Akamai dots background

Akamai、より高速で安全なウェブプロトコルの採用促進を支援

現在、HTTP/2 ウェブサイトの配信に向けて 150 以上の顧客と取り組みを進める

Cambridge, MA |

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)サービスのグローバルリーダー、Akamai Technologies, Inc.(NASDAQ: AKAM)は本日、2014 年の Velocity での HTTP/2 製品デモの公開を経て、現在は 150 を超えるお客様と HTTP/2 対応のウェブサイトの提供に取り組み、TLS 暗号化ウェブコンテンツを配信するための認可済み製品を使用して、すべてのお客様に HTTP/2 プログラムを拡張中であることをお知らせします。

HTTP/2 は、HTTP ネットワークプロトコルにおける約 20 年ぶりの大きなアップデートとなります。 ウェブサイトはこの間にも大きく進化を遂げましたが、Web のプロトコルである HTTP に変化はありませんでした。 多重化、並行性、ヘッダー圧縮、サーバープッシュ、最新の暗号化スイートへのサポート、開発の複雑性を全体的に軽減するなどの機能により、HTTP/2 は、現代の Web のパフォーマンス、セキュリティ、プライバシーを大幅に向上させます。

Akamai のウェブ体験部門のシニア・バイス・プレジデント兼ジェネラルマネージャーを務める Ash Kulkarni は、次のように述べています。「過去 17 年間にわたり、お客様は Akamai のサービスを利用して、予測不能なインターネットを e コマースの取引、リッチメディアの配布、企業アプリケーションの配信のための高速で確実、かつ安全なプラットフォームに転換してきました。 HTTP/2 は、特に制限の多いセルラーネットワークのモバイルユーザーに、ほぼ瞬時のウェブ体験を提供するための重要な鍵となります。 Akamai では、この新しいウェブ基準の採用促進を先頭に立って支援していきます。」

Akamai のエンジニアが IETF HTTP Working Group の取り組みに深く関与することにより、Akamai はインターネット産業の他のリーダーと新しい HTTP/2 プロトコルを定義するにあたって、重要な役割を果たしてきました。 この分野における Akamai の活動は、ユーザー、コンテンツプロバイダー、サービスプロバイダー、開発者、そしてインターネットコミュニティ全体に役立つものを生み出すという考えを基盤にしています。

Kulkarni は次のように続けます。「パフォーマンスの面で優れた利点があるだけでなく、HTTP/2 が TLS の採用を大きく後押しすると考えています。 Akamai の業界をリードする TLS サービスと HTTP/2 プロトコルを組み合わせることで、すべての人により高速で安全なインターネットを提供できると確信しています。」

現在、Akamai の CDN リクエストの 70 パーセント以上が HTTP/2 対応のブラウザから発生していますが、いくつかの旧バージョンのブラウザは今後も継続して使用されると考えられます。 そのため、Akamai の HTTP/2 の実装にはリアルタイムネットワークとエンドユーザーインテリジェンスを使用し、適切なパフォーマンスの最適化をダイナミックに適用して、それぞれのユーザーに最適なパフォーマンスを提供できるようになっています。 また、Akamai は、HTTP/2 への移行を最大限に活用するためのツールとインテリジェンスの提供においても優位性があると考えています。 例えば、使いやすく、セルフサービスで、高度に細分化された構成能力により、お客様は組み込みのモニタリングとレポート機能を使って影響を測定しながら、HTTP/2 の導入を管理できます。

Akamai の HTTP/2 サポートを活用する企業の一つに、世界をリードする出張と経費管理の統合ソリューションとサービスのプロバイダーである Concur があります。

Concur のクラウドアーキテクチャ部門のシニアディレクターを務める Drew Garner 氏は次のように述べています。「Concur のユーザーは完璧な出張を求めていて、弊社のアプリケーションをネットワークが利用しづらい環境も含めて、世界中から利用しています。 HTTP/2 などのエンドユーザーのパフォーマンスを向上させることができるネットワーク機能の進歩は、弊社にとって重要です。 Akamai は、新しいプロトコルが批准されたほぼ直後に、弊社のトラフィックを HTTP/2 で提供することに成功しています。 HTTP/2 への切り替えにかかったのは、30 秒程度でした。 これまでのところ、特定のページにおけるモバイル・セルラー・ユーザーのページ読み込み時間が最大で 68 パーセント高速化するなど、パフォーマンスに大きな向上が見られています。」

Akamai と HTTP/2 に関する詳細は、http2.akamai.com をご覧ください。

Akamai について

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)サービスのグローバルリーダーとして、Akamai は、インターネットを高速、安全、信頼できるものとしてお客様がご利用いただけるようにします。 Akamai のウェブパフォーマンス、モバイルパフォーマンス、クラウドセキュリティ、メディア・デリバリー・ソリューションは、デバイスや場所に関係なく、革新的な方法で消費者、企業、エンターテインメントの体験を最高のものにします。 Akamai のソリューションとそのインターネット専門家チームが、企業のより速い進歩にいかに貢献しているかについて、www.akamai.co.jp または blogs.akamai.com/jp/ および Twitter の @akamai_jp で詳細をご紹介しています。

###

私募証券訴訟改革法に基づく記述
このプレスリリースには、1995 年私募証券訴訟改革法に基づくセーフハーバー条項の将来の見通しに関する記述として構成される、将来の業務計画や機会などの、Akamai の経営の将来的な予測、計画、見通しに関する情報が含まれます。 これらの将来の見通しに関する記述によって示された情報と実際の結果は、様々な重要な要因により大幅に異なる場合があります。この様々な要因には、Akamai のサービスまたは機能が予期したとおりに動作しない、そのようなサービスと機能が市場で受け入れられない、および、Form 10-K の企業の年次報告書、Form 10-Q の四半期レポート、SEC に周期的に提出するその他の資料内に記載されるその他の要因などが含まれますが、これに限定されません。