クラウドサーバー

クラウドサーバーは、リソースを所有および保持しているサードパーティのプロバイダーが利用ベースの料金で使用できるようにするコンピューティングリソースです。 本当の意味で「クラウド」サーバーとみなされるには、リソースをオンデマンドでプロビジョニングできることと、ユーザーが一般的にはウェブポータル経由で高度なセルフサービス制御を行えることが必要です。 クラウドサーバーは、生のコンピューティングリソースおよびストレージリソースとして(Infrastructure as a Service(IaaS))、またはアプリケーションの開発とテスト用の既成プラットフォームとして(Platform as a Service(PaaS))使用できます。 「クラウドサーバー」という用語は、IaaS または PaaS と最も密接に関連付けられる傾向がありますが、クラウドサーバーは Software as a Service(SaaS)を実現する舞台裏のインフラも提供します。

クラウドサーバーのメリット

クラウドサーバーを使用すると、企業は次のようなさまざまなメリットが得られます。

  • 資本支出なしで IT 機能を拡張できます。
  • 時間のかかるインフラの構築に行き詰まることなく、新しい IT 対応の製品やサービスを迅速に市場に投入できます。
  • ハードウェア、オペレーティングシステム、およびアプリケーションの保守や更新に関する継続的な問題を解決できます。
  • 新しい市場に進出したり大規模なビッグデータ分析プロジェクトに取り組んだりすることによって、最適なクラウドコンピューティング企業が提供するほぼ無制限の拡張性を活用できます。
  • オンプレミスのプライベートクラウドをパブリック・クラウド・サーバーで補完して、多様なコスト効率の良いハイブリッドクラウドを作成できます。

アカマイの 216,000 台を超えるクラウドサーバーを企業用に配置

Akamai Intelligent Platform は、世界の多くのトップブランドに代わってウェブコンテンツやウェブアプリケーションの配信を高速化および保護する、専門家されたクラウドサーバーのグローバルなネットワークです。 コンテンツプロバイダーや企業は、Akamai Intelligent Platform を構成する 216,000 台を超えるクラウドサーバーを活用して、アプリケーションパフォーマンス管理インフラをインターネットのエッジにまで瞬時に拡張できます。

アカマイの世界規模のクラウド・コンピューティング・アーキテクチャは、クライアントの次のような豊富なクラウドサービスを支援します。

  • ウェブページ配信のエンドツーエンドの高速化。モバイルや固定回線デバイスにリアルタイムのルート最適化、プロトコル最適化、Front End Optimization(フロントエンド最適化、FEO)などのさまざまな技術を活用します。
  • ストリーミングビデオやその他のリッチメディア用のクラウドベースのトランスコーディングおよび配信最適化サービス。
  • ウェブサイトやウェブアプリケーションをインターネットベースの脅威から保護するのに役立つセキュリティソリューション。
  • 企業がより良いエンドユーザー体験をプライベートクラウドまたは SaaS アプリケーションから提供するのに役立つクラウド管理ソリューション。
  • 他にもたくさんあります。

インテリジェント・クラウド・サーバーのアカマイ・グローバル・ネットワークの詳細をご覧ください

サービスプロバイダーおよび企業向けのアカマイソリューションの詳細をご覧ください。