Cambridge, MA |

Akamai Technologies, Inc.(NASDAQ:AKAM)は本日、世界有数の通信事業者を数多くサポートする DNS セキュリティソリューションのプロバイダー、Nominum の買収が完了したことを発表しました。2017 年 10 月 11 日、Akamai は、当事者間の契約により Nominum を全額現金で買収すると発表しました。

両者のテクノロジーと人材を結集することで、Akamai がより多くの通信事業者やエンタープライズのお客様に対し、マルウェア、ランサムウェア、フィッシング、データ窃盗などのサイバーセキュリティ上の脅威を特定、ブロック、緩和する、さらに包括的なセキュリティ製品を提供できるようになることが期待されます。

「通信事業者やエンタープライズがセキュリティの弱点や隙間を狙ったサイバー攻撃の標的となることがますます増えています。こうした中で、Nominum は Akamai に攻撃からの防御に役立つ重要なテクノロジーや DNS の専門知識を提供してくれます」と、Akamai の CEO である Tom Leighton 博士は語ります。「今回の買収が完了したことで、インターネットをより高速かつ安全なものにするため、共に取り組んでいる通信事業者パートナーとの関係が一層深まることを期待しています。」

Gartner の「Competitive Landscape: Secure Web Gateways(競合情勢:セキュア・ウェブ・ゲートウェイ)」(Lawrence Pingree 氏、Ruggero Contu 氏、2017 年 9 月 12 日)では、「DNS ベースのブロッキングやフィルタリングは、小さい UDP パケット(もともとはパケットを最適に実行する目的で設計)を活用するだけでなく、プロキシやウェブ接続によるコンテンツの完全転送を必要としないため、フィルターメカニズムとして非常に高度なパフォーマンスとレイテンシーの削減を実現する」と報告されています。

Nominum の買収による Akamai の通信事業者向け製品およびエンタープライズセキュリティ製品のラインアップ強化の詳細については、www.akamai.com/jp/ja/products/network-operator/nominum.jsp をご覧ください。

Akamai について

Akamai は世界で最も信頼された世界最大のクラウド配信プラットフォームを提供しています。使用するデバイス、時間、場所を問わず、お客様が安全性に優れた最高のデジタル体験を提供できるようにサポートします。Akamai の大規模な分散型プラットフォームは、世界 130 か国に 20 万台を超えるサーバーを擁する比類のない規模を誇り、お客様に優れたパフォーマンスと脅威からの保護を提供しています。Akamai のポートフォリオに含まれる、ウェブおよびモバイルパフォーマンス、クラウドセキュリティ、エンタープライズアクセス、動画配信の各ソリューションは、卓越した顧客サービスと 24 時間体制の監視によりサポートされています。大手金融機関、EC リーダー企業をはじめ、メディアおよびエンターテイメントプロバイダー、政府機関が Akamai を信頼する理由について、www.akamai.com/jp/ja/ または blogs.akamai.com/jp/ および Twitter の @Akamai_GK で詳細をご紹介しています。

###

本リリースは、1995 年私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に基づいた、この買収によって予想される Akamai の利益についてのステートメントなど、将来の事業計画および機会に関する Akamai 経営陣による未来の予測、計画、見通しを含んでいます。Nominum のテクノロジーおよび人員を統合できないこと、期待されるテクノロジー統合のメリットを提供できないこと、Akamai の年次報告書 Form 10-K や四半期報告書 Form 10-Q、および SEC に関するその他の定期文書に記載されているその他の要因を含むが、これらに限定されないさまざまな重要要因により、これらの将来の見通しに関する記述によって示された情報と Akamai の実際の結果が大幅に異なる可能性があります。