Luisa Via Roma

Luisa Via Roma は、Akamai Bot Manager でボットトラフィックを緩和することで、オンラインでより多くの人々が買い物を楽しめる環境を整えています。

実際のトラフィックとボットトラフィックを区別するための包括的なボット管理製品として、Akamai を超える製品はありません。

Fabio Testa 氏, Software Architect, Luisa Via Roma

状況

ファッション小売企業として成功するためには、クラシックなスタイルに目を向けながら、最新のトレンドにも対応するための絶妙なバランス感覚が必要です。1930 年代初頭にイタリアのフィレンツェで創業した Luisa Via Roma は、まさにそのバランス感覚を発揮してきた企業です。同社は女性、男性、子供向けの衣類、靴、アクセサリーを扱う高級小売企業として、オンラインビジネスを拡大してきました。同社の Web サイト(luisaviaroma.com)は、8 か国語に対応しており、200 か国以上の買い物客が利用できます。これまでに、サイト訪問者を安定的に獲得しており(ユニークビジター数は 2017 年初頭時点で 200 万人)、現在では同社売上高の 95% 以上を生み出しています。

課題:ボットが買い物客に影響を与えないようにする

同社が世界中でオンラインプレゼンスを拡大する中、正当なサイトトラフィックと不要なボットを区別することがますます難しくなりました。2016 年には、サイトトラフィックの急増に伴い、ボットトラフィックも急増しました。同社には、ボットトラフィックと買い物客のトラフィックを区別し、不要なボットを緩和するための方法がなかったため、買い物客に与える影響を懸念していました。Luisa Via Roma の Software Architect、Fabio Testa 氏は次のように述べています。「ボットが当社の Web サイトに影響を与えていることはわかっていましたが、それに対応する術がありませんでした」

目標

Luisa Via Roma では、最も人気の高いオンライン・ショッピング・サイトであり続けるという目標をサポートするためには、以下の 2 つの重要な要件を満たす必要がありました。

  • 実際の買い物客がサイトにアクセスできるようにする。同社は、ボット緩和対策によって正当なトラフィックがサイトにアクセスできなくなる事態を避ける必要がありました。
  • オンラインビジネスの信頼性を高める。Luisa Via Roma は、先進のオンライン小売企業としての評判を維持し、強化したいと考えていました。

Akamai を選ぶ理由
包括的なソリューションを選択する

Luisa Via Roma は、Web パフォーマンスの向上を目的にすでに Akamai サービスを利用していたため、Akamai Bot Manager を選択することにしました。ボット検知およびボット緩和サービスを自社で構築するのは現実的ではなかったと Testa 氏は述べます。「Akamai Bot Manager は、Akamai が継続的に更新するボットカテゴリーの堅牢で認定されたデータベースに基づいています。さらに、ボットを動的に分類し、さまざまな要因に基づいて測定するための手段を数多く備えています。実際のトラフィックとボットトラフィックを区別するための包括的なボット管理製品として、Akamai を超える製品はありません」と Testa 氏は言います。

高度な機能を生かす

Bot Manager を導入したところ、Testa 氏と彼のチームは、データを簡単に分析し、Luisa Via Roma のニーズに応じて製品を設定できるようになりました。Bot Manager により、カスタムまたは事前定義のボットカテゴリーごとに固有の管理ポリシーを適用できます。「ボットのふるまいは日々変化しており、その変化に対処するのは困難です。しかし、Bot Manager があれば、デフォルトで用意されている効果的な分類ポリシー設定と緩和ポリシー設定を使用できるだけでなく、当社の状況に応じて新しい基準や独自のカテゴリーを定義することもできます」と Testa 氏は説明します。

Testa 氏のチームがボットの帯域幅使用量の変動を調査する際には、真っ先に Bot Manager 内の Bot Activity レポートを確認します。トレンドに変動があった場合は、Bot Analysis ダッシュボードに移動して、変動の原因となったボットを特定し、HTTP リクエスト特性にドリルダウンして、緩和のための新しいルールを設定します。

Google でのキャッシング

Testa 氏が述べるとおり、すべてのボットが悪性ボットであるとは限らないため、すべてを一律にブロックするわけにはいきません。ビジネスの観点から見ると、Google は非常に価値の高いボットです。オンライン小売企業にとって、Google Shopping の要件を満たし、Google クローラーの頻繁なサイト検証に対応して、Google による禁止措置を回避することは不可欠です。Bot Manager を使用することで、Luisa Via Roma はキャッシュポリシーを微調整して、この要件を満たすことができました。同時に、オリジンインフラへの影響を軽減することもできました。

価格スクレイパーの制御

Luisa Via Roma が直面するもう 1 つの課題は、価格スクレイパーです。価格スクレイパーはスマートにふるまい、ユーザーのブラウザーフットプリントを再現するので、緩和が非常に困難です。実際、緩和を試みると、多くのフォールス・ポジティブ(誤検知)が発生し、正当な買い物客の体験に影響が及びます。

この問題に対処するために、Testa 氏のチームは、Bot Manager を Akamai Luna Property Manager および Google Invisible reCAPTCHA と統合して、トラフィックを認証しています。閲覧セッションが正当であると認証されると、サイト訪問者は、事前定義された時間にわたって、新しいキャプチャを要求されることがありません。

「この captcha ソリューションにより、新しいカスタムカテゴリーを毎日定義するための反復作業を減らすことができました。簡単に言えば、Bot Manager を使用することで、自動ショッピングを簡単に排除できるようになりました」と Testa 氏は言います。

ボット環境への対応が向上

効果的なボット管理とは、正当なサイトトラフィックを緩和することではないと Testa 氏は考えています。正当なサイトトラフィックを緩和すると、ビジネスに悪影響が及び、オンラインにおける企業の評判が損なわれるためです。「Bot Manager では、誤検知に悩まされることなく、ほぼ 100% のボットを検知できています」と同氏は述べています。実際、Bot Manager を使用することで、Luisa via Roma はボットトラフィック全体における未知のボットを 75% 超から 25% 未満にまで引き下げることに成功しました。

同時に、わずか 6 か月で合計ボットトラフィックを 45% から 25% に削減することもできました。「Bot Manager を導入したことで、ビジネスの成長をサポートするために再設計したサイトアーキテクチャの価値を最大限に引き出すことができました。ボット緩和により、当社サイトへのトラフィックを安心して促進し、ビジネスをさらに拡大することができます」と、同氏は結論付けます。

Luisa Via Roma について

Luisa Via Roma は、1930 年代初めにフィレンツェで創業し、自社の名を冠したコンセプトストアをオープン。1999 年にはオンライン事業を立ち上げました。100% 自社所有の LUISAVIAROMA.COM は、トップクラスのオンライン高級ファッションストアです。有名デザイナーや新進気鋭のデザイナーによるメンズ、レディース、子供用の衣服、靴、アクセサリーのほか、家庭用品やデザインアイテムを厳選して取り揃えています。詳細については、 https://www.luisaviaroma.comをご覧ください。


関連するお客様事例

Security

PayPay

Read More
Security

Mixi Group

Read More
Media and Entertainment

Cloud WrapperとCloud Interconnectの導入により、 オフロード率を劇的に向上し、オリジントラフィックコストの80%低減を実現

Read More