トラフィックやリスクレベルに応じた最適な DDoS 防御とは?

Gartner 社の 2020 Market Guide を Akamai から無料でご入手いただけます。今すぐご確認ください。

DDoS 攻撃のリスクはかつてないほど高まっています。しかし、ソリューションプロバイダー市場の状況は、購入者にとってわかりにくいものです。Gartner 2020 Market Guide for DDoS Mitigation Services(Gartner 2020 DDoS 緩和サービスのマーケットガイド)* は、今日の防御オプションに関する知見を提供するとともに、組織がそれぞれのリスクレベルに基づいて DDoS サービスを購入することを推奨しています。レポートの内容は以下のとおりです。

  • DDoS 緩和市場のセグメントとその違い
  • 市場およびベンダーの分析
  • 重要な調査結果と提案

Akamai は、DDoS 緩和について、専門性の高い防御機能を多層的に組み合わせたメッシュ型アプローチを採用しています。この方法は、機能停止、耐障害性の低下、緩和品質の低下など、単一プラットフォームのアプローチで発生しがちな落とし穴を回避できるように設計されています。

この Gartner レポートでは、さまざまな DDoS 緩和ソリューションやベンダーの比較、および各組織のニーズに最適なアプローチについてご確認いただけます。

* 英語のみでの提供となります

GARTNER は、Gartner, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

Gartner、Market Guide for DDoS Mitigation Services(DDoS 緩和サービスのマーケットガイド)、Lawrence Orans、Rajpreet Kaur、Claudio Neiva、2020 年 12 月 16 日。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。