Enterprise Threat Monitor Intro

Enterprise Threat Monitor

リアルタイムの視覚化では、Akamai の Intelligent Platform および DNS と IP トラフィックに関する最新の知見を駆使して、Akamai が(お客様に代わって)ブロックしているフィッシング、マルウェア、コマンド & コントロールの脅威が示されます。

Enterprise Threat Monitor

フィッシング
マルウェア
コマンド & コントロール
フルスクリーン
明色のテーマ
印刷

脅威ログ

フィッシング脅威

出典:

宛先:

脅威の内訳 - 直近 1 時間

マルウェア
フィッシング
C&C

脅威の傾向
  • 24 時間
  • 7 日
  • 30 日

脅威タイプ別の内訳

1 時間当たりの平均の脅威の傾向

マルウェア

過去 1 日 -

60

過去 1 週間 -

60

過去 1 か月 -

60

フィッシング

過去 1 日 -

60

過去 1 週間 -

60

過去 1 か月 -

60

コマンド & コントロール

過去 1 日 -

60

過去 1 週間 -

60

過去 1 か月 -

60
  • - 1 時間当たりの平均の脅威の傾向(すべての時間)
印刷先頭に戻る
脅威ログのリストには、前の時間のマルウェアフィッシングコマンド & コントロールの脅威の例が表示されます。ログの項目にマウスを置くと、脅威のタイプとリクエストの発生元/宛先に関する情報が表示されます。このドーナツグラフには、直近 1 時間に Akamai が緩和したマルウェアフィッシングコマンド & コントロールの脅威の内訳が表示されます。この脅威プロファイルは目まぐるしく変化します。左側の棒グラフには、長期間(最大 30 日間)のエンタープライズ脅威の傾向が表示されます。この棒グラフには、Akamai が緩和したマルウェアフィッシングコマンド & コントロールの脅威の内訳が経時的に表示されます。以下のリンクを使用して時間の長さを切り替えることができます。利用可能なオプションは 24 時間、7 日間、30 日間です。過去 1 時間に発見された脅威の内容については、棒グラフの横のドーナツグラフを参照してください。以下のグラフでは、Akamai が長期間にわたって緩和したマルウェアフィッシングコマンド & コントロールの脅威の詳細を確認できます。このブレットグラフには、各期間の 1 時間ごとの脅威が表示されます。縦の白線は、この脅威の全期間の平均を表し、内側の棒は、1 時間ごとの脅威の平均数、色(緑または赤)は、その期間の値が全期間の平均を上回っているか、下回っているかを示しています。スパーク線は、指定した期間の脅威タイプの線形トレンドを示しています。Akamai では、Akamai の Enterprise Threat Protector サービスがお客様に代わって事前にブロックしている驚異イベントを常時ログに記録しています。Enterprise Threat Protector は、マルウェアフィッシングコマンド & コントロールに対して事前防御する DNS ベースのセキュリティレイヤーを組織が迅速かつ簡単に展開できるクラウドベースサービスです。
脅威ログとマップには、Enterprise Threat Protector によって過去 1 時間以内にブロックされた一連の脅威のサンプルが表示されます。矢印は、悪意のあるドメインへのリクエストを送信したデバイスの場所と、リクエスト先のウェブサーバーの場所を示しています。
脅威マップには、ユーザーがリクエストしている地理的場所が表示され、リクエストが Enterprise Threat Protector によってブロックされていない場合には、目的の地理的宛先の場所が表示されます。表示されている脅威のタイプは色付きの矢印で表示されます。ドットは、悪意のあるドメインのリクエスト元の場所の典型的なサンプルです。脅威の矢印を表示するには、ドットをクリックしてください。