重要:よくお読みください。お客様による Akamai の SPS および DNSi ソフトウェアの使用には、以下の法的条件が適用されます。

エンドユーザー使用許諾契約
(ダイレクト)

本エンドユーザー使用許諾契約(「本契約」)は、ダウンロード日に発効する、お客様(「お客様」)と Akamai Technologies, Inc.(「当社」)によって締結される契約で、当社がお客様に本ソフトウェアを提供する際に適用される条件が記載されています。

本契約を承諾することにより、お客様は、本契約の当事者となること、および本契約の条件によって拘束されることに同意するものとします。お客様は、お客様が署名した契約書と同様に本契約が強制可能であることに同意するものとします。お客様の従業員または請負業者(「本代理人」)がお客様に代わって本契約を締結する場合、本代理人は、お客様を本条件に拘束する権限を有していることを表明し、保証するものとします。承諾ボタンをクリックするか、またはプロンプトが表示されたときに「はい」を入力することにより、本代理人は、お客様に代わって本契約の条件に同意するものとします。

本代理人がそのような権限を有していないか、本条件に不同意の場合、本代理人は本契約に同意してはならず、お客様は本ソフトウェアを使用することができません。

1.ライセンスの供与、制限および所有権

1.1 範囲。本契約は、該当する注文書で指定された当社のソフトウェア(「本ソフトウェア」)および当社からライセンス供与されたか、またはお客様が別途購入した対象サポートに適用されます。該当する注文書に明記されない限り、本ソフトウェアおよび対象サポートには、インストール、導入、トレーニングその他の専門サービスは含まれません。当社は、両当事者によって合意された作業明細書に基づき、当社のその時点の最新のレートでこれらのサービスを提供することができます。

1.2 ライセンス供与。当社はお客様に、永久ライセンスまたは期間ライセンスを供与することができます。ライセンスのタイプは、該当する注文書に記載されます。

1.2.1 永久ライセンス。お客様が永久ライセンスを購入した場合、当社は、本契約の条件、該当する注文書、および該当するすべての対象料金の支払いを条件として、お客様に対し、以下を行うための永久(第 7.2 項に記載するものを除きます)、サブライセンス不可、非独占的、譲渡不可(以下の第 11.6 項に記載するものを除きます)、ロイヤルティ無償のライセンスを供与します。(i)プラットフォーム上でお客様の社内業務目的のために、ドキュメントおよび/または該当する注文書に記載された制限に従ってのみ、(オブジェクトコード形式のみで)本ソフトウェアをインストールし、使用すること、ならびに(ii)お客様の社内業務目的およびトレーニングのためにドキュメントを使用し、合理的な数だけコピーすること。

1.2.2 期間ライセンス。お客様が期間ライセンスを購入した場合、当社は、本契約の条件、該当する注文書、および該当するすべての対象料金の支払いを条件として、お客様に対し、(該当する注文書に記載された)ライセンス期間中、以下を行うためのサブライセンス不可、非独占的、譲渡不可(以下の第 11.6 項に記載するものを除きます)、ロイヤルティ無償のライセンスを供与します。(i)プラットフォーム上でお客様の社内業務目的のために、ドキュメントおよび/または該当する注文書における制限に従ってのみ、(オブジェクトコード形式のみで)本ソフトウェアをインストールし、使用すること、ならびに(ii)お客様の社内業務目的およびトレーニングのためにドキュメントを使用し、合理的な数だけコピーすること。

1.3 ライセンス制限。お客様は、以下を行わないものとし、また他者にも行わせません。(i)本ソフトウェアまたはその一部についての逆アセンブル、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、またはソースコードもしくは内部構造もしくは根底にあるアイデアもしくアルゴリズムを発見しようとする試み(適用法が相互運用目的のためのリバースエンジニアリングを許容している場合を除きます)、(ii)本ソフトウェアまたはその一部の変更、改造、二次的著作物の作成、または変換、(iii)第三者の利益のための本ソフトウェアの譲渡、提供、賃貸、リース、貸し出し、営利目的の再販、配布、タイムシェアリングもしくはサービスビューロ目的のための使用、その他の方法による使用、または他者による使用の許容、あるいは(iv)本契約で明示するものを除く、お客様のコンピューターシステム、サーバーまたはネットワークのいずれかでの本ソフトウェアのコピー、インストールまたは使用。本契約における本ソフトウェアに対する制約および制限は、すべてドキュメントにも適用されます。お客様は、いかなる媒体でも本ソフトウェアおよびドキュメント(すべてのコピーを含みます)上の著作権表示およびその他の表示を維持し、隠さないものとします。当社またはそのライセンサーは、本契約で明確に供与されていないすべての権利を留保します。

