クラウド・コンピューティング・インフラストラクチャ

今日、クラウド・コンピューティング・サービスの種類は非常に多様化しています。 しかしその中身を見てみると、いずれのクラウドサービスも基本的には同じクラウド・コンピューティング・インフラを使用しています。 これらのサービスが提供するクラウドコンピューティング特有のメリットは、この共通のインフラによって実現されているのです。

クラウド・コンピューティング・インフラの基本的特性

クラウドは、パブリックとプライベートのいずれかの形態で、さまざまな IT 機能をサービスとして提供します。 種類の違いはあるにせよ、インフラという観点で見た場合、クラウドにはどのような特性があるのでしょうか

クラウドサービスは、導入方法に違いはあるものの、クラウド・コンピューティング・インフラについては次の共通する特性があります。

  • 仮想化技術の活用。 クラウドコンピューティングは仮想化なしでは語れません。プールされた IT リソースを柔軟かつ効率的に使用できるクラウドの特性は、仮想化によって実現されているものです。 クラウド・コンピューティング・インフラでは通常、ストレージやネットワークの仮想化と、サーバーの仮想化が利用されます。
  • 自動化技術の活用。 予測不能なユーザーニーズにすばやく対応するため、クラウドサービスでは、コンピューティング、ストレージ、およびネットワーキングリソースのプロビジョニングとスケーリングを自動化するソフトウェアが使用されています。
  • セルフサービスのインターフェイス。 クラウドサービスの特徴の 1 つは、ユーザーがサービスプロバイダの助けを借りず、ウェブインターフェイスを通じてサービスを起動できるという点にあります。 そのためクラウド・コンピューティング・インフラでは、ウェブ指向のサービス API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)をサポートすることが重要な要件となっています。 通常は、(API を呼び出す)ウェブポータルがサービスユーザーに提供されますが、場合によっては、API を呼び出すアプリケーションをユーザーが独自に作成できるよう、API 自体がサービスユーザーに公開されることもあります。
  • マルチテナンシとメータリング。 クラウドサービスのもう 1 つの特性は、複数の顧客によって使用されるという点です(プライベートクラウドの場合でも、会社内の複数の事業部が使用するという意味では複数の顧客が存在します)。 クラウド管理ソフトウェアとそのクラウド・コンピューティング・インフラには、異なる顧客に関連付けられたトラフィックやデータストレージを物理的または論理的に分離する機能が必要です。また、サービスの使用量を顧客ごとに細かく追跡し、レポートや請求書にそれらを反映できるようにする機能も必要です。

データセンターの枠外にまで配慮したクラウド・コンピューティング・インフラ

あまり意識されないこともありますが、クラウドアーキテクチャの設計にはパブリックインターネットへの考慮も欠かせません。 多くの場合、エンドユーザーはインターネットを通じてクラウドサービスを利用するため、クラウドサービスのパフォーマンスはインターネットの変わりやすい利用状況によって大きく影響されます。 プライベートのエンタープライズ・クラウド・サービスでも、ユーザーが地理的に分散している場合や、モバイルデバイスからサービスにアクセスする場合は、やはりインターネットの影響を受けます。

Akamai では、パブリックやプライベートのクラウド事業者が、さまざまなデバイスを使用する全世界のエンドユーザーにインターネット経由で高度なクラウドサービスを提供できるよう支援しています。 コンテンツ配信とアプリケーション高速化を支援する Akamai のグローバルなプラットフォームは、世界 100 カ国以上の 175,000 を超えるサーバーにまたがっています。これを利用することで、サービスプロバイダは自社のクラウドネットワークを拡張し、世界のインターネットユーザーの 90% を 1 回以下のネットワークホップでカバーすることができます。 またその結果として、より安定的で快適な体験をクラウド・サービス・ユーザーに提供し、サービスの定着率とブランドロイヤルティを高めることができます。

クラウド・コンピューティング・インフラの拡張に役立つ Akamai のソリューションをご紹介します