• 2015 年第 4 四半期「インターネットの現状 - セキュリティレポート」 

    • DDoS、ウェブアプリケーション攻撃の急増、リピート攻撃が標準に 
    • リフレクション - マルチベクトル攻撃が大半を占める 
    • 第 3 四半期と比較すると、DDoS 攻撃は 40%、ウェブアプリケーション攻撃は 28% 増加 
    • DDoS に関する注目点:309 Gbps、202 Mpps のマルチベクトル攻撃 
    • 攻撃元 ASN トップ 10 のそれぞれのウェブアプリケーション攻撃および署名の例 
    • ウェブ脆弱性のスキャンおよびプローブアクティビティの概要(スキャンされたポートの上位を含む)

    今すぐ確認
  • 2015 年第 3 四半期の「インターネットの現状 - セキュリティレポート」 

    • 記録的な数の DDoS 攻撃:規模が縮小し、時間が短縮しているのは、DDoS に利用されているサイトが課している制限が要因である可能性が高い 
    • サーバーを起点とするウェブアプリケーション攻撃の多くは、米国のクラウドサービス上で設定されている 
    • DDoS に関する注目点:222 Mpps の大規模攻撃 
    • DDoS リフレクターのグローバルマップ 
    • ウェブスクレーパーの現状

    今すぐ確認
  • 2015 年第 2 四半期「インターネットの現状 - セキュリティレポート」 

    • DDoS 攻撃の頻度が 2 倍に増加するとともに、規模の大きい攻撃の数が増加 
    • ウェブアプリケーション攻撃の 49% で Shellshock 脆弱性が利用されている 
    • 注目点:マルチベクトルの大規模攻撃で SYN フラッドおよび UDP フラッドが利用されている 
    • ケーススタディ:WordPress と、サードパーティ製プラグインの危険性 
    • 分析:Tor の利点と欠点

    今すぐ確認
  • 2015 年第 1 四半期「インターネットの現状 - セキュリティレポート」

    今すぐ確認