本文書は、Akamai Technologies, Inc.(「アカマイ」)が所有する、アカマイの Download Manager サービス製品との関連で役立つ特定のソースコード(「本ライセンス提供型テクノロジ」)の使用許諾契約(「契約」)です。

本契約をお読みください。 本ライセンス提供型テクノロジ、またはライセンス提供型テクノロジの修正済みバージョン(二次的著作物、メンテナンス、または機能強化(以下に定義)を含む)を使用することにより、お客様(「ライセンシー」)は以下の規定に同意するものとします。 ライセンシーが本契約の規定に同意しない場合、本ライセンス提供型テクノロジをライセンシーの環境と統合すること、またはその他のあらゆる目的で使用することはできません。

本ライセンス提供型テクノロジは、Akamai Download Manager で使用するためのユーザー・インターフェース・コンポーネントおよびコントロールを提供するライブラリであるソフトウェアコード "dlm.js" から構成されます。 本ライセンス提供型テクノロジは、ソースコード形式で提供されます。 アカマイは、本ライセンス提供型テクノロジをお客様に提供する権利を所有または保持しており、その一部は著作権で保護されていることがあります。

ライセンス。 アカマイは、本ライセンス提供型テクノロジを使用するための制限付き、非独占的、譲渡不能、かつ移転不能な権利およびライセンスをライセンシーに供与し、ライセンシーはアカマイからこれを受理するものとします。 ライセンシーは、サード・パーティ・サービスで使用するためにライセンス提供型テクノロジを使用および配布する権利を有します。ただし、アカマイはかかるサード・パーティ・サービスに関して、本ライセンス提供型テクノロジのこうした使用、改造、または配布をなんらかの方法でサポートする責任を負いません。

ライセンシーは、本ライセンス提供型テクノロジをサード・パーティ・サービスとともに使用することはできません。 ライセンシー自身、そのアフィリエイトまたはサードパーティは以下を行ってはならず、サードパーティに以下を許可することもできません: (i)なんらかの方法で "dlm.js" を変更すること、(ii)本契約で明示的に許可されている場合を除き、本ライセンス提供型テクノロジを使用、販売、再許諾、譲渡、または移転すること、(iii)本ライセンス提供型テクノロジ、二次的著作物、もしくは修正または機能強化をサードパーティに開示すること、(iv)アカマイサービスの利用に関連する場合を除き、本ライセンス提供型テクノロジを使用して製品またはサービスを提供すること、(v)本文書で明示的に許可される場合を除き、本ライセンス提供型テクノロジをコピーまたは配布すること、(vi)本ライセンス提供型テクノロジから、その機密性もしくはアカマイの所有権を示す文言または呼称(アカマイの著作権やその他の所有権に関する通告または商標表示を含む)を削除すること。 疑義を回避するために、他に定める場合を除き、ライセンシーおよびその他の人物は、本ライセンス提供型テクノロジ、二次的著作物、もしくは修正または機能強化をサービスに関連する以外の目的で自身またはサードパーティのために使用することは許可されません。

本ライセンス提供型テクノロジ、二次的著作物、ならびに修正または機能強化に関するその他すべての権利はアカマイが保有するものとします。

本ライセンス提供型テクノロジに対するアカマイの所有権。 アカマイが作成したすべての二次的著作物およびすべての修正と機能強化を含む本ライセンス提供型テクノロジにおける権利、特許、著作権およびその他の所有権は、かかるライセンス提供型テクノロジが体現されるメディアを問わず、現在または将来にわたり、すべてアカマイに帰属します。 ライセンシーは、本ライセンス提供型テクノロジを修正しないこと、ならびにライセンシーもしくは単独あるいは他者と共同で行動するその従業員や代理店が取得した本ライセンス提供型テクノロジに対するすべての修正または機能強化が、二次的著作物を含め、それらに関連するすべての知的財産権とともにアカマイの独占的財産であることに同意するものとします。 本文書で定める義務に有効性を与えるためにアカマイが合理的に要求する場合、ライセンシーは、こうしたさらなるアクションの実行およびさらなる文書化の実施に同意するものとします。 ライセンシーは、本ライセンス提供型テクノロジ、二次的著作物、もしくは修正または機能強化におけるアカマイの所有権に異議を唱えないことに同意するものとします。 ライセンシーは、明示的にも暗黙的にも、本ライセンス提供型テクノロジ、二次的著作物、もしくは修正または機能強化において、本文書で付与する限定的な使用権以外の所有権またはその他いかなる種類の財産権も持たないことに同意するものとします。

