クラウドストレージ

クラウドストレージは、クラウドコンピューティングの分野で最も急速な成長を遂げている領域の 1 つです。 クラウドストレージは多様な形態で進化を遂げており、さまざまな使用事例をサポートしています。

クラウドストレージのタイプ

一般の人々に最もよく知られているクラウドストレージのタイプは消費者指向のクラウド・ストレージ・サービスです。このタイプを使用すると、ファイルをオンラインでバックアップしたり、ファイルを複数のデバイス間で同期したり、写真、ビデオ、音楽を友人と共有したりできます。 現在実行されている消費者指向のクラウドストレージの良い例が、ファイル・バックアップ・サービスの MozyHome と写真共有サービスの Instagram です。

クラウド・ストレージ・サービスのもうひとつのクラスは、企業、教育機関、および政府機関のニーズに対応したサービスです。 このクラスのエンタープライズ・クラウド・ストレージ・ソリューションには、3 つの異なるタイプのクラウドストレージがあります。

  • パブリック・クラウド・ストレージ・サービス。一般市場で複数の顧客に販売されます。
  • プライベート・クラウド・ストレージ・サービス。特定の組織専用に実装されます。 組織は、クラウドコンピューティングのデータセキュリティについて懸念があるため、プライベートクラウドを構築する場合があります。
  • ハイブリッド・クラウド・ストレージ・ソリューションでは、プライベート・クラウド・ストレージとパブリック・クラウド・ストレージを組み合わせて使用します。 例えば、企業は、機密性の高い企業データをプライベートクラウドに保管し、機密性の低いデータを低コストのパブリック・クラウド・ストレージに移動する場合があります。

エンタープライズ・クラウド・ストレージの事例

クラウドストレージには、次のような幅広い企業事例があります。

  • 大規模ストレージ。 今日の企業には膨大なデータがあり、その多くは E メール、文書、ログファイル、オーディファイルやビデオファイルなどの「構造化されていない」コンテンツの形式で存在します。 パブリック・クラウド・コンピューティング・インフラは、多くの場合、従来のリレーショナル・データベース・システムより柔軟性と拡張性の高い新世代の分散ストレージテクノロジーを利用してこの「ビッグデータ」を保管するための経済的な方法を提供しています。
  • リモートバックアップ。 クラウド・ストレージ・サービスは、組織が災害復旧戦略を支持してオフサイトでデータをバックアップできる単純かつ手頃な方法を提供します。
  • アーカイブ。 企業は、規制要件を満たすと同時にビジネス分析アプリケーションに入力するために、かつてないほど多くのデータをアーカイブしています。 アーカイブデータのクラウドホスティングにより、企業はより多くのデータをより長い期間にわたりコスト効率の高い方法で保持できます。

エンタープライズ・クラウド・ストレージのパフォーマンスの最適化

クラウドストレージではインターネットを使用してデータをストレージに格納し、必要なときにデータを取得するため、サービスの可用性とパフォーマンスが大きな懸念事項になります。 アカマイは、インターネットを通じてサービスにアクセスする社員、パートナー、および顧客のためにストレージサービスの可用性とパフォーマンスを向上させることで、企業がクラウドストレージからより多くの価値を得られるよう支援します。 世界 100 ヵ国以上に 175,000 台以上のサーバーを擁するグローバルな Akamai Intelligent Platform は、ネットワークルーティングの最適化、トランスポートプロトコルの最適化、そして静的コンテンツと動的コンテンツのインテリジェントなキャッシングを組み合わせて、インターネット経由のクラウドサービスの配信を高速化し、保護します。 音声およびビデオコンテンツは、アカマイのメディアプラットフォームによって多様なモバイルデバイスへの配信用に最適化されます。

組織がクラウドストレージからより良い価値を得られるようアカマイがどのように支援できるかについての詳細をご覧ください