Kim Salem-Jackson

Senior Vice President、Global Marketing & Corporate Communications

Kim Salem-Jackson は、データ、テクノロジー、戦略が交わる分野を中心に 20 年以上のキャリアを築いてきたグローバルマーケティング担当役員です。マーケティング、コミュニケーション、特にデマンドジェネレーション、高度な分析、デジタルマーケティング、データサイエンス、セールスオペレーション、広報/アナリスト関係、従業員コミュニケーションの分野で豊富な経験があります。Salem-Jackson は、Akamai の Global Marketing & Corporate Communications 担当 Senior Vice President であり、国際市場、顧客、チャネルマーケティング、イベント、コーポレートコミュニケーションの各担当チームのほか、セールス開発部門も統括しています。

Akamai に入社する前は、Informatica にて複数部門でリーダーとしての役割を担ってきました。直近では、Worldwide Marketing and Business Development 担当の Senior Vice President を務め、ブランドの推進と、直接/間接販売事業の両方に対する需要の掘り起こしに注力してきました。Informatica では、グローバル規模で組織のパイプライン管理も主導し、予測分析を使用して四半期ごとの正確な予測を行いました。Informatica に入社する前は、Pegasystems と IONA Technologies(Progress Software および HoustonStreet Exchange により買収)で同様の任務を担当していました。そのキャリアの開始は、KHJ Interactive の広報部門でした。

米国サウスカロライナ大学でジャーナリズムおよびマスコミを専攻し、文学士号を取得しています。