提供。 アカマイは、適用されるユーザー文書(存在する場合)などで他に合意がある場合を除き、ライセンシーに対して電子的な手段でコードを利用可能にします。 ライセンシーは、ライセンス提供型テクノロジを受領したことの確認をアカマイに提供する必要があります。 ライセンシーは、実装ドキュメントで提供されいているリンクを使用して、アカマイがホストする "dlm.js" の本稼働バージョンにリンクするものとします。 ライセンシーは、"dlm.js" を独立してダウンロードおよびホストすることはできません。

メンテナンスと機能強化。 アカマイが、本ライセンス提供型テクノロジの保守、機能強化またはその他のサポートを要求されることはありません。 アカマイは、本ライセンス提供型テクノロジに対する修正をライセンシーに提供することに同意します。かかる修正は、アカマイのコードベースで随時実装されることがあります。 アカマイは、機能強化の開発を行うかどうかを決定する権利を保有します。 アカマイが機能強化の開発を行うことを決定する場合は、プロフェッショナルサービスの性質において合理的な努力に基づいて行うものとします。 かかるプロフェッショナルサービスの提供の料金とコストは、当該機能強化要求に関連して書面で合意するものとし、書面での合意がなされない場合は、アカマイの標準レートで時間および資材を基準に決定されるものとします。 アカマイによる明示的な同意がない限り、機能強化の保証は行われません。 書面による相互の同意がない限り、アカマイはライセンシーの技術担当者に本ライセンス提供型テクノロジのトレーニングまたはサポートを提供する責任を負いません。 ライセンシーは、本ライセンス提供型テクノロジの最新バージョンのみ使用する必要があります。

ライセンス料。 本ライセンス提供型テクノロジにライセンス料はありません。

期間と解約。 本文書で付与するライセンス権は、ライセンシーがサービスの使用を中止するまで効力を有します。 一方の当事者が本契約に違反した場合、他方の当事者は解約が有効になる日付(「解約日」)を違反当事者に書面で通知することで本契約を解約できます。かかる日付は、裁判所命令で定められていない限り、書面による通知の日付から 10 日以内であってはなりません。 本項に示す違反に対する措置は網羅的なものではなく、法律あるいは衡平法のもとでとりうる他の措置を除外するものではありません。

存続。 本契約がなんらかの理由で解約された後も、「保証と免責事項」、ならびに「法的責任の制限」の項の条項は存続するものとします。 衡平法上の救済。 以下に示す場合を除き、条項 IV に基づいて当事者に付与される権利は、本契約に定める、もしくは法律あるいは衡平法のもとでとりうる他の措置に追加され集積されるものです。 ライセンシーは、本契約の違反により、金銭の支払いだけでは回復できず、金銭的な賠償では完全には救済できない修復不能な損害が生じることを理解するものとします。 本項のいずれの条項も、合法的な形式の衡平法上の救済または裁判所により命令されたかかる救済について利用可能な対策を一方の当事者が求める権利、または裁判手続きを開始する権利を制限することは意図していません。

