Media Services On Demand

最適化されたクラウドエコシステムで、コンテンツの「アップロードから公開まで」の時間を短縮

オンデマンドコンテンツのプロバイダーは、これまでにないほど大きな需要の増加や期日の短縮に直面しています。Akamai の Media Services On Demand ソリューションを使用すれば、このような課題の対応に必要とされる柔軟な拡張性を得られるとともに、視聴者が期待する高品質のメディア制作に必要な複雑な設定と継続的メンテナンスを簡素化できます。クラウドで設計され、特許出願中のテクノロジーを活用した Media Services On Demand は、オンデマンド・コンテンツ・ライブラリのトランスコーディング、パッケージング、セキュリティ確保に必要な要素を備えています。

製品概要を見る
Media Services On Demand
???Watch the Video???

Media Services On Demand

コンテンツ配信の競争が激しい現在、高品質のコンテンツをオンデマンドで迅速に配信できることが最優先事項となっています。視聴者は、どのデバイスからでもコンテンツに即座にアクセスして魅力的なオンラインメディアを視聴できることを期待していますが、コンテンツをオンラインで迅速に提供することは、視聴者を喜ばせるためだけではなく、収益の最大化にもつながります。

迅速に視聴できれば、コンテンツの表示回数が増え、最終的に広告収入が増えることになります(該当する場合)。しかし、コンテンツをオンラインで迅速に提供するためには、サービスプロバイダーは多数のハードウェアベースのリソースを展開することが必要になり、計画していたよりも多くの設備投資を余儀なくされる場合があります。コンテンツ準備の複雑なワークフローの実装も必要になり、動画ストリーミングの品質が犠牲になる可能性があります。

これらすべてが、オンライン動画のビジネスモデルの構築と拡大を難しくしています。その課題には以下のようなものがあります。

  • 高品質 – コンテンツをオンラインで迅速に配信するだけでは不十分です。視聴者はすべてのデバイスで放送レベルの品質を求めています。
  • ワークフローの複雑さ – 動画のワークフローは絶えず進化しており、新しい標準が続々と出てきています。オンデマンドワークフローは、動画テクノロジーにおける今後の変化に対応できるものでなければなりません。
  • 需要 – 必要に応じて自動的に需要を拡張できなければなりません。
  • コストを管理しながらピーク需要まで拡張 – オンデマンドワークフローは変化しやすいものです。慎重に管理しなければ、本当に必要なときに使えるサーバーがほとんどなかったり、多数のサーバーが次回まで使われない状態になったりする可能性があります。
  • セキュリティ – 市場をリードする DRM を使ったコンテンツの保護や、セッションごとの透かしセキュリティの統合などを、プレミアム動画戦略の中心に置くべきです。

その他のリソース

  • メディアコンテンツのワークフローをクラウドへ
    メディアコンテンツのクラウドへの移行について、詳しくご確認いただけます

    ホワイトペーパーをダウンロード
  • プレミアムコンテンツ向けにクラウドベースのワークフローを保護するには
    この Akamai ホワイトペーパーでは、クラウドベースワークフローのセキュリティに関する詳細をご確認いただけます。

    ホワイトペーパーをダウンロード