PRESS RELEASES

アカマイ、予測コンテンツ・デリバリー・ソリューションを発表モバイルデバイスで瞬時に動画を起動可能

コンテンツプロバイダー、オンライン動画プラットフォーム、 移動体通信事業者向けに新機能を提供するために設計された 予測コンテンツ・デリバリーソフトウェア開発キットと Akamai WatchNow アプリケーション

東京, Mobile World Congress 2016 | February 22, 2016

Share

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)サービスのグローバルリーダー、アカマイ・テクノロジーズ・インク(NASDAQ:AKAM、以下アカマイ)は本日、同社の予測コンテンツ・デリバリー・ソリューションを発表しました。この新しいソリューションは、あらゆるネットワークのモバイルデバイスへ HD 品質の動画を配信することに伴う課題の解決を目的として、安全なコンテンツ・デリバリーとオンデバイス・キャッシングを最適化し、動画の品質を高め、あらゆるネットワークとあらゆるデバイスでのオフライン視聴を可能にするように設計されています。

モバイルでの動画視聴の増加により、メディア企業と通信事業者の両者に、セルラーネットワークでのモバイルデバイスへの動画配信規模を拡大する戦略を採用する必要性を迫っています。しかしながら、高品質で安全な動画をモバイルデバイスに配信するには、いくつかのきわめて特殊な課題があります。たとえば、ネットワークパフォーマンスは、時間帯、地理的条件、障害物、環境による干渉などの要因の影響を受け、大きく変化する可能性があります。このような要因にもかかわらず、ユーザーは、動画がデバイスや地理的位置に関係なく瞬時に開始され、バッファリングなしに再生され、満足度が高く高品質の視聴体験を提供してくれることを期待しています。さらに、加入者はネットワークに一切接続されていない時でもコンテンツが利用できることを期待しています。

「モバイルは、オンライン動画の顧客ロイヤルティーと顧客満足を生み出すための重要なデバイスとなっており、アカマイの予測コンテンツ・デリバリー・ソリューションは、顧客がこのような傾向を最大限に活用できるよう、強力なツールセットを提供するために設計されています」と、アカマイの Emerging Mobile Business Unit 担当シニア・バイス・プレジデント兼ジェネラルマネージャーのリオール・ネッツァー(Lior Netzer)は述べています。「ユーザーを定着させるには、ネットワークの状況、デバイスのタイプ、コンテンツに関係なく、すぐれた視聴者体験を提供することが前提です。これこそ、予測コンテンツ・デリバリー SDK と Akamai WatchNow アプリケーションがめざすことです」。

アカマイの予測コンテンツ・デリバリー・ソリューションは、特にコンテンツプロバイダー、動画プラットフォームプロバイダー、移動体通信事業者(MNO)のニーズを満たすために設計されました。既存のメディアアプリや新しいメディアアプリに簡単に統合できるソフトウェア開発キットと、即時利用できるホワイトラベル Akamai WatchNow アプリケーションという 2 つの形態があり、どちらのオプションでも、次の重要な機能と利点を利用できます。

  • ユーザー設定と視聴行動に基づいて、エンドユーザーのデバイスで新しい動画を事前配置したりキャッシングしたりすることにより、コンテンツの検索が容易になり、オフライン視聴が可能になります。
  • Wi-Fi ネットワークのみでの配信、あるいは、事前に設定したピーク時を避けた時間帯での配信などのパラメーターに基づいて配信スケジュールを設定することにより、移動体通信ネットワークに対する大規模なネットワークインフラストチャのアップグレードが必要なくなります。
  • 動画品質とユーザー体験の向上により、選択、利用、ブランドの認知を促進し、新しい収益機会をサポートできます。
  • デバイス管理機能により、ユーザーはキャッシングに使用できるデバイスの容量などの設定を定義できます。これにより、ユーザーは個々のユーザー体験とユーザー設定を制御できます。

世界をリードするオンライン動画プラットフォームプロバイダーであるSaffron Digitalは、予測コンテンツ・デリバリーソフトウェア開発キット を自社のプラットフォーム全体に、完全に統合しました。これにより、顧客はネットワーク状況に関係なく、EST、TVOD、SVOD サービスで、これまでより豊富なおすすめコンテンツを HD で配信できるようになりました。

「この市場でトップクラスのテクノロジーを有する アカマイ と提携し、Saffron Digital の MainStage プラットフォームと統合したことを喜ばしく思います。今後も引き続き革新的なマルチプラットフォーム動画サービスを推進していく所存です」と Saffron Digital の CEO、Jason Keane 氏は述べています。「両社の提携を通じて、ネットワーク状況やデバイスのタイプに依存せずにパーソナライズされた高品質の体験を予測的に配信することにより、ユーザーのコンテンツ消費を拡大しています」。

さらに、アカマイ は Verimatrix と提携し、モバイルデバイスに配信するコンテンツ向けの強固な DRM を提供する予定です。Verimatrix VCAS for Internet TV ソリューションにより、OTT サービス向けの安全な HLS および DASH ストリーム(ライブコンテンツと動画オンデマンドコンテンツを含む)をすべてのデバイスカテゴリーに対して確実に配信することができます。

「目まぐるしく変動し、ますます多様化するモバイルデバイスの世界で、複雑な著作権管理を行う包括的な方法をサービスプロバイダーに提供できることを喜ばしく思います」と Verimatrix の CTO、Petr Peterka 氏は述べています。「アカマイの予測コンテンツ・デリバリー・ソリューションは、革新的で高品質の動画サービスを保護する Verimatrix VCAS 収益保護ソリューションの柔軟性と価値をさらに高めるものです」。

アカマイについて:

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク (CDN: https://www.akamai.com/cdn)サービスのグローバルリーダーとして、アカマイは、インターネットを高速、安全、信頼できるものとしてお客様がご利用いただけるようにします。アカマイの先進的なウェブパフォーマンス、モバイルパフォーマンス、クラウドセキュリティおよびメディア配信の各ソリューションは、デバイスと場所を問わず、コンシューマ体験、エンタープライズ体験、およびエンターテイメント体験を企業が最適化する方法を大きく変化させています。アカマイのソリューションとそのインターネット専門家チームが、企業のより速い進歩にいかに貢献しているかについて、またはおよびTwitterの@Akamaiで詳細をご紹介しています。

 


Media Contacts