CDN DDoS

分散サービス妨害(DDoS)攻撃は、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)にとって大きな脅威です。CDN DDoS 攻撃では、マルウェアを使用して何千台ものコンピュータを遠隔制御し、膨大な量のリクエストで特定のターゲットを圧迫します。攻撃を受けるとネットワークの速度が低下したり、ユーザーがサービスを利用できなくなったり、評判や生産性、収益に長期的な損失が生じます。ストリーミングやオンデマンド CDN 動画(VOD CDN)のプロバイダーは特に大きな影響を被ります。DDoS 攻撃はオンライン動画の品質を大きく低下させる可能性があるからです。

CDN DDoS 攻撃は高い頻度で発生していますが、ハッカーはますます巧妙になり、ファイアウォールやセキュリティシステムを迂回する新たな方策を次々と見つけ出すため、防御は今も困難な状況です。最近の CDN DDoS 攻撃は、アプリケーションレイヤーをターゲットにして、レイヤー 7 プロトコルを利用し、システムを混乱させます。Akamai Kona DDoS Defender は、CDN インターネットプロバイダーに CDN DDoS 攻撃に対するクラウドベースの防御機能を提供します。

CDN DDoS 攻撃からの防御

Akamai は、CDN クラウドサービスのリーディングプロバイダーとして、デバイスや場所を問わず常に質の高いオンライン体験を提供したいと考えるエンタープライズをサポートしています。Akamai の Kona DDoS Defender は、CDN サービスプロバイダーに CDN DDoS 攻撃を阻止するシンプルで効果的なソリューションを提供します。拡張性に優れた Akamai Intelligent Platform™ 、そして 24 時間体制で Akamai Security Operations Center(SOC)が提供するセキュリティの専門知識により、Kona DDoS Defender は最大規模の高度な攻撃も防御できます。Akamai の CDN DDoS ソリューションを使用すれば、たとえ攻撃を受けている最中であっても、ユーザーに質の高いウェブ体験を提供できます。

Kona DDoS Defender は、Akamai Intelligent Platform の拡張性を活かして CDN DDoS 攻撃を防御します。Akamai は、世界で最も高度な分散 CDN アーキテクチャのプロバイダーです。毎日世界のウェブトラフィックの 15~30% を処理する Akamai には、最大規模の攻撃を緩和できるだけの十分な容量があります。Kona DDoS Defender はネットワークレイヤー DDoS 攻撃トラフィックをかわし、攻撃がアプリケーションオリジンに到達する前に、ネットワークエッジでアプリケーションレイヤー DDoS 攻撃トラフィックを吸収します。アプリケーションレイヤーの DDoS 攻撃には、自動と手動の機能を組み合わせて対処し、強力なアダプティブ・レート・コントロールを通じて、数秒以内に攻撃を緩和します。

CDN DDoS の脅威を阻止する主な機能

Akamai Kona DDoS Defender は、次の機能を組み合わせることで CDN プロバイダーに CDN DDoS 攻撃に対する強力な防御能力を提供します。

  • 広範な DoS および DDoS 攻撃防御機能:ネットワークレイヤーへの攻撃(UDP フラッドや SYN フラッド)を自動的にかわすとともに、アプリケーションレイヤーへの攻撃(HTTP GET フラッドや POST フラッド)をネットワークエッジで吸収します。
  • アダプティブ・レート・コントロール:リクエストレートを監視して制御することにより、アプリケーションレイヤーの DoS および DDoS 攻撃から自動的にアプリケーションを防御します。動作に基づくルール:数秒で大量のリクエストに応答し、IP アドレスなどのパラメータに基づいてネットワーク管理者にアラートを送信するか、または攻撃者をブロックし、スロー POST 攻撃を緩和します。
  • DoS 攻撃や DDoS 攻撃に関連したサポート:フルマネージドのセキュリティサービスにより CDN DDoS 攻撃の脅威に対応できるよう支援します。
  • Security Operations Center:24 時間体制で世界中の組織にサポートを提供します。