Akamai dots background

DDoS

過去 15 年以上にわたり、分散型サービス妨害攻撃(DDoS 攻撃)は、ウェブサイト、サーバー、ネットワークにとって主要な脅威のひとつになりました。 DDoS 攻撃は、マルウェアを使用して数千台のコンピュータをリモートでコントロールし、特定のターゲットに偽のリクエストを送信させます。 マシンまたはネットワークのリソースを大量に使用し、ユーザーが使用できないようにするように設計された DDoS 攻撃は、企業の運用、評判、生産性、収益に重大な損害を与えることがあります。

その頻度にかかわらず(一部では毎日数千の攻撃が実施されていると見積もられています)、DDoS の脅威から防御するのは困難です。 DDoS の手法は年々巧妙になり、新たな脆弱性を利用し、従来のファイアウォールに侵入する方法を見つけます。 近年、DDoS ハッカーはネットワークおよびトランスポートレイヤーからアプリケーションレイヤーにシフトし、レイヤー 7 プロトコルを利用しています。 DDoS 攻撃を防御する優れたソリューションを採用したい企業に対して、アカマイは先進的な DDoS 防御用のクラウドベースのエンタープライズソリューションを提供します。

アカマイの DDoS ソリューション

Akamai Kona Site Defender は、増大する DDoS 攻撃の頻度、巧妙さ、規模に対してマルチレイヤー型防御を提供します。 世界のいくつかのトップブランドは、アカマイの信頼できるウェブ・セキュリティ・ソリューションに依存して、オンラインプレゼンスを保護し、ウェブパフォーマンスを確保しています。

Akamai Intelligent Platform™ の能力を利用する Kona Site Defender は、サイトのパフォーマンスを低下させたり可用性に影響を与えたりすることなく、データセンター以外にもウェブセキュリティを拡張します。 DDoS 攻撃がオリジンに到達する前に検出、識別、緩和する機能を搭載したこのアカマイのソリューションは、組織がダウンタイムを最小化し、コストを削減し、攻撃中もウェブとアプリケーションのパフォーマンスを維持できるよう支援します。

Kona Site Defender は、ネットワークレイヤーの DDoS トラフィックをかわし、アプリケーションレイヤーの DDoS トラフィックをネットワークエッジで吸収して攻撃を効果的に阻止します。 攻撃が顧客のオリジンに到達する前にクラウド内で阻止するために、Kona Site Defender はパス上にミティゲーション機能を実装します。 このソリューションは、拡張性の高い Web Application Firewall(WAF)も使用します。WAF は、SQL インジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)など、HTTP および HTPS トラフィック内のアプリケーションレイヤー攻撃を防御します。

DDoS 攻撃にアカマイを使用するメリット

企業は Akamai Kona Site Defender に依存して次のことを実行できます。

  • 最大の DDoS 攻撃を回避することでダウンタイムとビジネス上のリスクを低減する。
  • アカマイのグローバル分散アーキテクチャにより攻撃中もパフォーマンスを維持する。
  • アカマイの Threat Intelligence チームが定期的に更新する Kona Rules で新たな脅威や進化した脅威を防御する。
  • 拡張性の高い Web Application Firewall を使用してデータ盗難のリスクを軽減する。
  • ウェブセキュリティの実施コストを削減する。