Akamai dots background

プライベートクラウド

プライベートクラウドを導入する企業は増加の一途をたどっています。 さまざまな業界の企業が、パブリッククラウドや従来の IT インフラストラクチャよりもプライベートクラウドの方が自社の IT とビジネスのニーズに合っていると判断し、独自のクラウドを構築しています。

プライベートクラウド vs パブリッククラウド

一般市場で複数の顧客にサービスを販売するパブリッククラウドとは異なり、プライベートクラウドは 1 つの組織によって独占的に使用されます。 一般に、プライベートクラウドはクラウドを使用している組織の構内で展開されますが、必ずしもそうとは限りません。 マネージド・ホスティング・プロバイダが、1 つのクライアント組織専用のプライベートクラウドをホスティングし管理する場合もあります。 しかしほとんどの場合、「プライベートクラウド」という用語は、クラウドを使用する組織の構内で展開されるクラウドを指します。

パブリック・クラウド・サービスを利用する代わりにプライベートクラウドを構築する企業は、多くの場合クラウドコンピューティングにおけるデータセキュリティへの懸念、特にパブリック・クラウド・ストレージでは企業の機密データの安全性を十分に確保できないのではないかという不安からそうした選択をしています。 プライベートクラウドは、データの機密性が守られるという信頼性に加えて、パブリック・クラウド・サービスよりも優れた運用管理性と透明性を企業に提供します。

プライベートクラウドの信頼性、管理性、透明性を得るにはそれ相応の犠牲が必要です。プライベートクラウドの構築および運用には、パブリッククラウド使用時よりもはるかに多くのコストがかかるからです。 それにパブリッククラウドのスケーラビリティがほぼ無制限であるという理由も加わって、一部の企業は目的ごとにプライベートクラウドとパブリッククラウドを使い分けるハイブリッド・クラウド・アーキテクチャを選択しています。

プライベートクラウド vs 従来の IT インフラストラクチャ

構内で展開され、1 つの組織でしか使用されないのに、なぜこれがクラウドなのでしょうか。 このコンテキストでのクラウドの意味とは何でしょうか。

「クラウド」を従来の IT インフラストラクチャと区別するクラウドコンピューティングの定義には、次のような重要な要素があります。

  • 仮想化。 物理的なコンピューティングおよびストレージリソースを、迅速にプロビジョニングしてオンデマンドで割り当てることができる仮想リソースの共通プールに仮想化することは、クラウドコンピューティングを実現するための重大な要素です。
  • メータリングを使用したマルチテナント機能。 パブリッククラウドと同様に、プライベートクラウドにも複数の「顧客」が存在します。ただし、プライベートクラウドにおける顧客は同じ組織内の異なるグループ(異なる部門、プロジェクトチーム、支社など)です。 クラウドインフラストラクチャには、各顧客のサービス使用量を正確に追跡して顧客に課金するか少なくとも報告できるようにする機能が含まれています。
  • セルフサービス。 従来の IT インフラストラクチャと大きく異なる点として、プライベートクラウドでは、業務ユーザーが IT スタッフの手を借りずに IT サービスを初期化したりサービスの利用レベルを上下したりできます。 通常、これはセルフサービス・ウェブ・ポータルの形をとりますが、背後では高度なサービス自動化が行われています。

プライベートクラウドの最適化

地理的に分散した従業員を持つ一般的な企業にとってのプライベートクラウドのパフォーマンスの重要な部分は、WAN やパブリックインターネット経由でのエンタープライズ・クラウド・サービスのデリバリーです。 アカマイの Cloud Networking Solutions は、企業が WAN およびインターネット経由でのアプリケーションデリバリーの可用性、パフォーマンス、安全性を向上できるよう支援します。 その結果、アカマイのサービスを使用する組織は、クラウドサービスのユーザー導入率の向上、ユーザーの生産性の向上、プライベートクラウドの全体的な投資利益率の改善を実現できます。

アカマイがデータセンターからエンドユーザーへのプライベート・クラウド・サービスのデリバリーを加速化および保護する方法の詳細をご覧ください