Media Services Live

Media Services Live の専用機能で、ライブストリーミングとテレビ放送のギャップを埋める

Akamai の Media Services Live は、ライブストリーミングに信頼性と拡張性をもたらすことに重点を置いています。
新機能 liveOrigin™ が連動して、従来のテレビ放送に求められているレベルと同等の品質をライブ動画ストリーミング(ライブイベントおよび常時ライブリニア)で実現します。コンテンツプロバイダーは、常に視聴者を満足させる高品質のストリーミングを配信できると知って、安心感を得られます。Media Services Live ソリューションは、Akamai の Adaptive Media Delivery と完全に互換性があります。Akamai の Adaptive Media Delivery

製品概要を見る
Media Services Live
???Watch the Video???

Media Services Live

Akamai は、18 年以上にわたって世界最大級のライブ・ストリーミング・イベントを配信し、世界有数のさまざまなコンテンツプロバイダーと協力し合ってきました。その経験から、ライブソリューションの設計について独自の視点をもっています。

ライブストリーミングはテレビ放送とは異なります。従来のテレビ放送とストリーミングの間には、パフォーマンスと品質の面で大きな隔たりがあります。コンテンツプロバイダーが直面している課題を理解することで、Akamai はブロードキャストと同等、またはそれを超える体験をもたらすストリーミング配信を可能にする専用のソリューションを開発しました。

Akamai のサポートで、ライブストリーミングや常時ライブ・リニア・サービスでテレビ放送品質の体験を実現して、オンライン視聴者の高い満足度を維持する方法についてご確認ください。

Ingest Acceleration

Akamai は広く分散したインジェストネットワーク内に独自の高速化技術を統合しています。マッピングテクノロジーを使用して、コンテンツをルーティングする最適なエントリーポイントにエンコーダーを割り当て、UDP ベースの高速化でインジェストのパフォーマンスとスループットを高めます。これらの機能により、コントリビューション全体の堅牢性レベルが一層高まり、パケット損失が生じた場合でもライブフィードの品質を高めることができます。

低レイテンシー対応

ライブリニア配信のブロードキャストからオンラインストリーミングまでの間の遅延を短縮するために、liveOrigin™ は HTTP ベースのストリーミング(HLS/HDS/DASH/CMAF)において、低レイテンシーの動画配信を可能にするセグメントの細分化を確実に処理します。Akamai は、(放送から 1~2 秒の遅れが生じる)10 秒のエンドツーエンドレイテンシーを広い範囲で確実にサポートし、テレビさながらの体験をオンライン視聴者に提供します。

自己修復型のネットワーク

Akamai の中核を成す原理の 1 つは、ソリューション全体の単一故障点の除去に基づいています。liveOrigin は、複数の場所にコンテンツを複製し、エンコーダーを最適なエントリーポイントに動的に割り当てて、サービスの信頼性と可用性を 24 時間途切れることなく維持します。

1 対多数(クロスアカウント)の配信

コンテンツプロバイダーは複数の配信チャネルでコンテンツを効率的かつ柔軟に配信する必要があります。liveOrigin により、複数の Akamai 配信アカウントが単一のオリジンから簡単にコンテンツにアクセスすることが可能になるため、さまざまなチャネルにわたる幅広いコンテンツ配信をシンプル化できます。

Dynamic Ad Insertion

拡張性の高いサーバーサイド広告挿入と、プラットフォームに依存しないミドルウェアの組み合わせにより、シームレスな視聴体験を提供します。このミドルウェアは、クライアントデバイスへの導入の一貫性を確保します。また、主要な広告管理サーバーやアドエクスチェンジのすべてと統合するための柔軟性を提供します。視聴者レベルのターゲット広告では、関連性の高い広告コンテンツの配信により、収益化の機会が増えます。また、早期の回復/エラー状況からの脱却のサポートや、ライブ、ライブリニア、オンデマンド(Adaptive Media Delivery と統合した場合のみ利用可能)のユースケースに対応したストリーミング開始のフェイルオーバー機能によって、ライブコンテンツが失われることはありません。

エンドツーエンドの Transport Layer Security(トランスポート・レイヤー・セキュリティ、TLS)のサポート

TLS セッションでエンコーダーからコンテンツを受信し、Akamai ネットワーク内(およびエンドユーザーへの)コンポーネント間の配信を管理して、コンテンツをエンドツーエンドで安全に転送できるようにするための機能が追加されました。

DVR とアーカイブ

DVR とアーカイブ機能により、「ライブの巻き戻し」機能など、視聴体験に関して別の選択肢をエンドユーザーに提供できます。

Live to VOD アセット作成

ライブおよび 24 時間同時放送ストリームをスタンドアロンの VOD アセットに変換することで、キャッチアップ TV、ハイライト、コンテンツのタイムシフトなどのユースケースに適したクリップをすばやく簡単に作成できます。

信頼性と安定性の高いインジェスト

本質的に予測不能なインターネットでも、常時ライブ・リニア・ストリーミングが可能。

遅延の抑制

ブロードキャストからライブストリーミングまでの間の遅延を 1~2 秒にまで短縮し、テレビ放送品質の視聴体験を実現。

テレビ放送レベルの信頼性を実現

サービスとコンテンツを 24 時間いつでも視聴者に提供。

視聴者へのリーチを最大化

複数の配信チャネルが単一のオリジンに接続できるモジュール式アーキテクチャにより、視聴者へのリーチを最大化。

シームレスで魅力的な視聴体験を提供

関連性の高い大規模なターゲット広告を表示することで、コンテンツを効果的に収益化。

効率的に配信

複数の配信チャネルを通じてコンテンツを配信し、対象の視聴者を最大化。

効果的に収益化

シームレスで魅力的な視聴体験を通じてプレミアムコンテンツを効果的に収益化。

可視化

ファーストマイルのパフォーマンスとストリームの健全性がほぼリアルタイムで可視化されるため、必要に応じて迅速な対応が可能。

コンテンツを安全に転送

エンドツーエンドの TLS 暗号化を使用して、エンコーダーから視聴者までコンテンツを安全に転送。

視聴者にコンテンツ消費機能を提供

視聴者の判断でコンテンツ消費が可能。