Akamai dots background

メディア・ストリーミング・サーバー

メディア・ストリーミング・サーバーは、インターネット経由で接続されたユーザーにビデオおよび音声コンテンツを配信します。 ビデオと音声はメディア・ストリーミング・サーバーによって送信される最も一般的なタイプのコンテンツですが、その他の例として、ライブ・クローズド・キャプション、ティッカーテープ、リアルタイムテキストなどのストリーミングテキストがあります。

メディア・ストリーミング・サーバー・プロセス

メディア・ストリーミング・サーバーを通じたコンテンツ送信のプロセスは、最初は「ビデオの蓄積伝送」と呼ばれていましたが、1990 年代初頭に、滑らかな川の流れに似た配信方法をより適切に示す用語に変更されました。 コンテンツがビデオ・ストリーミング・サーバーを通過する場合、事業者が配信するコンテンツが絶えず受信されて視聴者に提示されます。 「ストリーミング」という用語は、この継続的な配信プロセスを意味します。

ストリーミングには 2 つのタイプがあります。

  • Video On Demand(ビデオオンデマンド、VOD)サーバーによって配信される記録済みビデオストリーミング。 ビデオオンデマンドサービスの加入者は、コンテンツプロバイダーから利用可能なさまざまなタイトルのライブラリにある映画、テレビプログラム、その他のタイプのビデオコンテンツをリクエストできます。
  • ウェブを通じてリアルタイム・ビデオ・コンテンツを配信するライブ・ビデオ・ストリーミング。 Internet Protocol Television(インターネット・プロトコル・テレビ、IPTV)サーバーテクノロジーは、ライブコンテンツを受信し、タブレット、スマートフォン、またはラップトップを通じてプログラムに接続している視聴者に提示します。

今日のモバイルコマースの世界では、円滑で一貫した、効率的なストリーミングが重要です。 消費者は、タブレットやスマートフォンなどのポータブルデバイスを通じてほぼノンストップでインターネットに接続しており、これらのモバイルデバイスを通じてエンターテイメントを探し、マルチメディア・マーケティング・コンテンツを利用することが増えています。 消費者は、場所や時間を問わず高品質のビデオコンテンツがメディア・ストリーミング・ソフトウェアを通じて瞬時に配信されることを期待します。 ある事業者で要求が満たされない場合は、期待するサービスと品質を入手するために他の事業者に移ります。

アカマイにより事業者は固有のメディア・ストリーミング・サーバー・ネットワークを展開可能

アカマイを利用すると、対象のオーディエンスに最適なメディア・ストリーミング・サーバー・ソリューションを選択できます。 アカマイは Content Distribution Network(コンテンツ配信ネットワーク、CDN)テクノロジーのトップエキスパートであり、世界 100 ヵ国以上に配置された 175,000 台を超えるサーバーに広がる世界最大の CDN を提供しています。

Akamai Network Operator Solutions は、顧客が期待する高品質なリッチメディア体験を提供します。 アカマイの事業者ソリューションを利用すると、独自のビデオ CDN を構築したり、クラウドに専用 CDN を展開したりできます。

  • お客様固有の CDN は、アカマイの Aura Lumen ライセンスソフトウェアをコモディティハードウェア上で実行することで構築します。 Aura Lumen の既製ハードウェアのサポートにより、費用が節約され、CDN の水平拡張が簡単になります。
  • クラウドベースの展開の場合、アカマイの Aura Spectra Operator CDN サービスでは先行 CapEx が不要で、市場への投入を迅速化できます。 CDN はアカマイクラウド内の専用サーバー上で稼働し、高度なトレーニングを受けた技術スタッフがネットワークを 24 時間/週 7 日体制で監視します。

メディア・ストリーミング・サーバー・テクノロジー用の Akamai Network Operator Solutions の詳細をご覧ください