クラウド管理

クラウドコンピューティングは、これまでより効率的かつ柔軟な方法で情報テクノロジーを使用する機会を企業に提供しています。 しかし、クラウドに期待されるメリットは、自動化や保証ではありません。 IT サービスの展開および提供におけるこの新しいパラダイムの約束を実現するには、慎重なクラウド管理が重要です。 クラウド管理が今日の IT 管理者にもたらす課題の中で最初にあげられるのは、クラウドサービスのために高いパフォーマンスとセキュリティを確保する必要性です。

クラウド管理: パフォーマンスとセキュリティに関する課題

クラウドサービスの事業者は、プライベートクラウドを運営している企業 IT グループであるか、パブリック・クラウド・サービスを運営しているクラウドコンピューティング企業であるかに関係なく、さまざまなクラウド管理の課題に直面しています。例えば、容量計画、物理リソースや仮想リソースの使用の最適化、エンドユーザー向けセルフサービスポータルの立ち上げや運営、計測およびチャージバックシステムの実装などがあります。 しかし、サービスを最終的に成功させるには、クラウド管理の課題よりも、サービスの安全性を確保し、エンドユーザーに高いパフォーマンスを提供することの方が重要です。

クラウド管理の専門家にとってパフォーマンスとセキュリティが厄介な問題になる原因は、クラウド・コンピューティング・アーキテクチャにおいてパブリックインターネットが担う不可欠な役割です。 確かに、データベース層、アプリケーション層、およびウェブ層とともに、パブリックインターネットがクラウドアプリケーション配信インフラの「第 4 層」とみなされることがあります。 これは、パブリッククラウドだけでなく、社員が世界中のどこからでも、いつでも、さまざまなインターネット接続デバイスからプライベート・クラウド・アプリケーションにアクセスできる、大企業が運営するプライベートクラウドにも当てはまります。

公営企業や大企業にサービスを提供するクラウドアプリケーションは、固有の可変性や脆弱性をもつパブリックインターネットにやむを得ず依存しています。 クラウド管理の主な問題は、 インターネットを通じて配信されたクラウドアプリケーションのパフォーマンスとセキュリティをどのように最適化するかということです。

アカマイが提供するクラウド管理ソリューション

アカマイは、エンドユーザーが場所や時間、デバイスを問わず高速で信頼できるウェブ体験を楽しめるようにウェブコンテンツやアプリケーションの配信を最適化する、定評のあるリーダーです。 世界 100 ヵ国以上に配置された 175,000 台以上のサーバーに広がる Akamai Intelligent Platform を活用する Web Performance Solutions は、クラウドアプリケーションの配信の高速化および保護に対応したマネージドサービスのスイートです。 Web Performance Solutions は、独自のクラウドサービスからより高いパフォーマンスを引き出すのに役立つクラウドサービスとみなすことができます。

Akamai Web Performance Solutions により、次のことが可能になります。

  • エンドユーザー体験を向上させ、サービスの採用率とユーザーの生産性を向上させて、世界中のユーザーへのウェブアプリケーションやその他の IP ベースアプリケーションの配信を高速化できます。
  • 複数のデータセンターへの自動的なグローバル・ロード・バランシングを活用して、サービスの可用性と応答性を向上できます。
  • サービスの利用状況やエンドユーザー体験をかつてないほど詳しく把握できます。
  • Web Performance Solutions とアカマイのウェブ・セキュリティ・ソリューションを組み合わせて、サービス妨害攻撃、SQL インジェクション、クロスサイトスクリプティングなどのサイバーセキュリティ脅威からクラウドアプリケーションを保護できます。
  • プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッド・クラウド・サービスでエンドユーザーの体験を向上できます。

クラウド管理向けの Web Performance Solutions の詳細をご覧ください