Akamai dots background

IPTV サーバー

IPTV サーバーは、Local Access Network(ローカル・アクセス・ネットワーク、LAN)上または Internet Protocol(インターネットプロトコル、IP)という通信方法を介してインターネット上でテレビサービスを配信します。 これらのセキュリティ保護されたパケット交換ネットワークは、ハードウェアに依存しないため、音声、ビデオ、テキスト、イメージ、データなど、送信されるあらゆるコンテンツを任意の接続デバイスで視聴できます。

IPTV サーバーテクノロジーを通じて提供されるテレビサービスは、加入者ベースであり、3 つの大きなカテゴリーに分かれます。

  • ライブ TV。現在放送している番組との双方向性を含む場合と含まない場合があります。
  • タイムシフト TV。ビデオ・ストリーミング・サーバーにある数時間または数日前に放送された番組を再生するキャッチアップ TV と、現在の番組を最初から再生するスタートオーバー TV を含みます。
  • Video On Demand(ビデオオンデマンド、VOD)。加入者がカタログまたはライブラリから興味のあるビデオを選んで視聴できます。 このコンテンツは VOD サーバーテクノロジーを利用して配信され、テレビプログラムには関連せず、ネットワークの番組とシリーズのアーカイブされた記録と、映画、教育ビデオ、自主映画を含むことがあります。 一部のコンテンツプロバイダーは独自の TV 向け映画シリーズを制作していますが、これらを利用できるのはそのプロバイダーの VOD 加入者だけです。

IPTV サーバーテクノロジーの利便性

消費者の期待が高まったため、IPTV サーバーテクノロジーが普及しました。 現在の消費者は、スマートフォン、タブレット、ラップトップで一日中インターネットに接続することを望んでいます。 これらの消費者はテレビに拘束されることを好まず、お気に入りのプログラムやプレミアコンテンツをメディア・ストリーミング・ソフトウェアで視聴することを望みます。 また、サイズやデバイスを問わず、アクセスするコンテンツに最適でシームレスなパフォーマンスを期待します。

コスト意識の高い消費者は、エンターテイメントに支払う金額により高い価値を求め、かつてないほど多くのオプションから価格を比べて探し回ることを厭いません。 事業者は、加入者が任意のインターネット接続デバイスを通じてお気に入りのプログラムやプレミアコンテンツに排他的にアクセスできる TV everywhere を提供することでテレビ放送やオンデマンドサービスの競争の激化に対応しています。 IPTV サーバーテクノロジーにより、これが可能になります。

IPTV サーバーテクノロジーを Content Distribution Network(コンテンツ配信ネットワーク、CDN)に統合する事業者は、既存の顧客を維持し、新たな顧客を引き付ける能力が向上します。

Akamai Network Operator Solutions によって IPTV サーバーテクノロジーの展開が簡単に

事業者が IPTV サーバーテクノロジーを展開する最も効果的な方法は、独自のビデオ CDN を作成することです。 そうすることで、最適化やモバイルデバイス検出などの付加価値サービスに加えて排他的なプログラムとプレミアコンテンツを加入者に提供する柔軟性をもつことになります。

Akamai Network Operator Solutions を使用すると、事業者は、メディア・ストリーミング・サーバー・テクノロジーを搭載した独自の CDN を、市販の既製ハードウェアで稼働するライセンスソフトウェアで迅速かつコスト効率の高い方法で展開できます。 CDN をクラウドに展開する方を好む事業者に対して、アカマイは、世界最大で最も先進的なアカマイ固有の CDN 内の専用サーバーを利用するクラウドベースの Operator CDN(OCDN)ソリューションを提供します。 アカマイのクラウド OCDN サービスのユーザーは、CapEx コストを回避でき、アカマイのエキスパートが 24 時間/週 7 日体制で対応する CDN サーバーのメンテナンスを利用できます。

アカマイの Operator CDN ソリューションの詳細をご覧ください