Akamai Remote Intro

スポーツなど、視聴者の多い同時放送の最中に発生するトラフィック量の急増を正規化してネットワークコストを制御

有料テレビは、従来のケーブル放送、衛星放送、IPTV 放送から HTTP ベースの配信へと移行しており、サービス品質と信頼性を維持することが必須となっています。そこで重要な役割を果たすのが、ラストマイル・ブロードバンド・ネットワークです。スポーツやニュース速報といったライブイベントの際には、多数の視聴者がアクセスするため、ラストマイルネットワークには大きな負担となります。Akamai Licensed Multicast Solution により、有料テレビ事業者はネットワークの効率性を高め、トラフィックの急増に対応することで高コストのネットワーク構築を回避できます。

Akamai Webinar Promo Image

オンデマンドウェビナー

マルチキャスト支援型 ABR によるマルチチャネル TV の変革

Licensed Multicast Solution とは

Multicast-Enabled Network Overview Image

Akamai の Licensed Multicast Solution(LMS)は、有料テレビおよびネットワーク事業者がネットワークの構築に高いコストをかけることなく、自社ブロードバンドネットワーク上で多様かつ高品質なサービスを提供するためのライセンス方式のソフトウェアです。

LMS を展開してこれらの新規サービスを提供することで、視聴者の満足度を高め、コストを削減できます。

  • 信頼性の向上、遅延の低下、画質の向上(高解像度ライブストリームコンテンツのピーク需要にも対応)
  • ネットワーク効率の改善(4K などの高解像度にも対応)
  • 高コストのネットワークアップグレードまたはネットワーク構築の回避

Akamai LMS により、事業者は従来の有料テレビモデルから、新しい視聴方法や配信方法に簡単に対応できるモデルへとシームレスに移行できます。

あらゆるユニキャスト CDN と統合

Akamai Intelligent Edge™ など、任意のユニキャストオリジンからコンテンツをインジェストし、オーバーザトップ(OTT)コンテンツとオンネットコンテンツの最適なミックスを配信

統合が容易なクライアント SDK

セットトップボックスプレーヤーのソフトウェアとユーザーインターフェースとの統合を通じて、マルチキャストストリームとユニキャストストリームの両方をサポート

既存のマルチキャストネットワークの活用

他のサービスに使用されているルーターや光終端装置、マルチキャスト対応インフラストラクチャなどと統合

仮想化インフラストラクチャのサポート

LMS を仮想ネットワーク機能(VNF)として展開し、ネットワークのエッジに至るまで俊敏性と効率性を促進

柔軟な展開

LMS をスタンドアロンのソリューションとして、または Aura Licensed CDN と組み合わせて展開し、ユニキャスト支援型 ABR とマルチキャスト支援型 ABR のコンテンツミックスを最適化

共通の管理フレームワーク

Aura Management Center(AMC)のスケールアウト設定とリアルタイムの障害監視/分析で、LMS と Aura LCDN を一元管理

モジュール式アプローチ

Multicast Controller、Multicast Generator、Client Data Collector、クライアント SDK および AMC で構成される包括的なソリューション

マルチキャスト支援型 Adaptive Bit Rate(アダプティブ・ビット・レート、M-ABR)コーデック

マルチキャストの効率性と、HLS や MPEG-DASH などの IP 配信形式の品質を両立

一般的な拡張性の問題に対応

スポーツなどの人気コンテンツの配信に必要となるストリーム数を削減することで、ネットワークのアップグレードや構築のコストを回避できます。

視聴者の多いイベントを最高品質で配信

アクセスネットワークに過度の負荷をかけることなく、高解像度コンテンツや 4K HDR コンテンツを低遅延で配信できます。

ネットワークリソースを統合

単一目的のケーブル放送、衛星放送、IPTV 放送から、柔軟性とコスト削減に優れた HTTP ベースのサービスモデルに移行できます。

マルチキャストへの追加投資を回避

コア要素をマルチキャスト化することなく、既存のラストマイルマルチキャスト対応ネットワーク要素を使用可能

サービスの信頼性と提供範囲を拡大

自宅のサービスエリア外からでも、オンネットのリソースが過負荷の状態にあっても、お気に入りの番組を視聴可能

ライブイベントの同時放送

マルチキャスト支援型 ABR 配信による、ライブイベントの遅延低下と品質最適化

従来型の有料テレビモデルからの移行

高帯域幅の光ファイバー・ブロードバンド・アクセスの活用によるコスト削減

高コストのネットワーク構築またはネットワークアップグレードの回避

スポーツ、ニュース速報、ライブイベントなど、視聴者の多いコンテンツの同時放送時に、既存のネットワークリソースをより効率的に活用

サービスミックスの最適化

OTT コンテンツとオンネットコンテンツを単一の接続上で統合

関連コンテンツ