ネットワーク・アーキテクト

Noam Freedman は、Senior Vice President 兼 Networks & Chief Network Architect として、Akamai の Global Network 組織を担当。管理および技術部門のリーダーとして 18 年以上の経験を持ち、現在は 13 か国にまたがるチームを率いて、Akamai の高度な分散型グローバルプラットフォームの構築をあらゆる側面から管理しています。その業務は、世界 130 か国以上の 1,500 を超えるネットワークと事業者の戦略関係に関するプランニング、ロジスティック、展開、監視など多岐にわたります。2019 年の始めには、Akamai Intelligent Edge Platform は毎日、3 兆を超えるインタラクションを配信し、ピークトラフィックは毎秒 70 テラビットを上回りました。

Noam Freedman は 1999 年に Akamai に入社し、Network Architecture チームを指揮しました。また、Akamai の Architecture Board の Chief Architect として、Akamai 全体のエンジニアリングおよびオペレーションの取り組みに対して、技術的見解の提供や、監督、検討業務を行ってきました。2006 年には Network 部門の責任者に就任。Akamai 入社以前は Argonne National Labs のコンピューター研究グループのメンバーであり、シカゴ大学コンピュータサイエンス学部の学士課程で講師を務めていました。

シカゴ大学でコンピューターサイエンスの理学士号を取得。マサチューセッツ工科大学スローン・マネジメント・スクールの Greater Boston Executive Program も卒業しています。現在、Akamai を代表して、EdgeConnex 取締役会のオブザーバーを務めています。