スクリプト攻撃からサイトを守る

Web ページの整合性を強化するために必要な知見をご提供いたします。

動的でパーソナルなユーザー体験の提供、支払処理の簡易化、訪問者の再ターゲティングなど、JavaScript は組織にとって欠かせないものとなっています。スクリプトが多用され、依存度が増しているにも関わらず、こうしたスクリプトが悪質なコードインジェクションに脆弱であることはあまり認識されていません。クライアント側への攻撃は、組織に経済的被害と評判の失墜をもたらすリスクがあります。

このページ整合性レポートでは、盲点となっている潜在的なセキュリティ問題が提示され、Magecart やその他のスクリプト攻撃の防御に Akamai がどのように役立つかのかをご確認いただけます。

このレポートでは、以下について説明しています。

  • Web ページで稼働しているスクリプトの総数を集計する
  • Web ページで現在稼働しているサードパーティスクリプトの数を把握する
  • Web サイトのセキュリティに中程度または高いリスクをもたらしているサードパーティの影響について知る
  • Web サイトの機微な情報の情報元/宛先ドメインを使用することによるリスクについて、知見を得る
  • 貴社の Web サイト全体のパフォーマンスにスクリプトが及ぼす影響をご確認いただけます。

フォームに必要事項をご記入ください。無料のページ整合性レポートをお送りいたします。

レポートをリクエストするには、[Business Website](会社の Web サイト)フィールドに URL を入力します。(ホームページ、アカウント作成ページ、ログインページなど、複数のレポートを生成できます)

複数のドメインをファーストパーティとみなすには、[First Party Domains](ファーストパーティドメイン) フィールドにそれらのドメインを入力します。たとえば、URL が「www.mywebsite.com/homepage」の場合、[First Party Domains](ファーストパーティドメイン) フィールドに「mywebsite, mycdn」と入力できます。このフィールドに値を入力しない場合、URL のドメインのみがファーストパーティドメインとみなされます。