1.4 使用状況レポート。お客様は、当社が本ソフトウェアに、第 1.2 項および第 1.3 項に記載された供与および制限に反する使用を防止できる機能、ならびに使用状況レポートを作成してインターネット経由で当社に送信できる機能を含めることを認めるのもとします。お客様は、作為または不作為により、上記の使用機能が設計どおりに機能しなくなるか、レポートの適時かつ正確な作成もしくは配信を妨げるような措置を講じないものとします。

1.5 所有権。本ライセンスは、販売の対象ではなく、本ソフトウェア、ドキュメントまたは対象サポートの所有権は譲渡されません。本ソフトウェア、ドキュメントおよび対象サポートは、当社またはそのライセンサーの財産であり、著作権法、営業秘密法および/または特許法(国際条約の規定を含みます)によって保護されています。お客様は、第 1.2 項に記載された本ソフトウェア、ドキュメントおよび対象サポートに対する限定的権利のみを取得します。

2.対象サポート

2.1 対象サポート。本契約の第 1.2 項でお客様に供与されるライセンスに基づいて、お客様は、当社のウェブサイトにあるサポートサービス明細に詳述される当社からの製品アップデート、ならびに電話、インターネットおよび/または電子メールによる技術サポート(「対象サポート」)を受けることができます。対象サポートは、ダウンロード日の時点で開始し、該当する注文書に別途記載されていない限り、最初の 1 年間(「サポート期間」)継続するものとします。ライセンス供与された本ソフトウェアについては、サポート期間の満了前に、その全部に関して対象サポートが更新されなければならず、ライセンス供与された本ソフトウェアの一部に関するサポートの更新は認められません。お客様がサポート期間を終了させた場合、当社はお客様の対象サポートを回復する義務を負いません。

2.2 製品アップデート。インストールすると、製品アップデートは本契約における「本ソフトウェア」とみなされます。当社は、メジャーアップデートに関して、最後のメジャーアップデートの日から 18 か月間に限り、技術サポートを提供する義務を負います。本契約のいかなる規定によっても、当社が本ソフトウェアの修正バージョン(後続バージョンを含みます)を追加の対価を伴う新たな製品またはサービスとして提供することは禁止されません。

3.注文、支払いおよび税金

3.1 注文。お客様は、当社に注文書を提出することによって注文するものとします。各注文書には、少なくとも以下を明記するものとします。(i)注文する本ソフトウェアのタイプおよび/またはサポート期間(該当する場合)、(ii)数量、および(iii)価格。いかなる注文書も、当社が書面で承諾するまで当社を拘束しないものとします。

3.2 支払い。お客様は、該当する当社の見積書に記載された料金(「対象料金」)を当社に支払うものとします。該当する当社の見積書に別途記載されていない限り、(i)すべての請求書は請求日から 30 日以内に当社に支払わなければならず、(ii)すべての提示料金および本契約に基づいて行われる支払いは、当社が提示した通貨によるものとします。30 日を超過して行われる支払いには、月 1.0% または法律によって許容される最大レートのうちのいずれか低い方の遅延料金が含まれるものとします。

3.3 税金。表示される対象料金には税金が含まれていません。本ソフトウェアの対象料金に対して政府もしくはその政治部門によって課されるか、またはその権限に基づいて課されるあらゆる種類の税金(売上税、サービス税、使用税および付加価値税を含みますが、当社の純所得に基づいて課される税金を除く)、関税その他の政府課徴金は、すべてお客様が負担するものとし、これらは、対象料金の一部、または対象料金から控除される、もしくは対象料金と相殺されるものとはみなされないものとします。当社に対するすべての支払いは、法律で要求されるものを除いて、税金、関税、賦課金または違約金の控除または源泉徴収なしに行われるものとし、そのような控除または源泉徴収が行われた場合には、お客様は、当該控除または源泉徴収がなければ当社が(何ら責任を伴わずに)受領する金額と等しい金額を実際に受領できるよう、当該控除または源泉徴収後に必要な金額を追加して支払うものとします。

