SaaS、クラウド、動画、モバイルが中心のエンタープライズアプリケーションは、デジタル変革によって新しい消費モデルへの移行を迫られつつあります。企業が既存アプリケーションの刷新を行うと、帯域幅やパフォーマンスの要件が増大し、エンタープライズネットワークは新たな課題を課せられます。これに対応するため、ハイブリッドの広域ネットワーク(WAN)アーキテクチャーや、ダイレクト・インターネット・アクセス(DIA)を採用する企業が増えていますが、これらのアーキテクチャー単独ではエンタープライズアプリケーションのパフォーマンスの問題を解決できず、逆に新たなセキュリティ問題の種となることもあります。

Akamai クラウドネットワーキングは、実績のあるグローバルな Akamai Intelligent Platform を基盤にしたネットワークサービスです。インターネットを介して SaaS やクラウドベースのアプリケーションに接続するブランチユーザーに、必要なアプリケーションやネットワークのパフォーマンス、信頼性、セキュリティを確実に提供します。

モジュール型の設計になっているため、ネットワーク・サービス・プロバイダーやブランチインフラのベンダーが顧客のハイブリッドネットワーキング要件を満たすために既存の製品やサービスを拡張する際に、基本的な構成要素として利用できます。グローバルで利用可能な統合システムである Akamai クラウドネットワーキングは、企業のセキュリティとコンプライアンスを維持しながら、クラウドや SaaS アプリケーションにおけるエンドツーエンドの信頼性とパフォーマンスを確実なものとするよう設計されています。

Akamai クラウドネットワーキングには次の機能が含まれています。

  • インターネット転送の最適化: Akamai Intelligent Platform を利用して、SLA で保証されたルート最適化、TCP 最適化(前方誤り訂正に対応)を行うことにより、インターネット上で信頼性の高い高スループットのパケット配信が行えます。
  • SaaS&クラウドの高速化:Akamai Intelligent Platform におけるキャッシング、重複排除、QoS、インターネット転送の最適化により、あらゆる SaaS またはクラウドアプリケーションの高速化を行います。
  • 安全なウェブゲートウェイ:ID と完全に統合されたクラウドベースのアウトバウンド・ウェブ・フィルタリングとインバウンドのマルウェア保護により、パフォーマンスに影響を与えることなく、企業のセキュリティとコンプライアンスを維持します。
  • ネットワークの入口:Akamai Intelligent Platform にトラフィックをリダイレクトし、キャッシング、重複排除、QoS によりパフォーマンスの最大化を図ります。
  • クラウド管理とオーケストレーション:Akamai クラウド・ネットワーキング・サービスの迅速なサービスのプロビジョニング、リアルタイムの可視性、テクニカルサポートの統合、および請求処理ワークフローのあらゆる要素は、API とオーケストレーションフレームワークにより提供されます。