SPS ThreatAvert

SPS ThreatAvert

ネットワーク上のボットやマルウェアに対する可視性と DNS DDoS 攻撃防御ツールを備えましょう

サービスプロバイダーは、ネットワークセキュリティが加入者の満足度に直接影響しブランドの資産価値を高めることを認識しています。ある脅威がどう機能するかはほとんど DNS に依存するため、新たな脅威は重要な DNS インフラストラクチャを特に標的として開発されてきました。すべてが接続された今の世界では脅威がより動的かつ多様になっているため、プロバイダーはネットワークリソースと加入者をいかに保護するかを見直す必要があります。

SPS ThreatAvert 製品概要

脅威をブロックし、良好なトラフィックを保護

SPS ThreatAvert は、正確な防御機能によって多くのボットやマルウェアを特定し、厳格な検証アルゴリズムによって誤検出を排除します。また、脅威インテリジェンスに基づいた精度ポリシーによって、悪意のあるトラフィックを阻止し、正当なクエリーを保護します。

最新の動的な攻撃に対応

ThreatAvert の敏捷な保護機能が、ボットを迅速に検出し、急変する DNS DDoS 攻撃をブロックします。また、脅威情報を絶えず更新することで、最適なセキュリティ体制を常時維持します。

ついにセキュリティが管理可能に!

ThreatAvert の自動化されたインテリジェンスは、「設定すればあとは何もしなくてよい」展開モデルで広範な脅威カバレッジを実現します。

セキュリティに関する知見をすぐに確認

豊富なテレメトリーによって機能する ThreatAvert のダッシュボードでは、情報が充実しており、関連性の高いグラフやチャートからセキュリティの状態を即座に評価できます。

脅威を分析して根本原因を解決

入念に設計された ThreatAvert ポータルのナビゲーションには、DDoS 攻撃や感染した加入者の詳細情報が多層表示されます。クリックで展開できます。

関係者に常に情報を提供

有益なレポートが定期的に生成されて自動でメール送信されるため、経営者やセキュリティチームは常に最新データをモニタリングや計画策定に活用できます。システムで収集された特定のデータに関するカスタムレポートを作成することも可能です。

他のシステムに統合

ThreatAvert によって生成された重要なデータは、ビッグデータ分析などのシステムにシームレスに統合できます。

DNS データを活用

Nominum は、日々 1,000 億件以上の DNS クエリーや世界中のプロダクションリゾルバーからのライブストリーミングを処理して脅威インテリジェンスを獲得しています。ほとんどのマルウェアの機能は DNS に依存しているため、これによって悪意のあるアクティビティに関する独自の知見を得ることができます。

最新の脅威を先取り

受信クエリーのリアルタイム処理で異常な挙動(新たな DNS DDoS ドメインなど)を即時に検出して、敏捷性を向上させています。

広範な脅威カバレッジによるメリット

機械学習アルゴリズムによって、従来のフォレンジック技術では見逃していた攻撃手段のわずかな変化が明らかになり、脅威カバレッジが大幅に拡大します。

誤検出を回避

個別の脅威を相関付け、独立したソースと照らし合わせて検証することで、脅威インテリジェンスの精度を向上させます。正当な名前は記憶されて自動でホワイトリスト化されるため、誤ってブロックされることはありません。