Akamai、Guardicoreを買収。ゼロトラスト・ソリューションを拡張し、ランサムウェアの阻止能力を強化。 続きを読む

Akamai のサステナビリティ

プログラムの透明性、データ、パートナーシップを重視しながら環境活動に取り組みます。

Shift Project によると、2018 年には世界のオンライン動画ストリーミングによって 300 トン以上の炭素に相当する 温室効果ガスが排出されました。。これは 5,000 万軒の家庭で 1 年間に消費される電力による炭素排出量とほぼ同じです。Akamai は、プラットフォームの効率化、データセンターのパートナーシップ、再生可能なエネルギーの調達を通じて、排出量の削減に取り組んできました。Akamai は、パフォーマンス、セキュリティ、配信を提供するリーディングプロバイダーとしての責任を自覚し、世界の炭素排出量削減に貢献いたします。




Akamai のサステナビリティ

ネットワーク

Akamai Intelligent Edge Platform によって企業の全体的なエネルギー消費と温室効果ガス排出量は大きく変化します。だからこそ Akamai は温室効果ガス(GHG)削減の取り組みの中核としてこのプラットフォームを重視しているのです。特に、データ・センター・プロバイダーとのパートナーシップを通じ、ソフトウェアとハードウェアの効率化、責任ある e 廃棄物管理、そして可能な限り検証済みの再生可能エネルギーを使用することに力を入れています。また、新しい再生可能エネルギーのセキュリティを確保し、世界の電力負荷を緩和する取り組みも進めています。Akamai はすべての資源を可能な限り効率的に利用するよう努めています。

コミュニティー

長期的なサステナビリティプログラムの確立するためにはまず、私たちが働き、事業を行い、生活を営んでいるコミュニティーの、お客様、従業員、近隣住民の皆様、業界のパートナー様の理解と関心を得ることが重要です。Akamai は、世界の環境活動やボランティアの機会を通じ、従業員、近隣住民の皆様、業界のパートナー様を招いてサステナビリティに関する対話に参加しています。公的な提唱活動を通じて、またサステナビリティ団体や志を同じくする企業と連携しながら、企業の枠を超えてカーボンフリーインターネットのメリットを広げる取り組みを進めていきます。

サプライチェーン

Akamai は環境に配慮するさまざまなサプライヤーと互恵的なパートナーシップを確立し、インターネットビジネスに関連の深い問題に協力して対処するよう努めています。Akamai は自社による環境への影響を低減するため、二酸化炭素排出量の管理についてサプライチェーンの企業と継続的に深く話し合い、サステナビリティに基づいて製品やパッケージに関して判断するとともに、業界組織と連携して業界のグリーン化やグローバルな変化の促進に取り組んでいます。



お客様のために

サプライチェーンにサステナビリティの価値を提供

お客様は Akamai のコンテンツ配信、パフォーマンス、セキュリティのソリューションを利用することで炭素を排出しています。また、お客様は改善を必要とされ、改善の証拠を知りたいと望まれています。そのため、Akamai は継続的に環境負荷を低減するとともに、Akamai のプラットフォームに関連したお客様の炭素排出量についての知見を提供しています。


カスタムレポート作成はこちらにお問い合わせください。