保証と免責事項。 アカマイは、アカマイが本ライセンス提供型テクノロジに対するすべての権利、権限および利益の所有者であること、ならびに本ライセンスをライセンシーに供与する権利を有することを保証します。 アカマイは、本ライセンス提供型テクノロジに誤りがないこと、または本ライセンス提供型テクノロジの使用許可が中断されないことは保証いたしません。 アカマイは、サード・パーティ・サービスに関して、Player Framework が使用、改造、配布された後は、それに関する保証や表明を一切行いません。 本文書で明示的に記載されている場合を除き、本ライセンス提供型テクノロジは「現状のまま」で提供され、いかなる保証も行われません。本契約は、商品性や特定目的への適合性、権利侵害がないことの暗黙の保証をすべて含む、本ライセンス提供型テクノロジに関するすべての明示的、暗黙的、法的な表明または保証を除外し、アカマイはこれを明示的に否認します。

法的責任の制限。 いかなる場合においても、アカマイは、データの喪失または破損、ビジネス上の利益の逸失、業務の中断、システム停止による損失、正確な伝送の失敗、情報の読み取りまたは伝送、システムの非互換性または不正な互換性情報の提供、もしくは本ライセンス提供型テクノロジのライセンス供与、提供、実行、または使用から生じた特別、処罰的、偶発的、結果的、間接的な損害について、かかる当事者がそうした損害の可能性を知らされていた場合であっても、また、本契約に関連して生じた措置の本来の目的が果たされない場合であっても、契約、保証、不履行、無過失責任、またはその他の法律もしくは衡平法の理論に基づく責任を負わないものとします。 本文書にこれと異なる規定がある場合でも、ライセンシーとそのお客様の間の契約で定められた保証、条項、または義務の違反に関するライセンシーのお客様からの請求は、ライセンシーのみの責任および費用となります。 責任の配分と制限は、他の措置の成功または効果を問わず、当事者間の関係に固有のリスクの配分に関して当事者間で合意され交渉された理解を表すものとします。

準拠法。 本契約は、マサチューセッツ州の法律に準拠し、それに従って解釈されます。 その他。 本契約は、本契約で明示的に制限された範囲を除き、当事者およびその後継者と譲受人を拘束し、その利益のために効力を生じます。 本契約に基づく権利、権限、措置に関して当事者の一部による行使の失敗、取引の過程がないこと、ならびに行使の遅延は、権利の放棄とは見なされません。当該権利、措置、権限の単一または一部の行使、もしくは他の権利、権限、措置の行使は、当該権利、措置、権限のその他または以後の行使、または他の権利、措置、権限の行使を妨げるものではありません。 すべての措置は集積的であり、法律によるか、衡平法またはその他によるかを問わず、当事者が利用可能な他の措置を排除するものではありません。

定義

「サービス」とは、通常のビジネスの過程においてアカマイが提供するすべてのメディアデリバリーおよび関連サービスを意味します。 「サード・パーティ・サービス」とは、サードパーティが提供するメディア・デリバリー・サービスであり、サードパーティのコンテンツ・デリバリー・ネットワーク・サービス・プロバイダを含みます。 サード・パーティ・サービスには、CDN スイッチング、トラフィックの共有または分割は含まれません。 「二次的著作物」とは、改訂、機能強化、修正、変換、要約、圧縮、拡張、または既存の著作物を改作、変形、改造する可能性のあるその他の形式など、1 つ以上の既存の著作物に基づく著作物を意味し、こうした既存の著作物の著作権の所有者の承認なくして準備された場合に著作権侵害となるもので、こうした既存の著作物を組み込むコンパイルを含みます。 「機能強化」とは、本ライセンス提供型テクノロジに対する任意のタイプの更新、アップグレード、新規バージョン、追加、拡張、インターフェース、および改良を意味します。 「メンテナンス」とは、本ライセンス提供型テクノロジに、機能強化を構成しない任意のタイプの変更、改訂、および修正を加えることを意味します。 「人物」とは、個人、企業、パートナーシップ、有限責任会社、企業合同、組合、その他の事業体または組織で、政府または自治体、その部局あるいは機関を含みます。