4.ソフトウェアの保証および免責事項

4.1 ソフトウェア保証。当社は、ダウンロード日から 30 日間、本ソフトウェアが該当するドキュメントに準拠して実質的に動作することを保証します(「ソフトウェア保証」)。ソフトウェア保証に基づく請求を行うお客様は、当該請求を書面で速やかに当社に通知するものとします。お客様の請求に関して当社が当社に責任があると判断した場合、当社は、(i)本ソフトウェアのエラーを修正するための商業上合理的な努力をするか、または(ii)お客様が合理的に受諾できる当該エラーを修正するための計画をお客様に提示するものとします。前述の保証による是正は、ソフトウェア保証に基づく是正についての当社の全責任、およびお客様の唯一の救済手段となります。ソフトウェア保証は、お客様のみに対して、お客様の利益のためにのみ行われます。ソフトウェア保証は、以下のすべてに該当する場合にのみ適用されるものとします。(i)本ソフトウェアが適切にインストールされ、常に本契約およびドキュメントに従って使用されていること、(ii)当社または当社の正式代理店以外の者によって本ソフトウェアに修正、改変、追加が一切行われていないこと、(iii)本ソフトウェアの欠陥または機能不全が、お客様、お客様の施設、機器もしくはソフトウェア、または第三者のソフトウェアもしくは機器によって引き起こされたものでないこと。

4.2 免責事項。上記の明示的なソフトウェア保証を除き、また適用法によって禁止される場合を除き、当社およびそのライセンサーは、商品性、特定目的への適合性、および取引の過程、慣習、または取引慣行から生じる保証、および第三者の権利の非侵害の黙示の保証などを含む、明示または黙示による本ソフトウェア、ドキュメントおよび対象サポートに関するすべての他の保証を否認します。さらに、当社は、本ソフトウェアがお客様の要件もしくは特定の使用結果を満たすこと、本ソフトウェアの使用に中断やエラーがないこと、パッチもしくは次善策が提供されること、またはエラーが製品アップデートで修正されることを保証しません。有効に否認できないが制限可能な黙示の保証は、ダウンロード日から 30 日間を限度とします。

4.3 遮断コンポーネントの使用。本ソフトウェアのいくつかの要素は、お客様のネットワークの生産性または性能およびセキュリティを損なう恐れのある違法な、不適切な、または悪意のあるドメイン、アプリケーション、ファイルおよび/または設定(「ブラックリスト」)を特定し遮断するように設計されています。お客様は、本ソフトウェアが特定し遮断するブラックリストを選択することについて単独の責任を負います。お客様は、ブラックリストを当社に提供するものとし、当社は、ブラックリスト上のアイテムを適切に特定し遮断するための合理的な努力をするものとします。疑義を避けるために言うと、当社は、(i)当該遮断コンポーネントの使用、または(ii)ブラックリストから生じる損害について責任を負わないものとします。

5.お客様による保証

5.1 お客様は、以下を表明し、保証するものとします。(i)他の組織に商業的サービスを提供する目的ではなく、社内業務目的のみのために本ソフトウェアを使用すること、(ii)本契約、ドキュメントおよび該当する注文書に従ってのみ本ソフトウェアを使用し、これらに準拠しなかった場合には、生じた損害賠償(弁護士料金および費用を含みます)を支払うこと、ならびに(iii)当社に対象データおよび転送データへのアクセスを認めること。お客様は、お客様のネットワークを通過した情報のコンテンツを当社が管理しないことを認めるものとします。

