Linen Chest が画像負荷の課題を解決することで売上を拡大

Akamai の Image Manager ソリューションは、Linen Chest の優れたパフォーマンスと優れた成果をもたらし、コンバージョンレートを 19% 向上させました。

Riaz Faride Linen Chest

「新たにトラフィックを追加しなくても、エンゲージメントが向上し、ページビュー、セッション数、コンバージョンが改善しました。Akamai と Image Manager の機能は、この改善に大きな役割を果たしてくれました。」

Riaz Faride 氏 , Principal Consultant , 6ix Digital

Riaz Faride 氏は、家庭用品の小売企業である Linen Chest 社の E コマースディレクターに就任した当時、すぐに大きな課題に直面しました。担当するサイトのページ読み込み時間が 6~30 秒もかかっていることがわかったのです。Linen Chest のサイトはとても重く、画像はオリジンに置かれていました。また、コードのリファクタリングは行われておらず、最適化が必要でした。何らかの変更を行って高速化する必要があることは確実でした。


「着任したその日からすぐに取り組む必要がありました。試行錯誤の時間はありませんでした。」

かつてプログラマーをしていたこともある同氏は、E コマースウェブサイトにとってパフォーマンスがいかに重要であるかをよく知っていました。パフォーマンスが良ければ良いほど、コンバージョンレートも高くなります。

「お客様にとっては 2~3 秒でページが表示されることが重要なのです。これが達成されれば、サイト内をもっと長く閲覧していただける可能性が高くなり、セッション数も増えます。セッション数の増加は売り上げの拡大につながります。」

高品質の画像はオンラインショッピングユーザーの関心を引き付けるために効果的である一方、ウェブパフォーマンスの足かせにもなります。E コマースの豊富な経験を持つ Faride 氏はこのことを熟知していました。Linen Chest の画像戦略を調べたところ、クラウド方式の画像最適化ソリューションを活用すれば、ウェブパフォーマンスが改善されると思われる箇所がいくつか明らかになりました。さて同氏は次に何をしたでしょうか。Akamai に協力を依頼しました。

「以前勤めていた会社では、Akamai をプラットフォームとして利用していたので、Akamai が小売業にもたらす効果はよく知っていました。ですから、特に迷うこともなく Akamai に連絡し、Akamai は私の判断が正しかったことを証明してくれました。」

Akamai の Image Manager を活用することで、ワークフローの合理化、作成および管理の自動化、配信の最適化、ウェブ画像のオフロードが可能となり、ページの重さとパフォーマンスの問題を解決することができました。

「今では、お客様側での遅延を心配することなく、2 倍の解像度の高品質画像を提供できます。」

影響はワークフローにとどまりません。妥協することなく質を高めることで、軽量かつ高速のページ配信が可能となりました。その結果、さまざまな指標でサイトのパフォーマンスが向上しました。パフォーマンスが向上すればビジネス面でも大きな成果が得られるという Faride 氏の考えが実証されたのです。

「新たにトラフィックを追加しなくても、エンゲージメントが向上し、ページビュー、セッション数、コンバージョンが改善しました。Akamai と Image Manager の機能は、この改善に大きな役割を果たしてくれました。」

Linen Chest Better Performance
Linen Chest Customer Spotlight Results

視覚的な品質とパフォーマンスを最大化すれば、ウェブサイトやモバイルアプリでのエンドユーザーの体験が改善されます。自動化された最適化によって、画像の準備に要する時間が短縮。画像の作成と変換にかかるコストと手間が軽減することで、市場投入までの時間も短縮されます。クラウドを利用して画像を保存し配信するため、保存コストも軽減。実際のユーザーデータを活用することで、すべてのエンドユーザーに最適な画像をインテリジェントに配信できます。

画像の変化

当時:1 つの「マスター」画像からの画像のトリミングやリサイズは手動で処理。
現在:マーケティング画像や商品画像は、Image Manager が複数のサイズとバリアントを自動作成。時間と労力が節約され、人的ミスも減少しました。

当時:CMYK 画像から RGB 画像への変換は手動で処理。Linen Chest 社内では Chrome ブラウザー用に別の WebP 画像ファイルを作成できませんでした。
現在:色の変換やファイルフォーマットに必要な処理は Image Manager で自動化。

当時:オリジンに保存されている重い画像がアップローダーに読み込まれるため、速度が低下。ユーザーがモバイル機器やタブレットを使用して購入する場合、画像が最適なサイズに調整されていませんでした。
現在:画像は Akamai の NetStorage に保存されているため、オリジンへのリクエストが大幅に減少。負荷が大きく軽減されました。画像はリクエスト側デバイスの表示可能領域に応じて自動的にリサイズされます。

当時:お客様側(特にモバイルデバイス)での画像表示の遅延を防ぐために、コンテンツの大幅な圧縮が必要。画像サイズを縮小せざるを得ないため、お客様が求める鮮明で高解像度の画像は使用できませんでした。
現在:Image Manager の知覚品質アルゴリズムにより、認識される画像品質に影響を及ぼすことなくバイト数を削減。モバイルユーザーもパフォーマンスの低下なく多彩な画像を受信できるうえ、ユーザー側の画面のピクセル密度が高ければ、2 倍の解像度の画像を配信できます。