社歴

Akamai の始まり

Akamai が事業を立ち上げるきっかけとなったのは、1995 年初頭、ワールド・ワイド・ウェブの考案者であるマサチューセッツ工科大学(MIT)の Tim Berners-Lee 氏が、ある課題を提起したことでした。 Web の生みの親である同氏は、その後すぐにインターネットユーザーにとって身近となるネットワークの混雑を当時から予見しており、インターネットコンテンツのよりよい配信方法を根本的なところから発明してみようと MIT の同僚らに持ちかけました。 おそらく彼はこのとき、そのような学問的な問題提起が将来、インターネットに革命を起こすサービスにつながろうとは予期していなかったでしょう。

MIT の応用数学教授であり、Berners-Lee 博士とオフィスが隣接していた Tom Leighton 博士は、この課題に興味を持ちました。 Leighton 博士は並列アルゴリズムおよびアーキテクチャのエキスパートとして知られており、MIT のコンピューターサイエンス研究所アルゴリズムグループの代表を務めていました。 博士は、Web の混雑状態を解決する方法が応用数学とアルゴリズムにあるのではないかと考え、この問題を解決するための研究者チームを結成しました。

Danny Lewin はイスラエル工科大学でコンピューターサイエンスと数学の学士を取得した後、1996 年秋に Leighton 博士のチームに参加するため MIT に入学 しました。 その後まもなく Lewin 氏は、インターネットのパフォーマンスを改善するための多様な技術に対し、重要かつ急速な進化をもたらすようになりました。 Leighton 博士と Lewin 氏はチームと協力して、分散型サーバーの大規模なネットワーク上でコンテンツを効果的にルーティングおよび複製するために必要な数学アルゴリズムを考案しました。この技術が、インターネットユーザーにとってストレスとなりつつあった問題を解決することになります。

事業の確立

Leighton 博士と Lewin 氏は 1997 年、自分たちの技術を商業的に利用する可能性を模索し始めました。 Preetish Nijhawan(MIT スローンスクールの学生)とともに、その年、名高い MIT の年次コンテスト「$50K Entrepreneurship Competition」に参加しました。 9 か月間のコンペを通じて彼らのチームは著しい成長を遂げ、その事業計画は 100 件のエントリーのうち最終選考の 6 件に選ばれました。 この成果は、インターネットのコンテンツデリバリー市場が重大な将来性を持つことを示すものとなり、Leighton 博士と Lewin 氏は 1998 年 8 月 20 日に Akamai を創立、Jonathan Seelig(スローンスクールの学生)と Randall Kaplan を創設メンバーに加えました。 Akamai は、MIT の一部の知的財産に関して独占ライセンスを取得し、1998 年秋から開発業務をスタートしました。 Akamai の初期の社員のほとんどは、MIT でのプロジェクトに関わった学生です。

1998 年末から 1999 年初頭には、インターネット事業の経験が豊富な専門家たちがこのチームに加わりました。 なかでも注目すべきは、Time Inc. New Media の前社長であり、ケーブル・モデム・サービス会社 Road Runner の創始者であるほか、NY 1 News の創業も支援した Paul Sagan が Akamai の最高執行責任者となり、その後社長に就任したことです(その後 2005 年~2013 年は CEO に就任)。 1999 年 4 月には、BBN Corp. の前会長兼最高経営責任者であり、IBM の米国内事業にてシニアバイスプレジデントの経験もある George Conrades 氏が、初代の会長および最高経営責任者に就任しました。

商業サービスの開始

Akamai は急速に成長し、1999 年 2 月に最初のライブトラフィック(ディズニーのウェブサイトの奥深くに埋もれた 1 ピクセル)を配信しました。 3 月、ESPN の March Madness と、Entertainment Tonight 向けに制作されたスターウォーズのトレイラーの配信において史上最高レベルのユーザー需要を達成し、Akamai は市場の注目を大いに集めました。 Akamai は 1999 年 4 月に商業サービスを開始し、世界で最もトラフィックの多いウェブプロパティのひとつである Yahoo! がその専属の顧客であることを発表しました。