5.2 本ソフトウェアは、当社が所有または管理するサーバーに処理のためにデータ(「転送データ」)を転送することによって動作することがあります。こうしたサーバーは専有技術を用いて、ユーザー禁止パラメーターに基づいて、悪意のあるコンテンツまたは潜在的に不要なコンテンツを特定し、選別します。本ソフトウェアを使用する条件として、お客様は、本契約を承諾することにより、以下を行うものとします。(i)転送データにアクセスすること、および当社がアクセスできるようにすることを法的に許容され許可されていることを表明し、保証するとともに、要請に応じて当該許可の証拠を当社に提供することに同意する、(ii)お客様が本ソフトウェアを使用する場合に、当社がデータ処理代理人として行為することを許可する、(iii)適用法で要求される範囲で、欧州連合またはお客様が居住する欧州連合以外の法域に所在するサーバーへ転送データが移転される場合があるときは、転送データの出所、本ソフトウェアの範囲および目的を知らせることを約束する、ならびに(iv)その他の方法で合法的な方法のみで対象サービスを使用することを表明する。

6.責任の制限

6.1 派生的損害の否定。適用法によって禁止されない範囲で、当社またはそのライセンサーは、本契約または本ソフトウェア、ドキュメントもしくは対象サポートの使用もしくは使用不能に起因または関連する、あらゆる種類の派生的損害、特別損害、付随的損害もしくは間接損害、またはデータの喪失、データの破損、システム崩壊、利益の損失、コスト節減の機会喪失、もしくは事業の損失について、お客様に対して一切責任を負わないものとします。前述の制限は、契約、不法行為(過失および厳格責任を含みます)、またはその他の法理によるかを問わず、当該損害の可能性を当社が知らされていた場合でも適用されます。

6.2 直接損害の上限。契約違反、不法行為(過失および厳格責任を含みます)その他を問わず、請求が行われた場合に当社またはそのライセンサーが負担する責任の総額は、請求の直前 12 か月間にお客様によって支払われたソフトウェアライセンス料金を上回らないものとします。本ソフトウェアは、フォールトトレラントではなく、本ソフトウェアの障害が死亡、身体傷害、または深刻な物理的もしくは環境的損害につながる可能性がある(核施設、航空機ナビゲーションもしくは通信システム、航空交通管制、生命維持装置、または兵器システムの操作などの)フェイルセーフ性能を必要とする危険な環境での使用を目的としておりません。したがって、本契約で供与されるライセンスは、当該環境での使用は除外され、許可されず、禁止されます。両当事者は、第 6.2 項には合理的なリスク配分が表明されていること、ならびに本制限への同意がければ、本ソフトウェア、ドキュメントおよび対象サポートに対して請求される料金がより高くなることに同意するものとします。

7.契約期間および契約の終了

7.1 契約期間。本契約は、第 7 項に従って終了するまで有効です(「契約期間」)。

7.2 契約の終了。お客様は、書面で当社に通知することによっていつでも本契約を終了させることができます。お客様による当該終了は、返金または相殺の権利を伴わないものとします。適用法に基づくその他の利用可能な救済手段に加えて、当社は、お客様が本契約の何らかの条件、条項または規定に対する重大な違反を犯し、当該違反が是正可能であるにもかかわらず催告通知書の受領後 30 日以内に違反が是正されないときは、本契約を終了させることができます。第 1.2 項もしくは第 8 条の違反の場合、または当該違反が是正可能でない場合、当社は、お客様に書面で通知することにより、本契約を直ちに終了させることができます。

7.3 契約終了の効果。契約の終了に伴い、お客様は、本ソフトウェアのすべてのコピーを破棄し、お客様が保有または管理しているドキュメントおよび秘密情報のすべてのコピーを返還または破棄しなければなりません。第 1.5 項、第 3 条、第 4 条、第 5 条、第 6 条、第 7.3 項、第 8 条、第 9 条、第 10 条、第 11 条、第 12 項は、当該条項を完全にな履行するために必要な範囲で、本契約の終了後も存続するものとします。契約の終了は唯一の救済手段ではなく、終了発生の有無を問わず、すべての他の救済手段が利用可能です。

