Akamai dots background

クラウド最適化を通じてより良いユーザー体験を配信

クラウドを活用して、より良いユーザー体験のカギを解く

クラウドの最適化によってさらに高品質のユーザー体験を推進するには? その答えはスピードを超えたところに存在します。 従来のコンピュータ環境であれ、モバイルデバイス上であれ、ユーザーのエンゲージメントの時点でページロードが高速であることが最重要な条件であることは言うまでもありません。 しかし、多様なデータやコンテンツソースによってコンテンツがますますダイナミックになるにつれて、ユーザーの求める速度を達成することは一層困難な課題となっています。

4 秒... 2 秒... 1 秒...

低速または不完全なページロードに対して、ユーザーは寛容でなくなる一方です。 これは特にオンライン小売部門において顕著で、ページロード時間とトランザクションの離脱の関連がずっと以前から記録されています。 4 秒から 2 秒、そして 1 秒と、サイトパフォーマンスの低さに対して買い物客は寛容でなくなる一方です。 他のタイプのサイトユーザーにも、ほぼ同じ傾向が見られます。 ますます増加を続けるオンライン体験を作り出すために使用されるデータの対象範囲とスケールを考えると、従来のインフラの設計は、ダイナミックコンテンツを目的とした検索、収集、アセンブル、配信には不向きです。 これは特に、ユーザーのトラフィックからであれ、データ集中型のトランザクションからであれ、負荷が大きい場合に当てはまります。 そこで魅力的なオプションとなるのがクラウドコンピューティングです。

より拡張性が高く、処理能力に優れたソリューション...

ダイナミックサイトの配信用プラットフォームとしてクラウドが魅力的な理由は簡単です。 第一に、従来のサーバーのアーキテクチャと比較して、ほぼ無限の拡張性があります。 この拡張性により、クラウドベースのサイトのインフラはほとんどすべてのトラフィックの要求を処理できるようになり、データ集中型のダイナミック体験を提供するための帯域幅がオンデマンドで使用可能になります。 この中には高度にカスタマイズされた個人向けのページ、HD(ハイビジョン)画質に近い TV を含むリッチメディアのほか、ビデオ会議、ウェブプレゼンテーションなど大きい帯域幅を必要とするアプリケーションも含まれます。

乗り越えるべき限界を見据えて...

従来のクラウドコンピューティング環境が直面するパフォーマンス上の主な課題は、そのアーキテクチャに根ざしています。 第一世代のクラウドプラットフォームは、比較的少数の大規模で高容量のデータセンターに収容されていました。 こうした大規模のデータセンターが世界最大のネットワーク上に収容されているとしても、そのデータセンターとエンドユーザーの間の平均距離は 1500 マイルを超えることになります。

答えは分散型ネットワークに

このような大規模の中央データセンターは、拡張性と容量を提供するには効果的ですが、データセンターとエンドユーザーの距離が増すにしたがってパフォーマンスに悪影響が出ます。 この理由で、パフォーマンスを最大限にするためにクラウドを最適化するには、エンドユーザーにより近いいくつもの場所に容量を配した分散型のクラウドが必要となります。 これが、あらゆるリクエストやデータ、コンテンツがエンドユーザーに到達するために通過しなければならないネットワーク「ホップ」の数を低減することになります。 距離が短ければ短いほど、ネットワークホップの数は少なくなり、スピードが増して、ユーザー体験がより良いものになります。 難しく考える必要はありません。

最適化をクラウドプロバイダーおよびユーザーに展開するには

地球規模のユーザーベースには、エンドユーザーにできるだけ近い場所からコンテンツを送信し、ネットワークホップの数を減らすためにグローバルなサーバーネットワークが必要です。 ユーザーベースによっては、数台のサーバーで十分なときもあれば、数千ものサーバーが必要となる場合もあります。

しかし、地球全体にわたってサーバーを分散させるだけでは答えとして完全ではありません。 クラウドプロバイダーは、ダイナミックなルート最適化テクノロジーを採用する必要もあります。これは、ユーザーのリクエストが届くと同時にリアルタイムで高速かつ信頼できるルートを識別する技術です。

アカマイについて

アカマイの Intelligent Platform™ は、世界中のネットワーク上にある 160,000 台以上のサーバーから構成されており、クラウドパフォーマンスに対するアカマイのソリューションの基盤となっています。 アカマイのクラウド最適化ソリューションの詳細はこちらをご覧ください。デバイスを問わず、いつでも世界中のユーザーにより良い体験を配信するうえで当社がどのようにお手伝いできるかを紹介します。