受け入れの精神

Akamai の社員は、職場や生活の場となるコミュニティの多様性を象徴する存在になりつつあります。

Akamai は全社員を全面的に歓迎するとともに、すべての人を受け入れる職場の代表となれるよう取り組んでいます。また、1 つのグローバルチームとして互いの多様な貢献を共有し、そこから恩恵を得ることができるようにしています。

Akamai の多様性への取り組みは単に社内にとどまりません。同じ原則を共有しているビジネスパートナーやサプライヤーにまで広がっており、Akamai はそれらの従業員も Akamai のビジネスファミリーに不可欠な存在として重視しています。

diversity at Akamai

Akamai における多様性

「すべての人を受け入れるという Akamai の精神は、考え方の多様性を促し、革新的で協力的な環境作りへとつながっています。」– Co-Founder & CEO、Dr. Tom Leighton

Akamai において多様性はミッションクリティカルな目標であり、エグゼクティブは年間を通じた戦略的目標の達成に向けて、その進捗を明確に示す責任を負っています。すべての人を受け入れるというその精神により、ビジネスを展開するさまざまな地域において、Akamai はより良い会社、より良いグローバル競合企業、およびより良い企業市民として認められていると確信しています。

Akamai Diversity

社員リソースグループ

Akamai では、社員リソースグループを社員が立ち上げ、草の根的支援によって拡大し、CEO をはじめとする経営陣による全面的な支援によって強化されています。

Akamai は女性がテクノロジー業界で成功を収め、Akamai のリーダーとして活躍できるよう支援するための取り組みを支持しています。退役軍人が民間の仕事につき、Akamai の仲間になることを支援しています。LGBTQ を自認している人々を招いて Tech Superhero フラグを掲げてもらいます。そして、Akamai のひときわ有能なチームを補う能力を持った人たちがその能力を発揮できる機会を創出しています。

Akamai ERG の詳細を見る

Akamai diversity events and opportunities

イベント & 機会

Akamai は年間を通じて、テクノロジー分野およびそれ以外の分野において、人気の高い最大級のイベントの多くに参加しています。NSBE Convention、Massachusetts Conference for Women、SHPE Conference などに行く予定があれば、ぜひ Akamai のチームに会いに来てください。そして、Akamai の精神を肌で感じ、採用担当に連絡を取って Akamai での仕事について詳しい説明を受けてください。

コミュニティの重視

社員リソースグループは Akamai 全体における多様性および受け入れの精神の啓発に取り組んでいます。多様性を専門とする組織と協力して、Akamai の人材採用活動の拡大を支援しています。また、多様な人材にプラスをもたらすための、アウトリーチの窓口としての役割を果たし、Akamai 社員の能力開発を支援します。

  • 女性のためのフォーラム – 米国、EMEA、インド、APJ の支部では、啓発活動の支援、専門的な能力開発のサポート、ネットワーク作りの機会の特定と創出、テクノロジー分野の次世代を担う女性の育成、キャリアアップ、Akamai でのリーダーとしてのキャリアのサポートを行っています。
  • IndUS – 南アジア出身の Akamai 社員のためのフォーラムです。専門的な能力開発およびメンタリングの機会を求める場として、また意識向上プログラムや会社の活動を通じて共通の文化的アイデンティティを表現する場としての役割を果たします。
  • out@akamai – レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーを自認する人たちとその仲間が出会い、経験を共有することで、全社員の意識の向上、エンゲージメントの強化、能力開発のサポートに取り組みます。
  • Ohana – アフリカ系アメリカ人、黒人、ヒスパニック、ラテンアメリカ人、その他の人種や民族に属する社員たちによるグループでは、ネットワーク作り、仲間との学び合い、メンター、専門的な能力開発の追求、交流、文化的興味の共有を行っています。

米国内の Akamai 施設は、職場のアクセシビリティおよび安全について定めた米国障害者法(ADA)基準に準拠しています。 

Akamai Technologies は、アファーマティブアクションおよび雇用機会均等を実践し、多様性が職場環境にもたらす力を尊重します。資格条件を満たしている応募者は採用において配慮され、性別、人種や民族、軍の退役状況、性的指向、障害、その他の保護対象グループに関する状況を理由に差別されることはありません。EOE(雇用機会均等) は法律で定められています