8.秘密情報。

8.1 契約期間中、各当事者(「開示当事者」)は相手方当事者(「受領当事者」)に、秘密かつ/または専有の資料および情報(「秘密情報」)を提供することがあります。開示当事者から受領当事者に提供される、開示の時点で「秘密」として特定されるか、または類似の表示が付けられたすべての資料および情報、その他情報の特性または性質上、同様の立場および同様の状況にある道理をわきまえた人であれば機密または秘密として取り扱うすべての情報は、秘密情報とみなされます。受領当事者は、秘密情報の秘密性を維持するものとし、開示当事者の事前の書面による同意なしに第三者に秘密情報を開示しないものとします。受領当事者は、本契約で企図される目的のために社内でのみ秘密情報を使用するものとします。第 8 項における義務は、受領当事者が正当に文書で証明できる以下の情報には適用されないものとします。(i)本契約に違反することなく公知となっている情報、(ii)開示当事者の秘密情報を使用または参照することなく受領当事者によって開発された情報、(iii)制限なく第三者から受領当事者に開示された情報、(iv)開示前に受領当事者が合法的に所持している情報で、受領当事者が直接または間接的に開示当事者から取得していないもの。受領当事者は、法律、規則または裁判所の命令によって秘密情報の開示を要求されたときは、開示当事者に開示要求があったことを速やかに通知すること、および開示当事者に異議を申し立てる合理的な時間を与えることを条件に、秘密情報を開示することができます。ただし、以下に該当する場合、受領当事者は、開示当事者に通知せずに秘密情報を開示することができます。(x)輸出法の遵守に関連する場合、(y)適用される証券法によって要求されるか、または証券委員会から要求された場合、および(z)開示当事者への開示が許容されない召喚状に応じる場合。前記にかかわらず、受領当事者は、本契約に基づく権利の行使または義務の履行に必要な範囲に限り、自己の従業員、代理人および/または請負業者に対して秘密情報を開示することができます。ただし、開示先となる第三者はすべて、開示当事者の秘密情報に関して、本契約に記載された義務と少なくとも同程度の秘密保持義務および非使用義務に書面で拘束されることが条件となります。

8.2 お客様は、当社がお客様のネットワークからのデータ(「対象データ」)を収集および使用することに同意し、そのための非独占的、ロイヤルティ無償、全額払い込み済みの権利およびライセンスを当社に供与するものとします。対象データの使用には、IP アドレスの配布や、本ソフトウェアの管理および分析のため、また本ソフトウェアを改善するために使用される一般的な統計的情報の配布が含まれることがあります。本ソフトウェアの使用には、(当社のウェブサイト上にある)当社のプライバシーポリシーおよび(当社のウェブサイト上にある)オンライン行動規則も適用され、いずれも参照により本契約に組み込まれます。対象データを使用して生成されたレポートまたは統計は、当該対象データが加入者情報を伴わずに集計情報として提供される場合にのみ、お客様または第三者に開示されるものとします。

8.3 お客様は、悪意のあるコードなど、疑わしい不正アクセスまたはサービスの悪用がないか本ソフトウェアを監視し、当該不正アクセスを防止または停止するために当社が必要とみなす措置を講じることに同意するとともに、当社および/またはそのサービスプロバイダーにもこれらを行う権限を付与します。

9.識別情報。お客様は、以下に関連してお客様の名前および/またはロゴを使用する権利を当社に付与するものとします。(i)クライアントリスティング、(ii)お客様の承認(この承認は、不当に保留または遅延しないものとします)を条件とする、本契約によって企図される関係を発表するプレスリリース、(iii)当社が政府に提出する申告書、財務諸表および/または目論見書、(iv)当社の該当する見積書に記載されるマーケティング関連の義務。

10.監査。当社は、暦年に 1 回を限度として、お客様に合理的な通知をしたうえで、通常の営業時間中に、お客様による本契約の遵守を確認するためにお客様による本ソフトウェアの使用を監査する権利を有するものとします。お客様は、監査中にライセンスされていない本ソフトウェアの存在が明らかになったときは、当該本ソフトウェアを購入する責任を負うものとします。また監査において、本ソフトウェアの実際の数が、ライセンス供与された本ソフトウェアの数の 125% を上回ることが明らかになったときは、お客様は当社に監査費用を償還するものとします。

