Okta-SSO for Internal Apps

社内アプリ用のシングルサインオンの取得

テクノロジーの発展に伴い、ますます多くのアプリケーションが単に便利なツールから、ビジネスに不可欠なツールへと変化してきました。課題は、優れたユーザー体験と企業にとって最高のセキュリティを実現するアクセスを提供することです。

Okta は、シングルサインオン(SSO)テクノロジーによって、従業員と請負業者が、どちらも 1 度のログインで重要なアプリケーションにアクセスできるようにします。これを使用することも、企業が簡単で安全かつ便利なリモートアクセスを提供する 1 つの方法です。

Okta は多くのアプリケーションと連動しますが、非 SAML アプリケーションなど、サポート対象から漏れるアプリケーションは存在し、それらには他のテクノロジーが必要となります。

しかし、非互換アプリケーション用に新たなログインを作成すると、シームレスな Okta 統合のメリットが損なわれます。そうした場合こそ、Enterprise Application Access に目を向けましょう。

Oracle、SAP、Atlassian、Microsoft 製のアプリケーションは Okta とは連動しません。また、サプライチェーン、財務、製造、DevOps、コラボレーション用に内部開発された企業アプリケーションも、Okta(SAML 対応 ID プロバイダー)との連動を意図して設計されていない場合もあります。

Enterprise Application Access(EAA)は、SAML をサポートしていないために以前は Okta を利用できなかったアプリケーションの SSO ギャップを埋める働きをします。その結果、真にシームレスな SSO 体験が生まれます。

Okta + Akamai のサポート対象:

  • Oracle、SAP、Atlassian、Microsoft 製の非 SAML アプリケーション
  • 内部開発された企業アプリケーション
  • すべての SAML 対応アプリケーション

その他のリソース: