Zero Trust Security

今日の脅威は場所やユーザーを選びません。

ゼロ・トラスト・セキュリティ・モデルは、ビジネスを防御し成長を支援します。

デジタル変革は、エンタープライズの攻撃対象領域や、ネットワーク/セキュリティアーキテクチャに重要な影響をもたらします。

  • ユーザー/デバイスやアプリケーション/データは、エンタープライズの防御線や DMZ の外側に移動しています。
  • デジタル変革によってもたらされた新たなビジネスプロセスは、リスクにさらされる可能性を高めます。
  • 最新の標的型脅威が防御線の内側に移動している以上、従来の「信ぜよ、されど確認せよ」はもはや有効な選択肢ではありません。
  • 従来の防御線は複雑で、リスクを増大させるため、もはや今日のビジネスモデルには寄与しません。

インフォグラフィック:デジタル変革ではゼロ・トラストが求められます

従来の防御線は複雑でリスクを高めます

従来の防御線、または DMZ は、複数のハードウェアやソフトウェアコンポーネントで構成されていることが多く、アクセス、IAM、配信、パフォーマンスなどにはさまざまなベンダーが関与しています。

そのうえ、従来の防御線は、冗長性と高可用性を確保するために、通常、複数の地域やデータセンターに複製する必要があります。

それを世界中の拠点と、複数のプロバイダーの可能性とで掛け合わせれば、複雑さが困難をもたらすことは明らかです。

Traditional Perimeter

クラウド防御線は、シンプルでリスクを低減します。

クラウド防御線は、インターネットをコアネットワークに使用し、クラウド上のサービスとして利用可能であり、「確認し、決して信頼しない」こと(すなわちゼロ・トラスト)を基本理念としています。

Zero Trust Network Cloud Perimeter

クラウド防御線を導入する理由

エンタープライズが変革を成し遂げ、ビジネスに価値をもたらし、イノベーションを実現するには、クラウド防御線を活用する必要があります。さらに、クラウドの敏捷性と簡易性がエンタープライズの IT とセキュリティにもたらされます。

Akamai で IT とセキュリティを変革