クラウドコンピューティング企業

クラウドサービスを初めて導入する企業では、クラウドコンピューティング企業の数があまりに多くて戸惑うことがあるようです。 種類やオプションを絞り込むには、まずクラウドコンピューティング企業の共通点と、重要な相違点について確認するのが効果的です。

クラウドコンピューティング企業の共通点

クラウドプロバイダのサービスには次の共通点があります。

  • 情報テクノロジが、インターネット経由で利用できるサービスとして提供されます。 サービスの提供に必要な物理インフラはクラウドプロバイダがホストして維持するため、顧客は資本コストや煩わしい IT メンテナンスを回避できます。
  • クラウドサービスの利用オプションの大部分は、顧客がセルフサービスで管理できます。これには通常、ウェブポータルが使用されますが、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)が提供される場合もあります。
  • 顧客がサービスの利用規模をすばやく拡張または縮小できます。 このような柔軟なサービスは、仮想化、自動化、およびその他のクラウド管理テクノロジによって実現されています。
  • 料金はサービスの使用量に応じて請求されます。

クラウドコンピューティング企業間の相違点

クラウドコンピューティング企業とそのサービスは、次の点において会社ごとに異なります。

  • 提供される IT サービスの種類。 クラウドサービスは通常、Infrastructure as a Service(計算処理、ストレージ、およネットワークなどの基本的なリソースを提供)、Platform as a Service(アプリケーションサーバーやデータベースサーバーなど、開発プラットフォームを包括的に提供)、および Software as a Service(顧客関係管理、マーケティングアナリティクスなど、アプリケーションレベルのサービスを提供)の 3 つに分類されます。
  • クラウド・コンピューティング・アーキテクチャの規模と安定性。 優れたクラウドコンピューティング企業は、複数のデータセンターを地理的に分散して運営することで、中断のないサービス可用性を確保しています。
  • セルフサービスコンポーネントの品質。 クラウドプロバイダのウェブポータルは、顧客がサービスを管理するための主要な手段となるため、ポータルの設計がしっかりしているかどうかや、サービスの利用オプションを簡単に管理できるかどうかを確認することが重要です。
  • 歴史と経験。 クラウドサービス市場は近年高く注目されているため、歴史や実績のあるプロバイダだけでなく、まだ十分な実績のない新規参入組のクラウドコンピューティング企業も多数存在しています。

アカマイが世界のクラウドコンピューティング市場をリードしている理由

数あるクラウドコンピューティング企業のなかでも、アカマイのサービスは抜きん出た品質を誇っています。 理由は次のとおりです。

  • アカマイでは、優れた ROI を実現するクラウドサービスを幅広く提供しています。 Akamai クラウドを使用することで、サービスプロバイダやエンタープライズ企業はウェブコンテンツやアプリケーションの配信を高速化して最適化し、使用されるデバイスの種類にかかわらず、世界のエンドユーザーにコンテンツをスムーズに配信できます。 アカマイのクラウドサービスなら、ウェブサイトやウェブベースのビジネスアプリケーションを利用するユーザーに、高度なユーザー体験を提供できます。
  • Akamai Intelligent Platform は、世界 120 カ国以上の 216,000 を超えるクラウドサーバーをカバーした、世界で最も大規模で、最も安定したクラウドインフラです。
  • アカマイは、お客様がサービスの利用状況を包括的に管理し、把握できるよう、最先端のセルフサービスポータルを提供しています。
  • アカマイは、お客様への ROI 提供において確かな実績を有しています。 アカマイでは、グローバルなコンテンツ配信ネットワークの構築を 15 年前から開始しており、クラウドという用語が一般化するはるか以前から、高価値なクラウドサービスをお客様に提供しています。

Akamai クラウドプラットフォームをご紹介します

コンテンツプロバイダおよびエンタープライズ企業向けの Akamai ソリューションをご紹介します。