IoT Product Intro Image

リアルタイムの IoT データ収集やアプリケーションメッセージングを行い、大規模なセキュリティ対策を実現。

現在の IT 業界には問題があります...

インターネットに接続している IoT デバイスやアプリケーションが数十億に達するのに伴い、拡張性と関連データの管理作業はますます複雑になっていきます。

IoT Edge Connect Introduction

IoT Edge Connect の概要

???Watch the Video???
IoT Edge Connect Cloud Video Image
???Watch the Video???

メリット

CDN の拡張性

大規模、大容量のネットワークを利用することで、広範な地理的地域のトラフィックのニーズに対応し、セルラーネットワークでの輻輳を相殺できます。

開発の迅速化

新しいコネクテッドデバイスやアプリケーションを迅速かつ俊敏に開発できます。

常時稼働のセキュリティ

相互認証、アクセス制御、DDoS 攻撃に対する耐障害性により、セキュリティリスクを緩和します。ネットワークとデータのセキュリティを確保します。

リアルタイムの情報

迅速な決定を下すための情報をインジェストすることで、ビジネス、ソリューション、顧客体験の管理が向上します。

管理の容易さ

手間を最小限に抑えて、集中力を最大限に高めます。Akamai のマネージドソリューションを導入することで、必要な MQTT 機能を備えた専用ソリューションを活用しながら、コアビジネスに集中できます。

CapEx とコストを削減

ペイロードに対応するためのインフラストラクチャではなく、デバイスとアプリケーションに投資できます。ソリューション構築のための高額な資本コストと運用コストを軽減することで、ROI の向上を目指すことができます。

IoT Edge Connect とは

グローバルな Akamai IoT Edge Cloud でホストされ、完全に統合できる IoT Edge Connect なら、シームレスでシンプルかつ安全に IoT デバイスやアプリケーションを接続し、データ収集やメッセージングをリアルタイムで実行できます。相互認証とアクセス制御でセキュリティの強化を図る IoT Edge Connect は、アプリケーション開発者や IoT 対応製品の所有者を対象にした ISO 準拠の MQTT ブローカーです。キー・バリュー・ストアと統合エッジ・データ・ストリームにより、マネージャーはインターネット・エッジ・ネットワーク全体で柔軟かつ最適化された方法でデータを処理できます。

機能

MQTT ブローカー

インターネット規模で標準的なオリジンの MQTT ブローカーの豊富な機能を利用して、あらゆる標準的なクライアントをシームレスに使用できます。

相互認証

柔軟な SSL/TLS プログラムでユーザー固有の(サードパーティー)証明書をサポートします。

グローバル・エッジ・ネットワーク

大規模、大容量のネットワークを利用することで、広範な地理的地域のニーズに対応し、コネクテッドデバイスやアプリケーションの増加で発生するセルラーネットワークでの輻輳を相殺できます。

アクセス制御

API を使用して、認証機能を Akamai Edge Cloud に移すことができるため、認証判断のたびにオリジンインフラストラクチャと通信せずにすみます。

エッジメッセージング

Edge で迅速に接続を終了することで、無線の使用量を削減します。デバイスによる不要な再試行や切断を発生させることなく、メッセージは確実かつ効率的にルーティングされます。

完全に統合されたマネージド型

プラグ・アンド・プレイできるよう完全に統合されたマネージド・クラウド・サービス。堅牢なソリューションを構築するために追加サービスを統合する必要はありません。

地理的なデータの分離

データ分離とプライバシーを本質的に管理することで、現地法を遵守します。

キー・バリュー・ストア

さまざまなデータセットのインラインストレージに対応できる柔軟なデータベース。

エッジ・データ・ストリーム

データの移動や一時的な保存が簡単にできます。複数のバックエンドデータセンター間でリカバリーを行い、一貫性を維持します。

管理の容易さ

完全マネージド型クラウドサービスにより、コアビジネスに集中でき、ネットワークやサポートサービスを外部に委託できます。

業界別ユースケース

Akamai インサイト