11.一般条項

11.1 不可抗力。本契約の全部または一部の履行(支払い義務を除く)が遅延または履行されなかった結果として、損失、請求、損害または責任が発生した場合において、当該遅延または不履行が本第 11.1 項に基づいて保護を求める当事者が支配できず、かつ当該当事者の過失によらない事象、出来事または事由によって生じたものであるときは、いずれの当事者も、相手方当事者に対し、かかる損失、請求、損害または責任についての責任を負わないものとします。上記の事象、出来事または事由には、天災、ストライキ、工場閉鎖、暴動、戦争行為、テロ活動、地震、火災または爆発などが含まれまが、財務上の義務を果たせないことは明確に除外されます。

11.2 政府規則、政府契約。お客様は、米国政府およびお客様が事業を行う法域の国または国際機関によって課されるすべての輸出管理法規を遵守するものとします。米国政府の契約またはそれに関係する下請契約で要求されるいかなる規定も、本契約の一部とはみなされず、当社に義務を課し、または当社を拘束しないものとします。本契約によって、注文書または他の購入書類に含まれるかまたはそれらにおいて言及される政府規定が承諾されたとはみなされないものとします。

11.3 準拠法。本契約は、法の抵触の原則の適用を排除したうえで、カリフォルニア州および米国の法律に従って解釈されるものとします。また本契約には、国際物品売買契約に関する国連条約および統一コンピューター情報取引法は適用されません。両当事者は、カルフォルニア州の州裁判所またはカリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所、および当該裁判所の裁判に不服を申し立てることができる上訴裁判所の専属管轄権に同意するものとします。

11.4 権利放棄。いずれかの当事者が本契約のいずれかの規定の違反に対して権利放棄した場合、それによって、本契約の同じ規定またはその他の規定の過去または将来の違反に対して権利放棄したとはみなされないものとします。

11.5 分離可能性。本契約のいずれかの条項、条件または規定が、程度を問わず無効、違法または強制不可能と判断された場合、両当事者は、本契約で表明された意図をできるだけ保持する修正に合意するよう誠実に努力するものとします。両当事者が当該修正に合意しない場合、かかる無効な条項、条件または規定は、残りの条項、条件および規定から分離されるものとし、残りの条項、条件および規定は、法律によって許容される最大の範囲で有効かつ強制可能であり続けるものとします。

11.6 譲渡。本契約も、本契約に基づくいかなる権利も、当社の事前の書面による同意なしに、資産の売却、吸収合併、新設合併、または類似の取引による場合を含め、自発的であるか、法の運用によるかを問わず、全体的または部分的にお客様によって譲渡または移転できません。当社の事前の書面による同意なしに行われるお客様による譲渡は、無効となります。前記に従い、本契約は、両当事者ならびにそれぞれの承継人および許諾された譲受人を拘束し、これらの者に適用されるものとします。

11.7 通知。本契約に従って必要とされるか、または与えられるすべての通知または報告は書面によるものとし、頭書記載の住所に宛て、当社およびお客様のそれぞれの役員に送付されたときに正式に与えられたとみなされるものとします。いずれの当事者も、第 11.7 項に従って相手方当事者に通知を行うことによって、連絡先情報を変更することができます。

11.8 両当事者の関係。両当事者は、常に独立契約者であり、すべての第三者に対してそのように表明するものとします。いずれの当事者も、いかなる方法でも自身を拘束する権利を相手方に与えず、またそのような権利を有する者として振る舞わないものとします。本契約のいかなる規定も、いずれかの当事者に相手方の代理人もしくは法定代理人となる権限を与える規定、または両当事者間にパートナー、共同所有者もしくはジョイントベンチャーを成立させる規定とみなさないものとします。本契約は、両当事者の利益のみを目的とし、第三者の利益を図ることを意図していません。

11.9 電子通信への同意。お客様は、当社が電子メールを介して、製品アップデート、特別オファー、価格その他の類似の情報、顧客調査、その他のフィードバック要請を含む、本ソフトウェアについての必要な法的通知およびその他の通信を送る場合があることに同意するものとします。


11.10 完全合意。すべての当社の見積もりを含め、本契約は、本契約の主題に関する両当事者の完全な合意を記載したものであり、ダウンロード日前に取り交わされた当該主題に関する両当事者間の口頭または書面によるすべての通信、表明、了解および合意に優先します。本契約は、両当事者が署名した書面による場合を除き、変更、補足または修正できません。

