Dark background with blue code overlay

Mani Sundaram

Mani Sundaram

EVP and General Manager, Security Technology Group

Mani Sundaram は、Executive Vice President と Akamai の Security Technology Group の General Manager を兼務しています。General Manager として、Akamai のセキュリティソリューションの戦略と製品の方向性を監督し、エンジニアリング、製品開発、製品管理の各部門で中心的な役割を担っています。また、その職務の一環として、Akamai の内部情報セキュリティ組織も監督しています。マサチューセッツ州ケンブリッジにある Akamai のグローバル本社に勤務しています。

Sundaram は、セキュリティ分野のイノベーションと成長を次の段階に推し進める役割を担っています。DDoS 防御、Web アプリケーションと API の保護、ボット管理における Akamai のマーケットリーダーとしての地位を押し上げると同時に、ゼロトラスト・ネットワーク・アクセス、多要素認証、セキュア Web ゲートウェイ、ゼロトラストのセグメント化における新しいソリューションを生み出してさらなる成長に貢献しています。Akamai のさまざまな役職を歴任し、技術的に深い知識を幅広く身につけ、急成長するセキュリティ分野のお客様のニーズについて独自の理解を深めています。

以前は Akamai の CIO として、Akamai のグローバルサービス部門(カスタマーサクセス、Professional Services、サポートサービス)、情報テクノロジー部門、情報セキュリティ部門を統括していました。2007 年に、Professional Services のアーキテクトとして Akamai に入社し、大手メディア企業のコンサルティング業務に携わりました。Akamai のお客様が世界最大級のオンラインイベントを管理するために利用する、新しいサービスおよびサポートパラダイムの構築に尽力しました。また、世界中に散らばる Akamai のサービスチームを 1 つのグローバル組織に統合する責任も担ってきました。Prolexic のセキュリティサービスを Akamai のグローバルサービス組織に統合する際には、Akamai がセキュリティのリーディングベンダーの地位を確立できるようにサポートしました。Akamai に入社する前は、Virtify Inc. と Stratus Technologies において、エンジニアリング、マーケティング、クライアントサービスの分野でさまざまな役割を担ってきました。

ノースイースタン大学でコンピューターサイエンスの修士号を、インドの BITS Pilani で情報システム学士号を取得し、ハーバード大学エクステンションスクールで CSS(Certificate of Special Studies in Administration and Management)を修了しています。