Akamai dots background

カルソニックカンセイ株式会社

エンジニアリング情報を世界の開発拠点間で共有するPDMシステムを世界で初めてインターネットソリューションで実現

日本とアメリカで同じCADデータを使ってデザインレビューをやると想定したとき、日本側でデータを作って半日かけて送るのでよいのかというと、いまの自動車開発のビジネススピードの中ではそれはあり得ません。

グローバルテクノロジー本部 デジタル化推進グループ部長 四方 力氏 , カルソニックカンセイ

グローバルPDMシステムを世界で初めてインターネット経由で構築

カルソニックカンセイ株式会社は、埼玉県さいたま市に本社を置く日産自動車系の大手自動車部品メーカーで、コックピットモジュールやエキゾーストシステム、エアコンユニット、コンプレッサー、インストルメントパネル、ラジエーター、電子部品などを開発・生産している。日米欧の主要自動車メーカーを取引先として、北米、欧州、中国に統括会社、5カ国に開発拠点を持ち、生産拠点に至っては世界中に50以上がある、まさにグローバルなメーカーだ。

そのカルソニックカンセイが2014年5月20日に「グローバルPDMシステム」(PDM: Product Data Management)を構築したと発表した。グローバルPDMシステムは、CADデータをはじめとする製品関連情報をグローバルに一元管理し、世界の開発拠点の設計者が必要に応じていつでも利用・協業できる仕組みだ。このグローバルPDMシステムの最大の特徴は、大容量CADデータを安全性を確保しつつ実用的な速度でやりとりするために、これまで使われてきた専用線ではなく、アカマイが提供する技術を使ったインターネットソリューションを利用していることだ。

自動車部品メーカーとしてPDMシステムにインターネットを活用する事例は世界初であるという。この革新的なグローバルPDMシステムはどのような経緯で構築されたのか、このシステムによってカルソニックカンセイが得るアドバンテージはどういったも のなのかを、本システム構築に携わった同社グローバルテクノロジー本部デジタル化推進グループ部長の四方力氏にお話を伺った。

カルソニックカンセイは2000年にカルソニックとカンセイが合併して設立されたこともあって、仕事のやり方や部品表(BOM:Bills Of Materials)がグローバルで統一されていなかった。そこでまず、グローバルPDMシステムに先立って、社内の基幹システムであるBOMを統合して一元管理するグローバルBOMの構築を行った。

「開発もどんどんグローバル化していて、OEMの顧客がいるところには製造拠点だけでなく、開発拠点も設立するようになってきています。そうするとBOMだけでなくCADデータもグローバルで統一する必要性が出てきました。そこで、グローバルPDMシステムがグローバルBOMと同時期に構想されました」(四方氏)

1日がかりのCADデータ転送が1時間に短縮

BOMは比較的データ量が小さいため、従来から拠点間を結ん でいた専用線を利用してグローバルBOMシステムが構築された。 それからグローバルPDMシステムの開発が始まるのだが、いくつ かの課題の中で最も大きな課題の1つが、数百メガバイトという ボリュームあるCADデータを、どうやって安全かつ安定的に高速に送るかということだった。自動車製造業では基本的に安全性を優先するという観点から専用線が利用されているが、専用線では帯域が不足していてCADデータを送ると半日から丸1日もかかるというのだ。

「たとえば日本とアメリカで同じCADデータを使ってデザインレビューをやると想定したとき、日本側でデータを作って半日かけて送るのでよいのかというと、いまの自動車開発のビジネススピードの中ではそれはあり得ません」(四方氏)

カルソニックカンセイがグローバルPDMシステムで目指したのは「CADデータを1時間以内で送る」こと。これを実現するためには、拠点間を結ぶ専用線の帯域を大幅に増設・強化する必要があるが、とんでもない帯域が必要で、非現実的なほどのコストとなってしまう。また、拠点を増やすたびに専用線を引かなくてはならない。そこで出会ったのがアカマイのソリューションだ。

現在、同社のグローバルPDMシステムでは、日本、アメリカ、メキシコ、イギリス、中国、タイ、インドの拠点をつなぐことを目標として作業が進められている。このような主要国間のデータ転送であれば、アカマイ以外にもCDNベンダーは存在するのだが、実はデータを暗号化して安全性を確保しつつ送るソリューションを持っているのはアカマイだけで、これがセキュリティを必須とするカルソニックカンセイの条件に合致した。もちろんファイルの容量の大きさや速度などの条件も満たしていたのは言うまでもない。

こうして世界初のグローバルPDMシステムが動き出した。しかし、カルソニックカンセイが目指すビジョンはもっとずっと高いところに ある。

「今回のグローバルPDMシステムの狙いは、1つのユニークな部品番号に、ユニークな設計情報(CADデータ、デザインノートなど)、製品までが結びつけられ、ユニークであることがちゃんと証明されて資源管理化されている状態に置きたいということです。それができていないことによっていろんな手戻りがあることが社内の一番の課題でした。グローバルPDMが実現するまでは、コピーされたCADデータがたくさんあって、同じCADデータであるが違う部品番号でそれがあちこちに存在しているというような状況がありました。将来的には部品番号、BOMに、コストや品質の情報など、ものづくりのための重要情報をつなげて、タイムリーに、コストや品質の開発状況を可視化したり、ERP等との連携で収益状況を見えるようにして、プロジェクトマネジメントを支える仕組みを全社的に目指していく必要があると思っています。その為のプラットフォームとしてこのグローバルPDMを今後も上手く活用してゆきたい。」(四方氏)

実際のところ、BOMがグローバルに統一されているサプライヤーはまだ非常に少ないという。カルソニックカンセイでは、グローバルBOMにグローバルPDMシステムが加わり、BOMとCADデータが結びつくことで、スピーディーで品質の高い設計開発、そしてコスト競争力がある製品製造がグローバルでできるようになるはずだ。これは非常に大きなアドバンテージをもたらすことになるだろう。