Big Data Connector Intro

DNSi Big Data Connector

オープンなビッグデータシステムを使用して DNS データを活用し、ネットワークの運用とセキュリティを向上させます。

今日のネットワークはデータ主導です。ネットワークへの投資利益率を最大限に高めるには、データの適切な計画が不可欠です。運用チおよびセキュリティチームは、さまざまな指標を頼りに、ステータス、健全性、脅威への露出度、使用傾向の分析を行っています。ビッグデータシステムによってデータ主導の分析が可能になるため、意思決定が迅速化し、ネットワークおよびセキュリティの要件をより正確に評価できるようになります。DNSi Big Data Connector は、Akamai DNSi CacheServe リゾルバーによって収集されたデータを変換するので、ビッグ・データ・システムや専用アプリケーションで使用することで、モニタリング、傾向、計画、セキュリティに有効な指標を作成できます。

手つかずの DNS データを活用

DNS データで別のネットワークデータを補完することで、ネットワーク状況を詳細に把握でき、加入者アクティビティを集計できます。

セキュリティ対策全体の改善

マルウェアに関するクエリを外部のセキュリティシステムに転送することで、より詳細な知見を得て、不正防止システムおよびサードパーティのセキュリティデータという観点からより広範なセキュリティの傾向を理解します。

容量計画を改善

DNS データを帯域幅の利用状況などのデータと比較することで、動画ストリーミング、ゲーム、普及が進む IoT などのアプリケーションからのトラフィックを理解します。

サービスの採用を促進

アプリの利用状況やコンテンツおよびメディア形式の好みなどの集計された傾向をリアルタイムで分析して、新しいサービスのプロモーションキャンペーンの計画に活用できます。

迅速な展開

プロバイダーネットワーク専用に設計されたシステムと、Hadoop や Splunk への標準統合機能によって、運用スタッフや IT スタッフへの負担を最小限に抑えます。

巨大ネットワークへの拡張

緊密に統合されたデータパイプラインを活用して、膨大な量のリアルタイム DNS データを送信および管理します。

コストの削減

データパイプラインが組み込まれていないタップなどの専用設備を使用するコストのかさむネットワークレイヤーソリューションを排除します。

送信コストの削減

組み込みのフィルタリング機能を活用して、関心の高いデータセットを分割し、帯域幅とデータストレージの両方のコストを削減します。

ネットワークセキュリティの強化

加入者がさまざまなアクセステクノロジー(固定回線、モバイル回線、Wi-Fi など)に接続し、切り替えながら使用している場合でも、DNS で特定された加入者感染状況や不正アクティビティをその他の脅威痕跡情報(IOC)と相関付けます。

顧客満足度の向上

インターネットの利用状況傾向の集計データをサービスレベルデータと照合することで、先を見越したサポート活動を行い、特別価格、プロモーション、割引などのプログラムを強化します。