Kim Salem-Jackson

Kim Salem-Jackson

Executive Vice President and Chief Marketing Officer

Kim Salem-Jackson は、Executive Vice President と Chief Marketing Officer を兼務しています。ブランド、通信、フィールドマーケティングおよびデジタルマーケティングなど、Akamai のグローバルマーケティング関連事業を指揮するとともに、営業およびサービスのトレーニングや能力開発プログラムも統括しています。

データに基づくグローバルマーケティングを主導する役員であり、その 20 年以上のキャリアを通じて、成長エンジンとしてのマーケティングの活用や、ビジネスに対するマーケティング効果の拡大に力を入れてきました。高度な分析やデータサイエンス、そしてこれらのデータを利用して最適なマーケティング効率を達成することに情熱を持って取り組んでいます。以前は、Akamai の Global Marketing & Corporate Communications 担当 Senior Vice President として、グローバルフィールド、顧客マーケティングとチャネルマーケティング、イベント、コーポレートコミュニケーション、販売開発の組織を率いていました。

2017 年に Akamai に入社する前は Informatica でリーダーの役割を果たしました。同社の Worldwide Marketing and Business Development 担当 Senior Vice President を務め、直接販売および間接販売の両事業でブランドの推進や需要拡大に取り組みました。Informatica では、グローバル規模で組織のパイプライン管理も主導し、予測分析を使用して四半期ごとの正確な予測を行いました。Pegasystems と IONA Technologies(Progress Software および HoustonStreet Exchange が買収)でも同様の役職を経験しています。そのキャリアの開始は、KHJ Interactive の広報部門でした。

現在、Akamai 財団の理事も務めています。サウスカロライナ大学でジャーナリズムおよびマスコミの文学士号を取得しています。