Site Shield

ウェブサイトとウェブインフラの隠匿によるオリジンの防御

Site Shield は、重要なウェブサイトやウェブアプリケーションに対する防御レイヤーを追加します。Site Shield は、ウェブサイトを公衆インターネットから隠匿(クローキング)し、インターネットからアクセス可能な IP アドレス空間から実質的に取り除きます。これにより、攻撃者が直接アプリケーションのオリジンを標的にすることを防ぎ、トラフィックが Akamai Intelligent Platform™ を通過する間に攻撃を検出し、緩和できるようにします。

その他のリソース

  • ホワイトペーパー:Comparing Approaches for Web, DNS, and Infrastructure Security(Web、DNS、インフラのセキュリティのアプローチを比較)

    詳細
  • ホワイトペーパー:The Cost of Denial-of-Service Attacks(サービス妨害攻撃のコスト)

    詳細
  • ケーススタディ:Data Breach Defense For Financial Services(金融サービス向けのデータ漏えい防御)

    ケーススタディを見る
  • ケーススタディ:Akamai Security For Media(メディア向けの Akamai のセキュリティ)

    ケーススタディを見る
  • State of the Internet – Security reports(インターネットの現状 - セキュリティレポート)

    詳細
  • e ブック:Threats and Mitigations - A Guide to Multi-Layered Web Security(驚異と緩和 - マルチレイヤー・ウェブ・セキュリティの手引き)

    詳細