11.11 その他の書類。本ソフトウェア、ドキュメントおよび/または対象サポートに関連してお客様が使用する購入注文、確認書またはその他のビジネスフォームの条項、規定または条件は、当社が当該条項、規定または条件に異議を唱えない場合でも、本契約に基づく両当事者の権利、責務または義務に影響を及ぼさず、本契約を修正することはありません。注文は、取り消し、返金、および返品することはできません。

11.12 言語。本契約の言語は英語のみとし、英語版がすべての点において適用されます。本契約のその他の言語版が両当事者を拘束することはありません。

11.13 副本。本契約、本契約の付属書類または添付書類、および注文書を含め、本契約に関連し、参照により本契約に組み込まれるその他の契約、文書または書類は、副本で作成することができ、各副本は原本とみなされるのもとしますが、当該副本がのすべてを合わせて 1 つの同一の契約を構成するものとします。

12.定義

12.1 「本代理人」は、本契約の前文に記載された意味を持ちます。

12.2 「本契約」は、本契約の前文に記載された意味を持ちます。

12.3 「ブラックリスト」は、本契約の第 4.3 項に記載された意味を持ちます。

12.4 「当社」は、本契約の前文に記載された意味を持ちます。

12.5 「秘密情報」は、本契約の第 8.1 項に記載された意味を持ちます。

12.6 「お客様」は、本契約の前文に記載された意味を持ちます。

12.7 「対象データ」は、本契約の第 8.2 項に記載された意味を持ちます。

12.8 「開示当事者」は、本契約の第 8.1 項に記載された意味を持ちます。

12.9 「ドキュメント」は、随時更新される本ソフトウェアおよび対象サポートの使用に関連する、当社が一般的に提供する形式による取扱説明書、リリースノート、マニュアル、「Read-Me」ファイルその他の資料、およびオンライン・ヘルプ・ファイルを意味します。

12.10 「ダウンロード日」は、該当する本ソフトウェアをダウンロードするために必要なログイン情報を当社がお客様に提供した日を意味します。

12.11 「対象料金」は、本契約の第 3.2 項に記載された意味を持ちます。

12.12 「転送データ」は、本契約の第 5.2 項に記載された意味を持ちます。

12.13 「メジャーアップデート」は、新しい特徴や新機能を含みます。メジャーアップデートは、バージョン番号の最初の 2 つの数字のいずれかが増えることによって表されます(例:15.3.0.0 または 5.4.0.0)。

12.14 「悪意のあるコード」は、ウィルス、ワーム、時限爆弾、トロイの木馬、トラップドア、およびその他の有害または悪質なコード、ファイル、スクリプト、因子またはプログラムを意味します。

12.15 「マイナーアップデート」は、バグフィックスまたはマイナーな改良を含む本ソフトウェアの後続リリースをいいます。マイナーアップデートは、バージョン番号の最初の 3 番目または後続の数字が増えることによって表されます(例:15.3.1.0 または 5.4.0.1)。

12.16 「注文書」は、お客様が本ソフトウェアのライセンスおよび対象サポートを注文する際に、本契約の条件に基づいて、本契約に明確に言及したうえでお客様から当社に発行される書類を意味します。

12.17 「プラットフォーム」は、該当する注文書に明記されているオペレーティング・システム・プラットフォームのタイプを意味します。

12.18 「製品アップデート」は、メジャーアップデートおよびマイナーアップデートを意味します。

12.19 「受領当事者」は、本契約の第 8.1 項に記載された意味を持ちます。

12.20 「本ソフトウェア」は、本契約の第 1.1 項に記載された意味を持ちます。

12.21 「ソフトウェア保証」は、本契約の第 4.1 項に記載された意味を持ちます。

12.22 「対象サポート」は、本契約の第 2.1 項に記載された意味を持ちます。

12.23 「サポート期間」は、本契約の第 2.1 項に記載された意味を持ちます。

12.24 「契約期間」は、本契約の第 7.1 項に記載された意味を持ちます。

本契約の最後